ろうきんのカードローン本審査に通るためのポイントとは?

ろうきんカードローン本審査に通るためのポイント ろうきん(労働金庫)

ろうきんのカードローンである「マイプラン」は金利も比較的低く利用しやすいカードローンです。

ただし、一般的な消費者金融や銀行カードローンとは異なり、「仮審査」と「本審査」という2つの審査が存在します。

そこで今回は、ろうきんカードローン「マイプラン」の本審査に通るためのポイントについて説明していきます。

仮審査と本審査の違いとは?

まずは、仮審査と本審査の違いについて説明していきましょう。

仮審査では、申し込み書類に記載された内容と信用情報機関に登録されている信用情報をもとにした審査が行われます。

無事に仮審査に通過できればあらためて本審査に進みますが、本審査で行うことは「仮審査で申告した内容に矛盾がないかどうか」ということの確認が中心です。

そのため、本審査では実際に最寄りの中央労働金庫の本支店まで出向く必要があります。

新たに何かを行わなければいけないというわけではありませんが、本審査のための時間は確保しておくといいでしょう。

仮審査で申告した内容の証明となる書類の提出が求められる

本審査では、仮審査で申告した内容が確かに正しいということを証明できる資料の提出が求められます。

具体的には年収を証明するために源泉徴収票や給与明細書、正社員であることを証明するために社員証などが必要となります。

消費者金融や銀行カードローンの申し込みであれば、これらの書類は審査のときに合わせて提出が求められることが多いですよね。

つまりろうきんカードローン「マイプラン」では、一般的なカードローンの審査の流れを「仮審査」と「本審査」の2段階に分けて行っているということになります。

この工程を「審査を丁寧に行っていて好感が持てるし安心ができる」と捉えるか、「早く借り入れたいのに時間と手間がかかってしまう」と捉えるかは人それぞれでしょう。

実際にろうきんカードローン「マイプラン」では仮審査に1週間ほど、本審査でも1週間ほどの時間を必要とします。

そのため、審査を急いでいる人からするとじれったく感じてしまうかもしれませんね。最終的にお金が借りられるまで2週間以上もかかってしまうわけですから。

本審査に呼ばれたらすぐにでも出向くことができるように、あらかじめ必要書類を準備しておくといいでしょう。

基本的には「虚偽の申告」さえなければ大丈夫

仮審査と本審査の内容の違いはお分かりいただけたと思いますが、では仮審査には通過したのに本審査では落ちてしまうというのは、どのようなケースなのでしょうか。

それは、「仮審査で申告した内容に虚偽があった」という場合です。

仮審査の段階では年収や雇用形態などはあくまで自己申告であり、それを裏付ける書類の提出は行われません。

そのため、「審査に通過しやすそう」な経歴を盛ることはいくらでも可能です。

しかし、いざ本審査になり源泉徴収票や社員証などの提出を求められて、仮審査時の内容と異なることが発覚すれば当然審査落ちになるでしょう。

ろうきんカードローン「マイプラン」では本審査まで通過して初めて「審査通過」ですので、仮審査を通過したいがために経歴を誤魔化すことには何の意味もありません。

むしろ悪質な申し込み者として中央労働金庫内部のデータに登録されてしまう可能性があります。

そうなれば、中央労働金庫が取り扱っている住宅ローンやカーライフローンの申し込み・審査にも悪影響を及ぼしかねないので、絶対にやめておきましょう。

虚偽の内容次第の場合もあり

ただし、虚偽の内容を申告していたからといって即座に審査落ちにならない場合もあります。

それは自己申告していた内容が、本審査時の提出書類から判断される内容よりも「悪かった」場合です。

審査担当者は、申込書書類に記載されている情報が真実だという前提で審査を行います。

そのときに「年収500万円、勤続年数8年、正社員」だと思っていた人が、蓋を開ければ「年収300万円、勤続年数4年、派遣社員」だったとすれば、当然虚偽の内容で審査落ちです。

