結婚式のお金が足りない!資金不足を解消する4つの方法

結婚式のお金が足りない!資金不足を解消する4つの方法 冠婚葬祭にかかるお金

結婚式は人生における重要なイベントの1つであり、特に女性にとっては人生で最も輝けるイベントと言っても過言ではありません。

しかし重要なイベントであるからこそ、それ相応の費用がかかってしまい、結婚式直前になって「お金が足りない!」と焦ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、結婚式の資金が足りない場合の解決方法について説明していきます。

結婚式の平均的な費用は350万円強!

結婚式の形式や招待する人数、結婚式を行う地域の風習などによって費用は変化するものの、結婚式の費用についてある程度の相場感を持っておくことは重要です。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」のデータをもとにすると、全国的に見た結婚式の平均的な費用は359.7万円です。

ちなみにこの費用に含まれているのは挙式・披露宴・パーティー費用のみで、二次会などの費用は含まれていません

そのため、実際には400万円弱ほどの資金が必要だと思っておいたほうが安全でしょう。

基本的には前払いで払う必要がある

しかし、結婚式では必ず「ご祝儀」がもらえるため、「結婚式の費用はご祝儀でまかなえる!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、結婚式の費用はご祝儀である程度相殺することは可能です。

ただ重要なことは、結婚式の費用が前払いであるのに対して、ご祝儀のお金を受け取ることができるのは結婚式後であるということです。

そのため、費用を払うタイミングでは自力でそれだけのお金を調達しておく必要があるのです。

費用が足りなくなる理由はさまざま…

結婚式の費用が足りなくなる理由はさまざまですが、最も多いのは招待人数が予定より多くなってしまったという場合です。

結婚式に誰を呼ぶ・呼ばないというのはかなりデリケートな問題なので、色々な方面に気を使った結果、人数が10人も20人も増えてしまったというのはよく聞く話ですね。

また、結婚式のプランをいろいろと検討していくうちに、どんどんプランがグレードアップして、想定費用を大幅に超えてしまうということも考えられます。

「一生に一度のイベントなんだから少しぐらい贅沢したい」という女性(もしかしたら男性も)の気持ちも分からなくはないですが、現実との折り合いをつけることも重要かもしれません。

その他にもいろいろ理由は考えられますが、結婚式というものはとかく費用がかさんで資金不足になりがちだと思っておくのに越したことはないでしょう。

資金不足を解消するための4つの方法

そのような資金不足を解消するための方法としては、以下のようなものが考えられます。

①プランの変更を相談する

プランの内容が膨らみすぎたのであれば、多少削れるところを削ってみて想定費用の範囲内に収めることができれば、資金不足の問題は解決します。

ただし、式場側とすでにそのプランで契約をしている場合はプランの変更を認めてもらえない場合があり、式の日程が近づいていれば近づいているほどプラン変更は厳しいでしょう。

しかし式場側としても、「プランが変更できないんであれば費用が足りないんで式をキャンセルします」と言われてしまったら元も子もないため、多少は譲歩してくれます。

結婚式をきちんと挙げてもらえるかどうかというのは、プランナーの営業成績にも関わることですからね。

プランを変更することで資金不足を解消しようと思っている場合には、新郎新婦と式場双方のためにも、できるだけ早く相談することが重要だと言えるでしょう。

②クレジットカードで支払う

多くの式場ではクレジットカードでの支払いにも対応しているため、手持ちの資金だけでは足りなくてもクレジットカードで支払うことによって、資金不足を解消することができます。

ただし結婚式の平均的な費用からも分かる通り、一般的なクレジットカードの限度額では結婚式の費用を支払うことはほぼできません

そのため、結婚式の費用をクレジットカードで支払う場合には、クレジットカード会社に電話をして一時的に限度額を引き上げてもらう必要があります。

限度額の引き上げを要求している理由が妥当であり、これまでのクレジットカードの利用履歴にも問題がなければ、一時的に限度額を引き上げてもらうことができるでしょう。

ただし、限度額の引き上げは年収によって上限が決まってきますから、やはり結婚資金の満額をクレジットカードで支払うのは現実的ではありません。

もし限度額の引き上げが認められなかったとしても、クレジットカードを2枚以上切って支払いを行うことも可能なため、新郎新婦それぞれのクレジットカードを利用するという方法も考えられます。

クレジットカードで支払うと、一気に大量のポイントを貯めることができるという嬉しい副産物も付いてきますよ。

③ブライダルローンを利用する

銀行や信販会社では、結婚式関連の費用を支払うための専用ローンである「ブライダルローン」を取り扱っているところがたくさんあります。

このブライダルローンを利用すれば、結婚式の費用に関する問題は解消できるでしょう。

ただし、ブライダルローンのような目的別ローンは審査基準が少し厳しめに設定されているため、申し込み者の属性などによっては審査落ちになってしまう可能性もあります。

また、審査に通過して借り入れを行える場合でも、返済のことまで考慮に入れて挙式資金を満たすことができるギリギリの金額を借り入れる程度にとどめておきましょう。

「もしかしたら必要になるかも」と考えたい気持ちは分かりますが、余分な負担を増やす必要はありません。

結婚資金を借りるなら?お金が足りない人のブライダルローン活用術

④カードローンを利用する

ブライダルローンの審査に落ちてしまったという場合でも、あきらめずにカードローンを利用することを検討してみましょう。

カードローンはブライダルローンとは異なり、借り入れたお金を何に使うかは借り入れた人の自由です。

そのため、カードローンで借り入れた資金を挙式費用として利用するのも全然OKです。

そして、カードローンは総じて目的別ローンよりも審査基準が緩いという傾向があります。

そのためブライダルローンの審査に落ちてしまった人でも、カードローンの審査には通過できる可能性があるのです。

いいこと尽くめのように思えるカードローンですが、ブライダルローンと比較すると明確なデメリットが一点だけあります。それが「適用金利が高めに設定されている」ということです。

金利は高ければ高いほど返済時の負担が増します。できるだけ低い金利のローンを利用したほうがいいのですが、利用できるローンがカードローンしかなければ背に腹は代えられません。

返済を早めに終わらせることができれば金利の影響はそこまでありませんから、もらったご祝儀をカードローンの返済に回すなどして、なるべく早く返済を終えられるようにすることが重要となるでしょう。

一生に一度のことですから悔いの残らないようにしましょう!

お金を使いすぎないことは念頭に置いておかなければなりませんが、一生に一度(であるはず)の結婚式ですから、あまりケチケチしたことは考えたくないものです。

お金を借りたとしてもその後きちんと返済すれば何の問題もないわけですから、基本的にはプランを縮小するのではなくお金を借りてでも理想的な結婚式を挙げる方法で考えていきたいですね。

どのような方法を取るにせよ、後悔しない選択肢を選ぶことが重要ですよ。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。

24時間振込可能な金融機関の口座登録で最短10秒振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

「電話なし、郵送なし」で超便利

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする
Money Book