知りたい!サラ金の借入限度額っていくらまでなの?

サラ金の借入限度額 キャッシングの基礎知識

サラ金で好きなだけお金を借りることはできません。
借り入れには限度額があるからです。

借り入れをするときに知っておきたいのが借入限度額という仕組みです。
あなたの年収に合わせた借り入れ可能な金額をチェックしておかないと、返済能力が追いつかない可能性があります。

サラ金の借入限度額についてしっかりチェックしておきましょう。
お金をサラ金から借りる前に知っておきたい知識をわかりやすく解説します。

サラ金の借入限度額とは「借りられる限界の金額」のこと

サラ金というとイメージが悪いかもしれませんが、いわゆるキャッシング会社(消費者金融)では必ず借入限度額というものが存在します。

これは、あなたが1つのサラ金業者から借りることができる金額をあらわしています。
サラ金ごとに上限が決まっているとも言えるでしょう。

なぜ借入限度額があるのでしょうか?
その理由は「返済能力を上回る借り入れが起きないようにするため」です。

たとえば年収が300万円しかない人に、サラ金が500万円貸してくれるでしょうか?
答えは言うまでもなく「ノー」です。

ここまであからさまでないにせよ、あなたの年収や職業をもとに審査をして「いくらまで貸しても大丈夫か?」というのをサラ金側が決めているわけですね。

これを借入限度額といいます。

あなたはいくらお金を借りたいと思っていますか?
もしたくさんの金額を借りたいと考えているのであれば、なるべく借入限度額を増やす必要があります。

借り入れ限度額はどのように決まるのか?
次の項でくわしく見ていきましょう。

借り入れ限度額はどうやって決まるの?

さて、サラ金の借入限度額はどのようにして決まるのでしょうか?
知っておきたいのは以下の2つの審査基準です。

  • ・サラ金会社が独自に決めている基準
  • ・総量規制(法律)によって決められている基準

サラ金会社が独自に決めている基準

借入限度額は、サラ金側が独自の基準で決めることがあります。

たとえば同じ年収300万円の人でも、50万円借りられるサラ金もあれば、100万円借りられるサラ金があります。

なぜこのようなちがいが生じるのでしょうか?
それは言うまでもなく、それぞれのサラ金に貸し付けるときの基準があるからです。

あやしいサラ金(ヤミ金)などは、年収を超える借入限度額を設定してくることがあります。
しかし、最終的には返済不能になることがほとんどです。

サラ金を選ぶときは、必ず大手の消費者金融を選ぶようにしてください。

総量規制(法律)によって決められている基準

サラ金業者独自の限度額とは別に、もう1つ決められている借り入れ限度額があります。
それが総量規制です。

日本には「貸金業法」という法律があります。
このなかにある「総量規制」という決まりごとをご存知でしょうか?

くわしくは「これで解決!キャッシングにおける総量規制って?」で解説していますが、わかりやすく言うと以下のような決まりごとです。

  • 年収の3分の1を超える借り入れはできない

たとえば年収300万円の人が、100万円を超える借り入れをすることはできません。
サラ金側も、貸し付けが3分の1を超えてしまうと罰せられるので貸してくれないのです。

借入限度額にも当然、総量規制が適用されます。
もしサラ金で収入の3分の1を超える借り入れをしようとしてもできません。

自分の収入に見合った借り入れ額を選ばないと、あとで返済不能に陥る可能性があります。

サラ金での借り入れは十分に注意しましょう。

サラ金で借入限度額が高いのはドコ?

大きなお金を借りたい人にとっては、できるだけ借入限度額が高いほうが理想的です。
そのほうが自分の都合に合わせて自由にお金を借りられますよね。

サラ金の借入限度額の目安はいくらくらいなのでしょうか?
結論からいうと、多くのサラ金業者が500万円を上限に設定しています。

一方の銀行系カードローンは借入限度額が高めで1000万円のところもあります。

では銀行系カードローンのほうがいいのか?といえば、必ずしもそうとは限りません。

はじめて申し込む人は特にですが「最初から借り入れ上限で貸してくれる」というキャッシングはないからです。

上限が500万円であれ1000万円であれ、最初は低い借入限度額でスタートします。

なぜ低い限度額からスタートするのでしょうか?
わかりやすく言ってしまえば「まだ信用がないから」です。

何も知らない人よりは、少しでも知っていて、なおかつ返済実績がある人のほうがお金を貸しやすいですよね。

借入限度額だけを見てはイケない?

この記事では借入限度額を中心に説明をしてきました。
サラ金でお金を借りるときに、借入限度額をチェックするのは大切です。

しかし、借入限度額だけを見てしまうと金利(利息)や返済方法など、他の大切な条件を見落としてしまいます。

大切なことは、借入限度額を見るのではなく総合的な判断をすることです。

借り入れしやすく、利息も低く、返済もしやすい
これが大切な条件なのです。

そういった点から考えると、選ぶべきサラ金はアコムやSMBCモビットになります。
インターネットからカンタンに申し込めるうえに、コンビニで借り入れ・返済ができます。

仮審査も受けることができるので、審査が不安な人でも気軽に申し込むことができるメリットがあります。
まずは試しにチェックして見ることをオススメします。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

24時間振込可能な金融機関の口座登録で最短10秒振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

金谷まなぶ

大学時代に借金で大きな失敗を経験。そのときに「お金のことはきちんと学ばなきゃダメだ」と決意。猛勉強の末、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得して、日々お金に関する知識をストックしています。本当に役に立つ情報発信を行うことが信条です。妻と愛猫2匹(スコティッシュフォールド)と暮らしています。

キャッシングの基礎知識
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-7867094153715349", enable_page_level_ads: true });
シェアする
お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】