しかし、いざ蓋を開け「年収600万円、勤続年数10年、正社員」だったとすれば、申告自体に誤りはあったとしても、融資を行っても問題ないスペックとなります。

このような場合には、もちろん申告と実際の内容に食い違いがあることに関しては確認されますが、その後結果として審査通過になることは十分考えられます。

しかし、自分の年収や勤続年数などをちゃんと把握していない人、という印象を相手に与えてしまう可能性も考えられます。

申し込みを行うときには、実際に提出することになる書類と照らし合わせた上で、正しい内容を申告するように心がけましょう。

仮審査~本審査の間にはローンやキャッシングには手を付けないのが◎

属性や信用情報というものは、仮審査~本審査の間の1週間程度の期間では変更できないのが普通です。

しかし、属性の中には1週間という短期間でも変更可能なものがあります。

それが、「他社借り入れ金額」「他社借り入れ件数」です。

仮審査時には無かった借り入れが本審査時には増えていた、となればその部分はもちろん突っ込まれるでしょう。

とりわけ、借り入れ件数や借り入れ金額は、返済能力にダイレクトに反映する部分でもあるので、本審査に悪影響を与える可能性大です。

ろうきんカードローン「マイプラン」の審査待ちをしている間は、他社のローンやキャッシングには手をつけないようにするのが無難でしょう。

本審査はなるべく早く済ませてしまおう

ただし、そうは言っても、緊急にお金が必要になって他社からの借り入れを利用したくなるという時もあるかもしれません。

むしろ「お金が必要」でろうきんカードローン「マイプラン」に申し込みをした人が多いであろう以上は、そのリスクは常に付き物です。

借り入れを行うとしても1,2万円程度の金額であれば審査にも影響は少ないですし、事情を説明すれば担当者も納得してくれるかもしれません。

ただし、事前に申告があった内容に変更があることは事実なので、それが原因で審査落ちになってしまっても文句は言えない事例だと言えるでしょう。

また、本審査までに他社借り入れの返済を行って、仮審査時の自己申告よりも本審査時の方が属性が良くなっている場合はどうでしょうか。

この場合はおおむね問題ないと把握されますが、本審査時に「仮審査時の自己申告とは異なるのはどうしてですか?」という質問が飛んでくることは避けられません。

素直に事情を説明すればそれでOKのことがほとんどですが、いらぬ心配はしたくないですよね。

結論として、仮審査~本審査までに属性なり信用情報なりにプラスにせよマイナスにせよ何らかの変更がるのはあまり好ましくないと言えます。

ですので、中央労働金庫から本審査を行う旨の連絡が届いたら、速やかに審査を終えてしまうのが理想的だと言えるでしょう。

まずは本当の内容で申し込みをしよう

以上、ろうきんカードローン「マイプラン」の本審査に通るためのポイントについての解説でした。

仮審査と本審査という2つのステップがあるため、それぞれ別のことをチェックされるのかと考えてしまいますが、そんなことはありません。

「自分の属性や信用情報に関して正直に申告して、本審査時までにその情報に変更が無いこと」を意識すれば本審査もほぼ通過できます。

「仮」や「本」という言葉を意識することなく、一般的にカードローンに申し込む時に注意すべきことを注意して申し込むようにしましょう。

ろうきんカードローンの審査におちてしまったら?

なかには、ろうきんカードローンの審査に落ちてしまったり、そもそも申し込めるような条件に達していないという人もいるでしょう。

また、すぐにお金を借りたいけど時間がかかりすぎるから困る、というケースもあるかと思います。

お金を借りる方法は、ろうきんカードローンの他にもたくさんあります。その代表例が消費者金融です。

消費者金融に良いイメージを持たない人もいますが、実際は銀行カードローンと大きなちがいはありません。ちがうのは金利ぐらいです。

むしろ消費者金融は無利息期間があったり、最短即日でお金を借りることもできます。

もしろうきんカードローン以外に借り入れを考えているのであれば、他の方法も検討してみるといいかもしれません。

参考までに、消費者金融の借入条件を比較した表を提示します。こうして比較してみると、ろうきんカードローンとの大きな違いはないことがわかると思います。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

ろうきん(労働金庫)
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】