ツライ節約してない?家計が苦しいなら見直すべき3つのポイント

ツライみじめな節約は限界 生活費にかかるお金

自分の収入がいつ無くなるかわからない時代。だからこそ、節約を一生懸命する人が増えています。
家計が苦しい状況では節約なしで生活するのが厳しいという人も多いでしょう。

とはいえ、ツライ節約を続けることはやめるべきです。
最初は負担が少ないと感じていても、それが続くと大きな負担になってくることもあるからです。

ツライ節約から脱出して、自分に合った”ゆとりのある節約”をするにはどうすればいいのでしょうか?
あなたの家計を助ける節約術について、3つのポイントに分けて解説します。

こんな無理な節約、していませんか?

節約というと良く聞こえるものですが、考え方次第では”ただのケチ”にもなり得ます。
その境目はどこにあるのか?それはズバリ、「自分が楽しめているかどうか」です。

節約をツライと感じている人の多くは、共通して無理な切り詰め方をしている傾向があります。
あなたには、以下のような節約をした経験はありませんか?

  • ・家の電気はつけず、可能な限り暗い部屋で過ごす
  • ・冬場でも湯船に入らず、シャワーのみで我慢
  • ・食事は白飯に調味料をかけるだけ
  • ・洗濯物はなるべく洗わず、繰り返し使う
  • ・洋服は古着のみでボロボロになるべで着る

いかがでしょうか?
こうした節約や切り詰めを、楽しんで行えているのであれば問題はありません。

しかし、あなたが少しでも「イヤだな」と感じているのであれば、それはツライ節約以外の何物でもありません。

このあと効果的な節約方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

変動費と固定費をきちんと理解しよう!

いまあなたは節約する項目をどのように決めていますか?

節約が続くかどうか、ツライ負担なしでお金をコツコツ貯められるかどうかは、何を節約するかによって大きく変わってきます。

効果的な節約をするために知っておきたいのは、変動費と固定費のちがいです。
こう書くとむずかしそうに見えますが、話はとってもカンタン。

  • ・変動費とは
  • →月(日)によってかかるお金が変わる
  • ・固定費とは
  • →毎月(毎日)一定額かかるお金

このうち、ツライ節約になりがちなのが変動費の節約です。

変動費のうち、もっとも多くの人を悩ませるのが「食費」です。

食費は、お金をかけようと思えばいくらでも贅沢ができてしまいます。
一方で、節約しようと思えば徹底的に安い費用で済ませることも可能です。

お金があれば高級レストランに行くこともできますね。
反対に毎日コンビニ弁当にすることだってできてしまいます。

食費をはじめとした変動費は、自分の意志の力を使って節約しなければならないことが多いので、あなたの神経を蝕みます。

また女性の場合には、美容代なども変動にあたるでしょう。キレイのためにお金を使いたいけど、節約のために我慢…。こうしてツライ思いをしている人もたくさんいます。

変動費を削ることは、自分の体力や精神力と引き換えに削ることにつながります。
ですから、まずは必ず固定費から削ることをオススメします。

ツライ節約から抜けだそう!まず削るべき固定費とは?

さて、最初の項では変動費の節約ではなく、まずは固定費の節約からはじめるべきことを解説しました。

ここからは、具体的にツライ節約にならない、オススメの固定費削減について説明していきます。

結論から言うと、節約の負担感を軽くするには以下のような固定費の節約をスタートさせましょう。

  • ・携帯電話代(スマホ代)
  • ・医療保険、がん保険
  • ・光熱費

携帯電話代(スマホ代)

節約するとき、真っ先に見直すべきは携帯電話代(スマホ代)です。
特にスマホを使っている人は、毎月のプランを十分に見直してください。

ガラケーに比べると、スマホの使用料は毎月2000〜3000円ほど高くなっています。
端末料金などは仕方がありませんが、不要なオプションなどは徹底的に削るべきです。

たとえば、留守番電話サービス。これを利用するだけで料金がかかっている場合があります。
毎月数百円と少額ではありますが、積もり積もって大きな金額になるので侮れません。

医療保険、がん保険

家族や子どもがいる家庭では、保険に入る人が多くなります。
毎月数千円程度の掛け金ではありますが、これが大きな負担になることは避けられません。

保険は最初に加入してからそのまま放ったらかしにしている人が非常に多いのが現実。
複数の保険プランで保障内容が重複していることがたくさんあります。

ですから、少しプランを見直して保険料を削るだけで大きな節約につながります。
固定費なので、自分の意志とは関係なしに節約ができるのは大きなメリットです。

ただし、保障を削り過ぎて必要な保険金が受け取れないようでは意味がありません。
見直しはあくまでも可能な範囲で行いましょう。

光熱費の節約はツライ節約と紙一重

光熱費とは、電気代・ガス代・水道代などのライフラインを指します。

これらの費用は、自分の生活スタイルと直結しているため、あなたがどのように生活をするかによって費用が安くも高くもなります。

節約効果が高いのは事実ですが、一歩間違えるとツライ節約になりかねません。

あくまでも”ムダな部分”を削ることを意識すると良いでしょう。
たとえば、部屋を移動するときはこまめに電気を消す。シャンプーのときはシャワーを止める。こうした心がけで、毎月数千円は節約が可能です。

ツライ節約から抜け出す方法【まとめ】

最後に、ここまで紹介した「無理のない節約術」をおさらいしておきましょう。

  • ・みじめになる節約はしない
  • ・変動費ではなく固定費を節約しよう
  • ・携帯代、保険料、光熱費を意識しよう

3つのポイントを意識して節約ができるようになると、ツラさは大幅に軽減されます。
まずは自分ができることからはじめてみましょう。

すでに「ツライ節約を続けていて、もう限界!」という人は、気持ちをリセットさせることが大切です。
あまり切り詰めた生活ばかりを送るのではなく、キャッシングなども上手く活用しながら生活を送るようにしましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

生活費にかかるお金節約術
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】