結婚式のドレスの費用はいくら?誰が負担する?

結婚式のドレスの費用はいくら?誰が負担する? 冠婚葬祭にかかるお金

人生のメインイベントの1つである結婚式。

特に女性にとっては一生の思い出に残る大切なイベントですよね。

一生に一度の晴れの舞台で着るドレス、いったいどれくらい費用がかかるのか、そしてドレス代は誰が負担するのかって気になりませんか?

そこで今回は「結婚式のドレス代の費用はいくら?誰が負担する?」というテーマでお送りしたいと思います。

結婚式で着るドレス、いったいどれくらいかかるの?

女性にとって「夢」と言っても過言ではない結婚式のドレス、いったい費用はいくらくらいかかるのでしょうか?
ドレスの費用はレンタルするか購入するかによって異なってきます。

レンタルドレスの費用、相場は?

まずはドレスをレンタルした場合の費用について一緒に見ていきましょう。

新婦の8割以上はドレスは購入せずレンタルすると言われています。

しかしドレスのレンタル料金はドレスのグレードや、どこで借りるかで大きく変わってくるんです。

女性のための結婚準備バイブルとも呼べる「ゼクシィ」が行った調査によると、新婦のレンタルドレスの料金の平均は24.9万円という結果が出ています。

デザイナーズブランドの場合はレンタル料金の平均は30万円程度となっています。

結婚式場でレンタルする場合は、プランにドレスレンタル料金も含まれていたり、割安に借りる事が出来ます。

もちろん、式場以外でレンタルする事も可能ですが、その際はドレス持ち込み料金が発生する事があるので、この点はきちんと確認するようにしましょうね。

ドレスの購入費用はランクで変わる

次はドレスを購入する際の費用について一緒に見ていきましょう。

購入する場合も、ドレスのランクによって費用は大きく変わってきます。

ドレスを購入する場合、次の3つの選択肢があります。

1.フルオーダー

フルオーダーというのは、いわゆるオートクチュールの事です。

一生に一回の大イベントなので、自分の好みを全部詰め込み、体型に完全にフィットしたドレスが欲しいという女性に人気です。

高価なイメージがありますが、費用は20万円~となっています。

しかしデザイナーズブランドの場合は倍以上はかかると思っていた方がよいでしょう。

2.セミオーダーメイド

いくつかの決まったデザインの中から好みのものを選び、自分の体型に合わせて作ってもらう方法です。

フルオーダー(オートクチュール)に比べ費用はかなり安くなり、10万円以内でオーダーする事も可能です。

「費用はなるべく抑えたいけれど、どうしてもドレスは購入したい」という女性に人気なんですよ。

3.既製品ドレス

最後は既製品のドレスを購入するという方法です。

海外メーカードレス、レンタル落ちドレスなどだと格安で購入する事が出来ます。

ドレスのランクにもよりますが、3万円~購入が可能です。

ドレスは購入したいけれどあまりお金をかけられない女性に人気です。

ドレスを買うのは新婦?新郎?それとも…?

ここまではドレスの費用についてお話してきました。

でもドレス代を負担するのは一体だれなの?と気になっている方もいるのではないでしょうか?

これには決まりはありませんが、新婦サイドで費用を負担するケースがメジャーと言えます。

新婦本人が自分で購入する場合もありますが、両親が負担する事が多いでしょう。

中には、結婚式にかかるさまざまな費用を新郎サイドが負担するケースもあります。

こればかりは各カップルの経済状態や考え方によると言えるでしょう。

とはいえ、少しずつでも自分でお金を貯めておけばドレスを決める時に選択の幅が広がるのではないでしょうか?

予算が足りない、ドレスはあきらめるしかないの?

何かとお金がかかる結婚式ですが、結婚式をあげておしまい…というわけではありません。

結婚式の先には日々の生活があるわけで、新生活の準備にも何かとお金はかかります

ですから、すべてのお金を結婚式に使ってしまうのは避けたいところです。

そうすると結婚式の予算が少なくなるわけですが、予算が不足していてもドレスを購入する方法はあります。

1.クレジットカードで支払う

クレジットカードを利用すれば支払いを先延ばしする事が出来ます。

分割払いにすれば、一度にドレス代を全額支払う必要はありません。

ボーナス払いを利用するという選択肢もあります。

クレジットカードを持っていないという方は、これを機に一枚作っておいても良いかもしれません。

クレジットカードにはさまざまな特典がありますし、ドレス費用以外でもきっとアナタの生活に役立つと思いますよ。

2.ローンで購入

ドレスをレンタルする場合は難しいですが、購入であればローンの利用が出来るショップもあります。

ローンでの購入であれば支払いは翌月以降ですし、分割払いも可能なので予算が十分に取れなくてもドレスをあきらめる必要はありません。

ただし、ローンが組めないお店もありますし、審査の結果ローンを組めないという可能性もありますので注意が必要です。

3.カードローンやキャッシングで予算ゲット

クレジットカードやローンによる購入・レンタルが出来ない場合は、カードローンやキャッシングでお金を借りるという方法があります。

結婚前はドレス以外にも何かとお金がかかるので、手持ちの現金が増えると助かりますよね。

まとまったお金を借りて、その後は毎月無理のない額を返済していく事が出来ます。

このように予算がなくてもドレスをあきらめず購入・レンタルする方法はあるんですね。

また、ネットオークションやリサイクルショップを上手に利用すれば、格安でドレスを購入する事も出来るのでチェックする事をオススメします。

しっかり計画を立てて理想のドレスを

いかがでしたか?今回は結婚式のドレス費用と、誰が負担するのかという問題についてお話しさせていただきました。

ドレス費用は高額なイメージがありますが、工夫次第ではかなり費用を抑える事も出来るんですね。

予算がない場合でもご紹介した通り解決策はあるのであきらめる必要はないんですね。

しっかり計画を立てて、理想のドレスを手に入れてくださいね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】