スノボに行くお金がない!必要な予算っていくら?

スノボウェアのお金を借りる 旅行・レジャーかかるお金

冬はスノボが恋しくなる季節です。
白銀の世界で、自分の思うままにボードを操るのはなんとも爽快ですよね。

今年はスノボを始めてみよう、あるいは今年はスノボウェアを揃えよう!と考える人もいるのではないでしょうか。
そんな人の1つの悩み、それが「スノボに行く予算」と「スノボ用品を揃えるお金」。

スノボはスキー場に行くまでの交通費はもちろん、リフト代が必要です。
さらにスノボ用品はちゃんと揃えるとけっこうなお金がかかります。

今回はスノーボードにかかるお金をひととおり紹介し、上手にお金を用意する方法について解説します。

スノボーに行くために必要な予算

スノボーに行くために必要な予算

まずはスノボに行くにあたって、必要な予算をチェックしておきましょう。
どういったプランで行くかによって費用は変わってきますが、平均的な費用は以下のとおりです。

  • ・スキー場への交通費 1万円〜2万円
  • ・宿泊代 1〜2万円
  • ・リフト代(1日券) 4000〜5000円
  • ・スノボウェア 5〜10万円

スキー場への交通費

そもそもスノボに行くために必要な交通費を用意しないといけません。
どのような交通手段を使うかによって、必要な予算も変わってきます。

お金がなくて節約したい人に選ばれているのが「夜行バス」です。
安いプランだと5000円前後で利用できます。

ただし、夜行バスは体力を奪う移動手段です。バスのなかで睡眠できるとはいえ、熟睡できる環境ではありません。
せっかくゲレンデに着いても身体のあちこちが痛い…そんな状況ではスノボも楽しめません。

お金がない人はなるべく自家用車を活用し、車を持っていない人は新幹線での移動も検討しましょう。

自家用車であれば、高速道路料金が必要ですが、夜中に出発すれば高速道路の渋滞を避けられるので体力の消耗を減らすことができますよ。

また、複数人で車に乗れば1人あたりの交通費を安く抑えることが可能です。

宿泊代はいくらぐらい?

スノボは日帰りでも楽しめますが、宿泊が基本です。
多くの人が温泉旅館に泊まって、1日の疲れを温泉で癒やします。

宿泊代はどの旅館を選ぶかによって大きく変わってきます。
安い宿であれば5000円前後で利用可能。

しかし、ある程度満喫したいのであれば最低でも1万円前後は予算を確保したいところです。

日帰りをする人も少なくないですが、初心者は宿泊をおすすめします。日帰りにするとスノボを楽しむ時間が確保できず、疲れた身体のまま帰宅するハメになるからです。

リフト代(1日券)はいくら?

スキー場を利用するには言うまでもなくリフト券が必要です。
リフト券は利用頻度によって料金が分かれています。

もっとも利用者が多いのは1日券で、おおむね4000〜5000円が相場です。

ただし、旅行会社などに行けば宿泊プランとリフト券がパックになっている場合があります。
スノボ予算を安くしたいのであれば、なるべくリフト券がセットになった安いプランを選ぶようにしましょう。

スノボウェアに必要な予算

スノボウェアに必要な予算

次に、スノボウェアに必要な予算について具体的な項目と費用を見ていきましょう。

これらはあくまでも相場の1つと考えて下さい。より安いものを揃えようと思えば十分に揃えることは可能です。

ただし、安いものはやはり質が劣ります。使っている最中に故障すると雪山でツライ思いをすることになるので、自分の予算と照らし合わせながらできるだけ品質が良いものを選んで下さい。

  • ・スノーボード
  • ・バインディング
  • ・スノボウェア(上下)
  • ・インナー
  • ・スノーボードケース
  • ・ブーツ
  • ・耐衝撃パッド(おしり)
  • ・グローブ(手袋)
  • ・ゴーグル
  • ・帽子(ニット帽など)

スノーボード(板)の予算は?

スノーボード(板)の予算は25,000〜70,000円。

メーカーによって価格に幅があり、BURTONやkissmarkなどはやや高価格になります。
一方で、スノボに必要な道具が一式セットになったものであれば安く揃えることも可能。

初めての人であれば、まずはウェアだけ揃えてボードはレンタルするという方法も検討しましょう。

また、お金がない人はネット販売で格安のスノボセットを購入する方法もあります。

スノーボードだけレンタルするという手も

わたしがはじめてスノーボードをやったときは、スノボウェアだけを購入して、他のアイテムはレンタルをしました。

とくにボードは持ち運ぶのが大変ですから、はじめての人はボードだけでもレンタルしてしまったほうが気軽でいいかもしれません。

意気揚々と買ったものの、スノボをやらなくなってしまった…という人も少なくないので、最初はレンタルもありだと思います。

バインディング

バインディング

バインディングの予算は20,000〜40,000円。

バインディングとは、ボードに取り付けて、ブーツをはめ込むために必要です。
ボードとは別売りが基本なので、自分のブーツに合ったタイプを選びましょう。

着脱はワンタッチタイプのものと、バンドタイプのものがあります。

スノボウェア(上下)

