プロミスは総量規制を超えてお金を借りることができるの?

プロミスは総量規制の対象になるの? キャッシングの基礎知識

お金がないときはなるべく多く借りたいもの。それも、複数の金融会社ではなく、1つのサービスでまとめて借りられると便利ですよね。

プロミスは上限額が決まっていはいるものの、借りられる金額が多いので利用者にも人気があります。

しかし、好きなだけ借りられるかといえば決してそんなことはありません。なぜなら、総量規制という法律があるからです。

プロミスは総量規制の対象になるのでしょうか?自分が借りられる金額を知るために知っておきたいポイントについて解説します。

そもそも総量規制とは何なのか?

結論からいうと、プロミスは総量規制の対象になります。つまり、総量規制を超える借り入れはプロミスではできません。

ご存じの人も多いでしょうが、ここであらためて「総量規制とは何なのか?」について解説します。

ひとことで言えば、総量規制とは「お金の借り過ぎを防ぐためにつくられたルール」のことです。具体的には「貸金業法」という法律のなかで決まられています。

多重債務者や自己破産の人をなくすための決まりごと

収入がたくさんあれば、たくさん借りても返済ができますよね。しかし、収入が少ない人がたくさん借りると返済が苦しくなる可能性が高い。

そのため、収入に合わせて借り入れできるお金に上限を決めましょう、というのが総量規制の根本にあります。

この総量規制というルールがつくられるまえは、好きなだけ借りられるような状態だったため多重債務に陥ったり、自己破産になる人が続出しました。

そりゃそうです、お金に困ったとき好きなだけ借りられる状態では仕方がないでしょう。こういった事態をなくすことが、総量規制の意味と言えます。

借り入れ上限はどうやって決まるのか?

プロミスも総量規制のルールが適用されるため、好きなだけ借りることはできません。では総量規制の上限額はどのように決まるのでしょうか?

それはズバリ、「年収の3分の1まで」と決められています。

つまり、あなたの年収を計算して、その3分の1を超える金額は借り入れができません。

わかりやすい計算をすると、年収300万円の人は100万円未満までしか借りることができないということです。

もちろん、だからといって100万円までなら必ず借りられるわけではありません。あくまでも計算上、ということです。

あなたの勤務先、雇用形態、他社の借入状況などを審査したうえで最終的な融資額は決定します。

こうしたルールが適用されたことで、プロミスをはじめとする消費者金融では無謀な借り入れをする人は激減しました。

しかし、お金をたくさん借りたい人にとって総量規制によって不便な仕組みになったことは事実です。

ちなみに、クレジットカードの利用金額も総量規制に含まれます。そのため、ショッピング枠で買い物をしていたり、キャッシング枠でお金を借りている場合も、総量規制の計算に含まれるので注意しましょう。

借り入れ上限額は他のキャッシングにもバレちゃいます

ここで勘が鋭い人は、「プロミスで総量規制食らっても、他社のキャッシングで借りちゃえば良いのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、残念ながらそのような知恵をキャッシングで使うことはできません。

というのも、「誰が、どこで、いくらお金を借りているのか?」というのは、キャッシングやカードローン、さらには銀行などの金融機関で共有されているからです。

この共有されている情報を【信用情報】と言います。

信用情報機関という組織によって管理されていて、日本国内ではおもに「JICC(日本信用情報機構)」と「CIC」という2つの機関を覚えておくといいかもしれません。

プロミスをはじめとする融資サービスは借り入れ審査をするときに信用情報機関へ情報を照会し、「この人はどこでいくら借りているんだろう?」ということをチェックします。

このとき、すでに他社から総量規制(年収の3分の1)を超える借り入れがあると、審査には通ることができず否決となるわけです。

貸金業者が総量規制を超えてお金を貸すとどうなる?

キャッシングなどでビジネスをする貸金業者としては、利息で儲けているわけですから「なるべく多く貸したい」という実情があります。

ですから、年収に関係なく(総量規制を超えて)お金を貸したいというのが本音。利用者にとっても、助かる部分があるでしょう。

しかし、法律で決まっているくらいですから、貸金業者が総量規制に違反した貸付けをおこなった場合は、行政処分の対象となります。

こうした処分があるため、貸金業者も迂闊にお金を貸すことはできないのです。

総量規制に当てはまらない借入方法はないのか?

では、総量規制に引っかかってしまう人はこれ以上お金を借りられないのか?というと、決してそんなことはありません。

なぜなら、総量規制には例外、というよりそもそも該当しない金融機関があるからです。それはズバリ、銀行です。

プロミスは総量規制の対象だけど、銀行は対象外

貸金業者は総量規制の対象になりますが、銀行は貸金業法の総量規制の対象外です。

わかりやすくいえば、銀行からは年収の3分の1を超える借り入れをしても大丈夫ということ。これは法的にも問題ありません。

ですから、すでにプロミスなどの貸金サービスを利用していて総量規制の対象となっている人は、銀行からならお金を借りられるかもしれません。

なぜなら、銀行は総量規制の対象外だから。

銀行の審査が厳しいのは言うまでもない話ですが、お金に困っているのであれば検討する価値は大きいと思います。

銀行にはプロミスなどと同じように「カードローン」という仕組みがあります。つまり、カードが発行できれば上限額まで自由に借りられるということ。

もし銀行カードローンを選ぶのであれば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックがオススメ。

まだプロミスやアイフルなどの貸金業者を利用したことがないという人は、インターネットからも申し込めるので活用してみると良いでしょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識プロミス
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】