知っておきたいキャッシングの総量規制の基礎知識!

キャッシングの総量規制とは? キャッシングの基礎知識

みなさんはキャッシングの総量規制についてどれくらい知っていますか?

お金に困っていると、どうしてもムリな借り入れをしがちです。
さきのことを考えずに返済能力を超える借り入れを行うと、あとで痛い目にあってしまいます。

こういった人が後を絶たない状況が続いたため、法律で借入金額に上限を設けることになりました。

その法律が貸金業法。そして、そのなかにある「総量規制」が借り入れを制限する決まりごとです。

今回は総量規制についての基礎知識をわかりやすく解説。
あわせて総量規制の対象外となっている借り入れについてもご紹介します。

お金が借りられなくて困っている人もぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも総量規制ってなに?

総量規制はわかりやすく言うと「年収の3分の1を超える借り入れをできないようにする決まり事」です。
たとえば、年収が300万円の人は100万円を超える借り入れができません。

これは1社だけではなく複数の会社からの借り入れもあてはまります。

年収300万円の人がA社から70万円借りていて、B社から30万円を借りている場合、すでに借入合計額は100万円です。
この場合には、あらたにC社からはお金を借りられません。

総量規制がはじまった理由

この法律がはじまったのは、2010年のこと。

なぜこのような決まりができてしまったのでしょうか?
その理由は、お金をたくさん借りすぎて返済できない人(いわゆる多重債務者)が増えてしまったからです。

総量規制が始まる前は、消費者金融会社は審査を通してどんどんお金を貸していました。
しかし、お金を借りた人は返済能力がないので、お金を返せません。

ですが、きちんと返済していた人も一定数いたので十分に儲けることができたのです。

しかし、借金を返済できない人は大変な目にあいました。
自己破産したり、自殺したりといった人が激増したのです。

こういった状況をなくすために生まれたのが総量規制です。
借り入れ上限を設定して、無理な借り入れを抑えるようにしたわけですね。

総量規制には対象・対象外がある

総量規制はすべての貸金業者に関係がある、と考えられがちですがそうではありません。
現状、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

総量規制の対象となるのは、あくまでも消費者金融のみ。アコムやアイフルなどのキャッシングが当てはまります。

このあとくわしく紹介していきますが、すでに借り入れがあって総量規制の対象になりそうな人は、総量規制の対象外である銀行カードローンを使う方法があります。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

ギャンブルの収入は年収に含まれる?

年収の3分の1に「ギャンブルでの収入」は含まれません。
ですから、パチンコ・競馬などで得た収入があっても、借入額を増やすことはできないということです。

その理由は定期的な収入というのが法律で以下のように決まっているからです。

  • ・給与
  • ・年金
  • ・恩給
  • ・定期的な不動産収入
  • ・年間の事業所得

収入に含まれるのは、あくまでもお給料が基本であることを覚えておきましょう。

連帯保証人がいれば借入額を増やすことはできる?

連帯保証人がいても、年収の3分の1以上は借りられません。
あくまでも、契約者本人のみの収入を基準にして総量規制は適用されます。

連絡保証人を設定しても、借り入れ額は増やすことができないので注意しましょう。

総量規制はどんな借り入れに適用されるの?

総量規制は「年収の3分の1を超える借り入れはできない」という決まりごとです。

しかし、この決まりはすべてのキャッシングにあてはまるわけではありません。
どういうことでしょうか?

総量規制が当てはまるのは以下の貸金業者です。

  • ・消費者金融
  • ・信販会社
  • ・クレジットカード会社

これらの業者からお金を借りるときは、年収の3分の1以上は借りられません。

わかりやすくいえば、銀行以外でお金を借りると総量規制が適用されるということ。
つまり、銀行での借り入れ(銀行カードローン)は総量規制の対象外です。

1つずつ具体的に見ていきましょう。

消費者金融

消費者金融は、お金を貸すことでビジネスを成り立たせています。
たとえばプロミス、アコム、SMBCモビットなどが消費者金融にあたります。

消費者金融の借り入れは総量規制の対象なので、年収の3分の1を超えて借り入れできません。

信販会社

信販会社とは、分割払いのお金を貸すことでビジネスを成り立たせている会社のこと。
たとえばセディナ、オリエントコーポレーション、ジャックスなどが信販会社です。

信販会社の借り入れは総量規制の対象なので、年収の3分の1を超えて借り入れできません。

クレジットカード会社

クレジットカード会社とは、クレジットカードを発行することでビジネスを成り立たせている会社のこと。
たとえば、 JCBカード、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレス・カードがクレジットカード会社です。