スノボウェアは上下で揃える場合には、セットになっているものが1万円から買えます。

ただし、上下別々で売っていることも多いので、その場合には自分でコーディーネートをして合わせます。

値段の安いものは、生地が薄かったり破れやすかったりしますし、撥水性がイマイチなのでオススメしません。

特に、スノボ初心者はおしりを付くこと(尻もち)が多くなります。
安いウェアは浸水しやすく、精神的・体力的に悪影響です。ウェアの予算はケチらず、高いものを選びましょう。

インナー

インナーの予算は1,000〜5,000円。
これはユニクロのヒートテックなどでも十分に通用します。

スノースポーツ専用のインナーもありますが、やや高めです。

また、おしりに保護パッドが付いているインナーが売っていますので、初心者の人におすすめ。おしりをついたときの衝撃を吸収してくれます。

スノーボードケース

スノーボードケースの予算は5,000〜10,000円。

ただし、スノーボードを買った時にセットになっていることもあります。
キャリーが付いているものは便利ですが、価格が高くなります。

ブーツ

ブーツの予算は10,000〜30,000円。

ブーツについては、スノーボードの快適性に直接影響するので良い物を買うことをオススメします。
また、サイズを誤ると大変なのでブーツ選びは慎重に。

こちらもネットで買うことができますが、失敗を防ぐためにも店舗で試着してから購入しましょう。

耐衝撃パッド(おしり)

耐衝撃パッド(おしり)の予算は1,000〜10,000円。

価格帯に幅がありますが、リーズナブルなものはパッドが薄めです。
初心者の場合には、おしりを地面に着くことが多いので、できれば厚めで良質なものを選びましょう。

グローブ(手袋)

グローブの予算は3,000〜12,000円。
こちらもピンきりですが、安いものはあっという間に撥水性が弱くなり、雪水が染みてきます。

手が冷えると非常に寒くなってスノーボードのやる気がなくなるので高いものを買いましょう。

また、手首をバンドでキツく縛れるタイプのほうが、手首のケガを防げるのでオススメです。

ゴーグル

ゴーグルの予算は5,000〜30,000円。
いいものはもっと高い価格で販売されています。

吹雪になったときにの視界の確保、快晴時の太陽の照り返しなどに役立ちます。
使っていくうちに曇ってくるので、曇り止めが付いているものが理想的です。

帽子(ニット帽)

帽子(ニット帽)の予算は100〜5,000円。
これについては、自分が納得のいくものであれば100円ショップなど安いものでもかまいません。
ただし、頭を守る機能もあるので、サイズがしっかり合っていて、かつ厚手のものを選びましょう。

スノボ用品は合計で5万円〜

スノボ用品は合計で5万円〜

ここまでスノボ用品の予算を紹介してきました。

安いものだけで揃えれば、5万円の予算でも足ります。
しかし、もし今後もある程度はスノボに行く予定があるのでしたら、思い切って高いモノを買うべきです。

その理由は項目のところでも説明しましたが、安いものはとにかく品質が低く、スノボの途中で破れたり故障したりするからです。

とくにスノボウェアとグローブ(手袋)については、良い物を選びましょう。
撥水性が低いものは水が浸水してくる可能性が高く、スノボの継続が難しくなります。

良い物を揃えると、ザッと10万円は覚悟したほうがいいでしょう。

スノボ用品レンタルの良し悪しを知ろう

スノボ用品レタルの良し悪しを知ろう

予算的に厳しいのであれば、親や友人にお金を借りるなどして工面したいところです。

なんといってもスノボは冬にしかできません。
シーズンを逃すと、来年まで待たないと行けませんよね。

ゲレンデでスノボウェアを借りるというのも1つの方法ですが、借りた人なら誰しもレンタルウェアの「残念さ」を味わいます。
格好もつきませんし、自分のウェアで滑ることに比べるとモチベーションも違ってきます。

レンタルをしたことがある人ならわかると思いますが「あー、あの人もレンタルだー」なんて目で見てしまうものです。
もちろんそれでも良いんですが、やはり気持ちを高める意味でもスノボアイテムは揃えたいところですよね。

お金を借りることに抵抗がある人も多いでしょうが、思い立ったときがタイミング。
スノボを思いっきり楽しむためにも、スノボウェアやグッズは万全なものを揃えたいですね。

お金がない!今スグにスノボ予算を用意する方法

お金がない!今スグにスノボ予算を用意する方法

ここまで説明したように、スノボを楽しむにはお金がかかります。
シーズンになると利用者が増えるので、行く機会が多くなるでしょう。

もし、スノボに行くための予算が手元にない場合、どうやってお金を用意するのがいいのでしょうか?

まず検討すべきは、親に借りる友人に借りるという方法です。

身近な人にきちんとお金がない現状を説明すれば、貸してくれる可能性があります。

あるいはキャッシングなどを利用してお金を借りる方法も検討する価値があります。
キャッシングと聞くと抵抗がある人も少なくありません。

しかし、いまはインターネットから簡単に借りられます。
さらにアイフルやプロミスは初回30日間無利息で借り入れ可能です。

スノボに必要な予算として10万円を借りる場合、返済期間にもよりますが利息はわずかな金額で済みます。

すでにある程度のお金がある人であれば、1〜5万円程度の借り入れでも済むはずです。

せっかくのスノボシーズンが到来しているのに、お金がないから行けない…という事態は避けたいですよね。

お金のことは気にせず、ゲレンデを思い切り楽しむためにも、キャッシングを上手に活用しましょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

旅行・レジャーかかるお金
シェアする
お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】