整形にかかるお金はいくら?必要なお金を手に入れる4つの方法

整形にかかるお金はいくら?必要なお金を手に入れる4つの方法 医療にかかるお金

顔や体形など、自分の容姿に100%満足しているという人は、おそらくほぼ0%なのではないでしょうか。

ですから多くの人が、実際に実行するかどうかはさておき「整形してみたいなぁ」という希望を抱くのでしょう。

そこで今回は、そんな整形にかかる費用がどれぐらいかということを調べると共に、その費用を調達するための方法について考えていきます。

代表的な整形手術を受けるために必要なお金はだいたいどれくらい?

ひとくちに整形手術と言っても、そこには色々な種類があります。

整形を行う部位もさまざまですし、整形をしてどのように変わりたいかというのも人によってバラバラです。

そこであくまでその中の代表的なものではありますが、整形手術を受けるためにはどれぐらいの費用が必要かということを、以下の表にまとめてみました。

手術内容費用
ヒアルロン酸注入による涙袋の形成10万円
ボトックス注射による顔のシワ取り5万円
レーザーによるシミやアザの除去1万円(1cm×1cm)
豊胸手術100万円
ヒアルロン酸注入によるほうれい線の解消10万円
整形内容費用
目尻切開(両目)250,000円
眉間へのプロテーゼ注入300,000円
ヒアルロン酸注入100,000円
お腹の脂肪吸引250,000円前後(部位により異なる)
レーザーによるしみ除去10,000円~20,000円

なお、表中の費用に関しては手術を受けるクリニックで多少変化しますので、1つの参考にする程度にとどめておいてくださいね。

この他にも目頭の切開やリフトアップなどの色々な手術がありますが、値段を見てみた感想はいかがでしょうか。

「思ったよりするなぁ…」「え?こんなもんでいいの?」など色々な感想があると思います。

手術後にメンテナンスが必要な場合も

なお今回は、手術に必要な費用として上の表中の金額を挙げていますが、整形手術の中には一回手術を受けてはいそれで完了!とはならないものも多数あります。

代表的なものだと、上表でも2種類ほど取り上げているヒアルロン酸注入による整形手術が当てはまります。

ヒアルロン酸は、年数が経過すると体内に吸収されていってしまうため、徐々に整形手術の効果が薄れていってしまいます。

ですので、効果を持続させようと思った場合には、定期的にヒアルロン酸を注入し続ける必要があるのです。

手術後にメンテナンスが必要な手術として、以下のようなものがあります。

手術内容費用
二重まぶた埋没法(両目)8万円
ヒアルロン酸注入で涙袋形成10万円
ヒアルロン酸注入で二重あご解消5万円

その度にかかる費用はクリニックによって異なりますが、初めて整形手術を受けたときにかかった費用と同程度の費用がかかるものと見ておくといいでしょう。

整形手術を受けようと考えている場合には、後々のメンテナンスのことまで考慮に入れた上で決める必要があります。

整形に必要なお金を手に入れる4つの方法

では、整形に必要なお金を手に入れるにはどのような方法があるのでしょうか。

今回は比較的多くの人が利用できるであろう、4つの方法を紹介していきます。

①節約しながらコツコツと貯める

まずは種も仕掛けもありませんが、節約しながらコツコツとお金を貯めていくという方法です。

貯めなければならない金額によってはかなりの時間を必要とするかもしれませんが、万人ができる方法と言えるでしょう。

目標金額と目標期間を定めた上で、毎日どれぐらいのお金を貯めていけば予定通りの金額に達するかということを見える化してあげると、モチベーションの維持にもつながります。

時間はかかりますが、確実な方法です。ある程度の長期計画を立てて貯める必要があります。

②副業で貯める

ただ貯めていくだけだと気が遠くなるぐらい先になってしまう可能性があります。「そんなに我慢できない!」という人は、副業を行いつつそのお金を整形資金にまわすという方法も考えられます。