クレジットカードについては、クレジットカードについている「キャッシング枠」が総量規制の対象です。
ですから、クレジットカードの「リボ払い」や「分割払い」は総量規制の対象外となります。

おなじクレジットカードですが、きちんと区別する必要があります。

たとえば、買い物でクレジットカードを使う場合には年収の3分の1を超える利用があっても総量規制にはあてはまりません。

ショッピングの取引は「貸金業法」の総量規制ではなく、「割賦販売法」という法律が適用されるからです。

総量規制の対象にならない借り入れってあるの?

ここまで説明した総量規制の対象にならない借り入れがあります。
それがさきほど説明した銀行からの借り入れに代表される方法です。

上記3つ(消費者金融、信販会社、クレジットカード会社)以外からであれば、総量規制に関係なくお金を借りられる可能性があります。

総量規制の対象外となるのは以下のようなケースです。

  • ・住宅ローン
  • ・車のローン
  • ・高額医療費の貸付
  • ・有価証券担保の借入
  • ・不動産担保の借入
  • ・金融取引業者からの500万円を超える借入
  • ・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • ・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • ・手形(融通手形を除く)の割引

住宅ローンや車のローンは総量規制の対象外

ややむずかしい取引が並んでいますが、銀行からの借り入れは総量規制の対象外と考えるとわかりやすいでしょう。

つまり、すでに消費者金融などから年収の3分の1を超える借り入れがあっても、仕組みとしては銀行からお金を借りることができます。

ですから、総量規制でお金を借りられない人は「銀行のカードローン」をチェックしてみましょう。

多くの人に関係しているのが、住宅ローンや車のローンでしょう。
すでにこれらのローンを組んでしまっていたとしても、総量規制の対象外となります。

そもそも住宅ローンや車のローンは銀行で組むことが多いので、それを踏まえると理解しやすいかもしれません。

ただし、審査には影響する可能性も

住宅ローンや車のローンを組んでいても、総量規制の対象外です。しかし、カードローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

住宅ローンや車のローンは毎月の返済額をおさえているものの、お金を借りているという事実に変わりはありません。

すでにローンを組んでいて毎月のローン支払いが苦しい人に、総量規制の対象外だからといって銀行がカードローンをバンバン通すことはありません。

もしすでに各種ローンを組んでいて、追加で銀行カードローンを借りたいという人は、借入希望額を低くすると良いでしょう。

借りる金額を低くすれば、それだけ審査のハードルを下げることができます。

総量規制の対象外となる、オススメのカードローンは?

銀行からの借り入れをするにはさまざまな方法がありますが、カードローンを利用するのが一般的です。

繰り返しになりますが、銀行のカードローンは総量規制の対象外となります。
ですから、自分では収入がない専業主婦でも借りることができるのが大きな特徴といえます。

銀行のカードローンは主要なものとして以下の選択肢があります。

  • ・三菱東京UFJ銀行カードローン
  • ・三井住友銀行カードローン
  • ・みずほ銀行カードローン
  • ・オリックス銀行カードローン

このなかでも、特に利用しやすいのが「三菱東京UFJ銀行カードローン」です。

銀行のカードローンは、その銀行に口座を持っていないとすぐにお金を借りることができない場合があります。
そのため、たとえ即日融資をしてほしくても、まずは銀行に口座を作るというステップが必要になることがあります。

その点、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座が不要。そして、Webで完結するので来店も不要です。
最短で即日審査が完了し、即日融資も可能となります。

総量規制にハマっている人は他の選択肢をとろう!

借り入れが増えていて、総量規制によって他社からお金を借りられなくて困っている人は多いはずです。

そういった人は、総量規制の対象外となる銀行のカードローンを申し込んでみましょう。

個人の収入や返済状況によっては審査に通らないこともありますが、総量規制を上手く切り抜けるには銀行のカードローンが有力な選択肢となるでしょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識消費者金融
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】