コレで大丈夫!給食費が払えない場合の対処法とは?

給食費が払えない場合の対処法 学校・教育にかかるお金

子どもの成長に大きく貢献するのが学校の給食です。
日本の学校給食は1890年代後半から始まったとされていて、当時はゴハンと漬物だけという質素なものでした。

しかし、いまの給食は自治体や地域によってバリエーションが豊富で、独自性豊かなメニューとなっています。

そんな学校給食を考えるときに問題となるのが「給食費」の問題です。
小学校・中学校は義務教育ですから、そこにかかる給食費を各家庭が負担するのはどうなのか?という意見はたくさんあります。

実際、給食費の未払い問題はいまだに根強いといえるでしょう。

とはいえ、子どもが充実した学校生活を送るためにも給食費はしっかり払いたいところ。
もし給食費を払えない場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

給食費を払わないとどうなるの?

文部科学省の調べによれば、平成24年度に給食費を滞納した人の割合は約0.9%となっています。
総額は約4500万円で、小中学校の給食事情は対策に追われています。

では、もし給食費を払わない(あるいは払えない)場合、どのような処置が待ち受けているのでしょうか?

結論からいうと、給食費を滞納した場合の対応は自治体によって異なります。

たてば愛媛県新居浜市は2011年に給食費を支払わない家庭に対して「子ども手当て」の支給口座を差し押される動きをとりました。
これを「強制執行」といいますが、行政が強制的に徴収しようとする自治体もあります。

また、埼玉県の学校では「3ヶ月滞納した人は、学校給食の支給を停止する」という通知をしました。
この通知によって給食費の未納は大きく減少したということです。

紹介したように、給食費の滞納をすると基本的に「強制徴収」「給食の支給停止」という措置をとる自治体が多いのが現状。
もし払えるのに払わないでいるのであれば、なるべく早い段階で支払うことをオススメします。

給食費を払わないことで最も被害を受けるのは、子どもです。
子どもの将来に悪影響が出る可能性も否定できません。

給食費を払えないときはどうすればいい?

いくら給食が重要であっても、家庭によっては払えない場合があります。
給料が減ったり伸び悩んだり、あるいは住宅ローンやその他の借り入れが負担になって払えないこともあるでしょう。

給食費が払えないときに1番やってはいけないことは何でしょうか?
それはズバリ「放置してそのままにすること」です。

給食費を滞納していると、先ほど説明したとおり「差し押さえ」や「給食停止」が待ち受けています。
先送りにしたツケはあなた自身、そして子どもに必ず回ってきます。

ですから、もし払えないことがわかった時点で早めのアクションを起こしましょう。

給食費を払えないとき、まず検討したいのが「就学援助」です。

まずは就学援助を活用しよう!

就学援助とは文部科学省が用意している資金援助制度のこと。

わかりやすくいえば「お金がなくて学校教育を受けられない子どもを援助する」ための制度です。

就学援助を受けられるのは、以下の家庭です。

  • ・生活保護を受けている
  • ・生活保護は受けていないが、世帯所得が基準額以下

生活保護を受けている家庭はもちろんですが、各世帯の所得(いわゆる夫婦の総所得)が自治体の基準を下回っている場合も就学援助が受けられます。

就学援助の対象になる費用は、学用品費のほか給食費用も含まれているので心配ありません。

自治体によっては、就学援助を受けている家庭の学校給食費が「免除」となることも。
まずはお住まいの市区町村に相談をしてみましょう。

就学援助の援助金額は具体的にいくら?

受けられる援助金額は家庭の所得や自治体によっても異なりますが、おおむね年額5万円〜というところです。

正確な金額は市区町村に問い合わせる必要がありますが、ここでは大阪府八尾市の例をご紹介します。

就学援助の金額

出典:八尾市公式ホームページ

援助費用は項目によって細かく分かれています。
あくまでも八尾市の例ですので、細かい条件は自治体によって異なることにご留意下さい。

学校の先生やまわりの人にバレない?

さて、いざ就学援助を申し込むときに気になるのが「先生や周りの人にバレないか?」ということ。

「担任の先生に就学援助が知られると恥ずかしい」
「まわりの家庭にバレると子どもがイジメられるのではないか?」

こうした心配はつきものです。
まわりの人にバレるかどうかは、自治体によって対応が異なるのでハッキリしません。

申請や書類のやり取りを市役所とする場合もあれば、学校を通して書類が配布されることもあります。

そのため、先生や周りの人の就学援助が知られる可能性もありますし、子どもが感づく可能性も否定できません。

給食費用が払えないときは借りるのもアリ?

給食費用は学用品費が払えないときは、就学援助を利用するのが一般的です。
しかし、なかには就学援助は利用したくない人もいることでしょう。

そんなときに利用したいのがキャッシングやカードローンです。

たとえば「今月の給食費が払えない!」というときに、一時的に費用を立て替えておくという使い方ができます。
借りるときもインターネットからスグに借りられるので、周りにバレる心配もありません。

さらに、プロミスやアコムなら「初回30日間無利息」なので、次の入金で返済すれば実質無料でお金を借りられます。

給食は子どもの成長や友達との関わり方にも大きく影響します。
健やかに育つ子どもを応援するためにも、給食費の問題は早めに解決したいですね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

学校・教育にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】