最近では副業として行える仕事にも色々な種類が出てきているため、幅広い人が副業を行えるようになってきています。

毎日1,2時間程度の軽作業、土日に丸一日を費やしての仕事、家にいながらオンライン上で請け負える仕事など、自分に合った副業を選ぶことで無理なく継続できるはずです。

副業で稼ぐ金額にもよりますが、ただ節約した分を貯めて整形資金にまわすだけの場合と比べて、かなり早く必要なお金を貯めることができるでしょう。

③医療ローンを利用する

ただ、副業を行って貯めるという方法を駆使したとしても、「すぐに」整形手術を受けられるわけではありません。

「若い時期は一瞬で過ぎ去ってしまう!だから少しでも早く整形手術を受けたい!」と考えているかたであれば、すぐに整形手術を受けられることが何よりもメリットとなります。

そのような場合には、医療ローンを利用するのがオススメです。

医療ローンは主に、銀行が取り扱っているものと信販会社が取り扱っているものの2つです。

銀行であれば自分で銀行に申し込んで融資を受けることになり、信販会社であればクリニックが提携している信販会社のローンを紹介される形になるでしょう。

自分でお金を稼ぐのではなく借りるという手段を取る以上は、返済という義務が発生することになりますが、分割での返済になるため月々の返済もそこまで重くはならないはずです。

④カードローン・フリーローンを利用する

一般的にローンというものは、何かお金を使う目的があってそのために借り入れるものですが、中にはお金の使い道が自由となっているローンもあります。

さきほど紹介した医療ローンは、医療目的の費用の支払いに利用できるローンです。つまり、医療のためにしかお金を使うことができません。

一方のカードローンやフリーローンは、整形費用の支払いはもちろんのこと、あらゆる目的のために利用することができます(事業性資金はNGなどの例外はあります)。

お金の使い道が決まっていないローンは、目的が決められているローンよりも審査が厳しくないことが多いです。

そのため、確実に借り入れられるということを重視するのであればカードローンやフリーローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

その代わりに、適用金利が多少高めになり利息が多くなるというデメリットもあるため、どういったローンを利用するかに関しては事前によく考えた上で決定する必要があります。

代表的なカードローンを以下に示します。なかには初めて借りる人限定で初回30日間無利息で借り入れできるものもあるのでオススメです。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

カードローンを使えばスグに整形をすることも可能

4つの方法を説明してきましたが、整形は「行えればいつでもいい」というわけではないのが大きなネックでもあります。

できるだけ若いうちに手術を行っておきたいと考えるかたが多いと思われますが、若いうちにそれほどのお金を貯めるのは大変であるというジレンマに苦しむのです。

そこで、ローンを利用するという方法が有効なのですが、その中でも特にオススメなのがカードローンです。

医療ローンやフリーローンといったローンは、先にまとまった金額の融資を受けてその後は返済を行っていくだけというタイプのローンです。さらに、審査に時間がかかります。

一方カードローンはと言うと、決められた金額の範囲内であれば自由に借り入れと返済を行えるローンとなっています。

最初に少し触れたように、整形手術を受けた後はメンテナンスが必要になるケースもあり、そのメンテナンスでもそれなりのお金が必要になるのです。

このように継続的に出費が発生しうるような場合に柔軟に対応できるのが、カードローンの強みでもあります。

どの方法でお金を手に入れようかを悩んでいる場合には、ぜひカードローンを優先して考えてみてはいかがでしょうか。

人によって最適な選択肢は異なります

以上、整形にかかる費用がどれぐらいかおよびその費用を調達するための方法について説明してきました。

最後ではカードローンをオススメしているものの、どの方法が最適かに関しては人それぞれが抱える事情によって変わってくるものです。

「自分ならどうか」ということをよく考えて最も納得できる方法でお金を手に入れた上で、整形手術を受けられるようにしてくださいね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

医療にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】