お金の借り入れは源泉微収票があれば大丈夫?

お金の借り入れは源泉微収票があれば大丈夫 お金を借りる方法

ちょっと今月はピンチ!どうしても欲しいものがあるので金融機関からの借り入れを検討中…そんな方は少なくないのでしょうか?

しかし始めての場合は、借入に何が必要なのかわからないですよね。

今回は「お金の借り入れは源泉微収表があれば大丈夫?」というタイトルで借り入れに必要な書類に関しての情報をお届けします。

源泉微収票とは?

この記事をご覧になっている方の中にはもしかしたら「源泉微収票」って何?という方もいるかもしれません。

この項ではまずは簡単に源泉微収票についてお話したいと思います。

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは、日本において、給与・退職手当・公的年金等の支払をする人が、その支払額および源泉徴収した所得税額を証明する書面のことです。

簡単に言うと、1年間に得た給与の総額と、それに対して支払った税金の金額が記載されている証明書を指します。

源泉徴収票にはその人の給料金額が記載されているため所得証明書としても利用できます。

そのため、多くの金融機関・消費者金融機関では借り入れのときに源泉微収票が必要になる事があるんですね。

会社員ではなくても、パート、アルバイトでもある一定の収入があれば年末になると源泉微収票が発行されます。

源泉微収票だけではダメ!借り入れに必要な書類とは?

それではいよいよ本題に入ります。借り入れのときは源泉微収票だけがあれば大丈夫なのでしょうか?

答えはNOです。

借り入れに必要な証明書は2種類あります。

銀行や消費者金融でも、お金の借り入れの際には2種類の証明書が必要になる場合があります。

それは「身分証明書」と「収入証明書」の二つです。

1.身分証明書

身分証明書にはいくつか種類がありますが、借り入れの際に必要になるのは以下のいずれかです。

  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート
  • ・住民票

借り入れを行ったのが本人かどうかを確認するために、提出が必要になります。

なりすましによる被害を防止するために必要な書類になりますので準備しておきましょう。

金融機関によっては写真付きの身分証明書が必須なところもあるので事前にしっかり確認をしておく事も大切です。

たとえば、健康保険証を使って借りたい場合は住民票とセットで提出する必要があります。

おすすめ!免許証だけでお金を借りる方法

2.収入証明書

そしてもう1つは収入証明書です。源泉微収票も収入証明書の1つです。

収入証明書には以下のものがあります。

  • ・源泉徴収票
  • ・給与明細書
  • ・課税証明書
  • ・確定申告書
  • ・納税証明書

借り入れの際に必要になる収入証明書は、給与所得者であれば(会社員・パート・アルバイト)源泉微収票、給与明細書、課税証明書のいずれかです。

しかし金融機関によっては、源泉微収票の提出を義務づけているところもありますので、こちらも事前にしっかり確認しましょう。

また個人事業主の場合は、課税証明書や確定申告書、納税証明書のいずれかを提出する必要があります。

このように、借り入れの際は源泉微収票だけではダメな場合があります。

収入証明・身分証明の各カテゴリーから一点ずつ、と覚えておくとよいですね。

収入証明書が提出不要になるケースとは?

収入証明書(今回は源泉徴収票)の提出は、借り入れ時に絶対必要とは限りません。

というのも、収入証明書の提出は以下のケースにあてはまる場合のみだからです。

  • ・利用限度額が50万円を超える場合
  • ・他社を含めた借り入れ合計額が100万円を超える場合
  • ・提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

つまり、まったく初めての借り入れだったり、他社合計が100万円を超えない場合は「本人確認書類のみ」でOKということになります。

借入金額によって必要な書類が変わってきますので、借り入れをするときには注意しましょう。

収入証明書はいくらからの借り入れで必要なの?

源泉微収票を提出するのはいつ?

金融機関からお金の借り入れでは、源泉微収票(もしくは各金融機関の規定に基づいた他の収入証明書)が求められるケースがありますが、「いったいどのタイミングで提出するの?」と疑問に思った方もいると思います。

源泉微収票の提出のタイミングには2つあり、金融機関によって異なります。

1.申込時に提出

金融機関に対して借り入れの申し込みをする時、その時点ですぐに源泉微収票の提出が求められる事があります。

金融機関の店舗で直接申込をする場合、郵送や自動契約機から申し込む場合はこのケースが多いでしょう。

2.審査通過後に提出

金融機関に借り入れの申し込みをした後、審査に通過し融資が決定した時に源泉微収票の提出を求めるケースもあります。

こちらはインターネットや電話で申し込みを行った際に多いでしょう。

最近では「即日融資」を行っている金融機関も多いので、事前に源泉微収票を用意しておけば、審査通過の連絡を受けた後すぐに提出する事ですぐにお金を借りる事が出来ます。

ですから、事前に必要書類はすべて用意してから申し込む事をオススメします!

借り入れするときは2つの書類を用意しよう

借り入れをするときには身分証明書と収入証明書の2点を準備しておけば万全です。ただし、さきほど説明したとおり、借入金額などによっては身分証明書だけでもOKとなります。

お金の借り入れは、源泉微収票だけでは出来ないんですね。

いずれにしても、申込をした本人である事を証明する身分証明書が必要になるので、事前に何が必要か、しっかり金融機関のHPで確認するようにしましょう。

そうすれば最短期間で借り入れする事が出来るので急なピンチもしのげますよ。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金を借りる方法
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】