スマホ代の滞納を防ぐ!スマートフォンの料金が払えないときの対処法

スマホ料金が払えない 携帯電話・通信費にかかるお金

iPhoneやAndroidの登場によって、スマートフォンは一気に広まりました。
それだけスマホは便利な存在ですが、料金が高いのが気になるところ。

毎月きちんと払えればいいですが、通話料金や通信料金が多い月になると支払いが高額になることもあります。

もしスマホ代を支払えない場合、どのように対処すればいいのでしょうか?
スマートフォンの料金滞納を防ぐポイントについて解説します。

「実質0円」という罠に誰もがハマっている

あなたはスマートフォンを購入するときに、どんな契約をしたか覚えていますか?
おそらく「実質0円」でスマホを買った人は多いはず。

「実質0円」とは、端末代金を0円にすることで契約者を増やそうとするキャリア(電話会社)の策略です。

この仕組みを知っていないと、スマホ代を滞納したときに大変な損をすることになります。

スマホ端末代金は毎月の料金に上乗せされている

スマートフォンを長く使っていると実感が薄れがちですが「実質0円」というのは、あくまでも”実質”に過ぎません。
実際には高額な通信費や通話料金と相殺されて、分割で支払っていることになります。

もっとわかりやすくいえば「端末代金は安く(0円)するから、毎月の通信費を多く払ってね」というわけです。

悪く言えば、携帯電話会社が”安く見せかけている”だけに過ぎないわけですね。

たとえば、スマホ端末代金が12万円だとしましょう。
12ヶ月の分割払いで買ったとすると、毎月1万円の負担です。

しかし、実質0円の端末であればその毎月1万円の負担は不要となります。
その代わり、割高な通信代金が毎月の料金に上乗せされるわけです。

つまり、購入時に払うお金は0円だけど、本当は毎月負担が発生するということなのです。

「実質0円」と言われると、誰もがおトクに感じるでしょう。
携帯電話会社がこうした心理を上手く活用しているわけです。

スマホ料金滞納でいつから利用停止になるの?

「実質0円の意味はわかったけど、なんで滞納するとマズイの?」

と感じる人もいることでしょう。
スマホ代金を払わないことによる不利益は、なんといっても「スマホが使えなくなること」です。

スマホ料金、すなわち通話代や通信代の滞納が続くと1〜2ヶ月で利用停止となります。

スマホ社会と言われる現代で携帯電話が使えなくなるのは大きな損失です。

仕事やプライベートなどに大きな影響が出てくるでしょう。

さらに恐いのはスマホのクレジット契約を破ること

スマホ料金の未払いで多くの人が気づいていないのが「クレジット契約を破ること」です。

「スマホのクレジット契約ってなに?」
わかりやすくいうと、携帯電話会社からお金を借りてスマホ代金を立て替えてもらうことをいいます。

あなたが「実質0円」でスマホ料金を分割払いできているのは、代金を携帯電話会社に立て替えてもらっているからです。
これを割賦(かっぷ)販売といいます。

意識は薄いかもしれませんがローンを組んで(厳しい言い方をすれば借金をして)スマホを使っているということなんですね。

では、スマホ料金を滞納するとどうなるか?
言うまでもなく、ローン契約(クレジット契約)という約束事を破ると大変です。

いまは良いかもしれませんが、将来的に住宅ローンや車のローンを借りられない事態になるでしょう。
さらに、ほかの携帯電話会社で契約(たとえばドコモからauに乗り換え)することができなくなる可能性があります。

こうしたリスクがあるわけですから、スマホ料金の滞納は絶対に避けるべきなのです。

実質0円禁止でスマホ料金はどう変わる?

実質0円というのは、先ほど説明したとおり端末代金が毎月の利用料に上乗せされる仕組みです。

しかし、総務省は行き過ぎた割引販売にメスを入れることを決定。
今後は「実質0円」は禁止されることになりました。

なぜ実質0円が禁止になるのでしょうか?
ここでは簡単に触れるにとどめますが、理由は以下のとおりです。

  • ・料金体系が複雑でわかりにくい
  • ・割引原資を継続して使う人が負担してる
  • (不公平感がある)

今後は実質0円による販売は禁止されます。
そのため、知らずに「割賦販売」を契約する可能性は、低くなるでしょう。

しかし、端末代金をローンで組むことは今後も十分にありうるため、やはりスマホ料金の滞納には気をつける必要があります。

スマホ料金を滞納せずに払う方法とは?

さきほど説明したとおり、スマホ料金の滞納は「ローン契約違反」となるので、厳しい処置がされる可能性があります。

そのため「今月はお金がないからスマホ代が払えない」という人でも、絶対に滞納はすべきではありません。
今後、必ず後悔することになるからです。

とはいえ、お金がないわけですから支払いようがないですよね。
ではどうすればいいのでしょうか?

スマホ料金が払えないのであれば、一時的にキャッシングやカードローンでお金を借りるようにしましょう。
今月払えないのであれば、ひとまず一時的に立て替えるのがベスト。

プロミスやアコムは、インターネットから簡単に申し込むことができます。
滞納したくないけど、ピンチ!なときでも、今スグ利用できるのは嬉しいですね。

まずは気軽にチェック!スマホ料金を払ってスッキリしましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

携帯電話・通信費にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】