プロミスとアイフル借りるならどっち?両方のちがいを徹底比較!

プロミスとアイフルのちがい アイフル

プロミスとアイフルは、カードローンのなかでも人気があるサービスです。

とはいえ、どっちで借りたほうがお得なのか?どんなちがいがあるのか?両方借りることもできるのか?

などなど、わからないことって多いと思います。

今回はプロミスとアイフルのカードローンを比較し、どっちで借りたほうがお得なのか、わかりやすく解説します。

カードローン選びで見るべき、4つのチェックポイント

プロミスとアイフルの比較に入るまえに、まずはカードローン選びで見るべきポイントについて解説します。

ただなんとくなく良さそうだから、という理由ではお得なカードローンを選ぶことはできません。見るべきポイントは以下の4つです。

  • ・実質年率(金利)はいくら?
  • ・申し込みに必要な書類は?
  • ・カード発行「あり・なし」は選べる?
  • ・無利息期間はある?
  • ・審査や融資のスピードは?

実質年率のちがいは?低いのはどっち?

実質年率のちがいは?

まずは実質年率を比較していきましょう。

実質年率とは、いわゆる金利のことです。借りれ希望額(元金)に掛かる割合のことで、実質年率によって利息の大小が決まってきます。

当然ながら、実質年率は低いほうがお得です。低ければ低いほど、利息の発生が少なくなるので、総返済額も軽くなります。

プロミスで10万円借りたときの返済額

プロミスの実質年率は4.5%〜17.8%です。
例として、10万円を借りた場合の返済額を計算してみましょう。

  • 実質年率:17.8%
  • 返済期間:11ヶ月
  • 毎月の返済額→10,000円
  • 総返済額→109,043円
  • 利息負担分→9,043円

アイフルで10万円借りたときの返済額

次はアイフルです。実質年率は3.0%〜18.0%。プロミスとほとんど同じ水準です。

  • 実質年率:18.0%
  • 返済期間:11ヶ月
  • 毎月の返済額→10,000円
  • 総返済額→109,158円
  • 利息負担分→9,158円

実質年率で見ると、プロミスとアイフルに大きなちがいはありません。
少しでもお得に安く借りたいのであれば、プロミスを選んだほうがいいでしょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

申し込みに必要な書類のちがいは?

必要書類のちがいは?

次は、申し込み時に必要な書類のちがいを見ていきましょう。

カードローンの申し込みをしてお金を借りると、そのあと返済が待っています。そのため、身元を証明して、返済能力があることを見せる必要があります。

それを実現するのが必要書類です。基本的にはどのカードローンでも同じですが、微妙にちがいがあることも少なくありません。

プロミスの必要書類は?

  • ・本人確認書類
  • (免許証、パスポートor保険証+住民票)
  • ・収入証明書類
  • (50万円以下の借り入れ、他社合計100万円以下の人は不要)

プロミスの本人確認書類は、免許証・パスポート・保険証が使えます。ただし、パスポートと保険証を使う場合には、+住民票が必要です。免許証がない人は、合計2点の必要書類が求められます。

収入証明書は、借り入れ額が50万円以下の人は不要です。また、他社から借り入れがある人でも合計額が100万円以下であれば不要です。

ザックリ言えば、少額の借り入れであれば収入証明書は不要ということになります。

収入証明書が必要なケースとは?

アイフルの必要書類は?

  • ・本人確認書類
  • (免許証、パスポート、個人番号カードなど)
  • ・収入証明書類
  • (50万円以下の借り入れ、他社合計100万円以下の人は不要)

アイフルはプロミスに比べて利用できる本人確認書類が多く、また1点のみでOKというメリットがあります。

アイフルでは上記以外にも永住者証明書、在留カード、住基カードなども本人確認書類として使うことができます。ただし、アイフルは保険証を本人確認書類として使うことができません

収入証明書類については、プロミスと同じで借り入れ額が50万円以下の人は不要です。また、他社から借り入れがある人でも合計額が100万円以下であれば不要です。

アイフルで今すぐお金を借りる方法とは?

カード発行「あり・なし」が選べるのはどっち?

カードレスの有無

カードローンを申し込むと、基本的に専用のカードが発行されます。

銀行のキャッシュカードと同じように、カードローンもカードを使ってATMからお金を引き出すことになるからです。

しかし、カードローンによってはカードレス(カード発行「あり・なし」が選べる)タイプがあります。

一体なんのためのカードレス?と思われるかもしれませんが、カードローンの専用カードを持ち歩きたくないという人はたくさんいます。

カードを盗まれて不正使用されたり、誰かにカードを見られて借金の事実がバレる可能性もあるからです。

結論を言うと、プロミスはカードレスも選ぶことができます。申し込みのときにカードなしを選べばOKです。

ちなみにカードレスの場合、インターネットから手続きをすればカンタンに自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。

一方、アイフルはカードが発行されるため、カードレスは選べません

ですから、カードを発行したくない人はプロミスを選んだほうがメリットが大きいでしょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

無利息期間で借りられるのはどっち?

無利息期間で借りられるのは?

プロミス、アイフル両方とも初回30日間無利息でお金を借りることができます。

借りる金額が大きい人ほど、無利息期間の恩恵は大きくなるため利用するメリットがあります。

あくまでも最初の借り入れ時のみに適用されるため、2回目以降の借り入れは無利息とはなりません。

言いかえれば、プロミスでお金を借りて、そのあと足りない分はアイフルで借りるようにすれば、両方のカードローンを初回30日間無利息で借りることができます。

返済先が2つになってしまうデメリットもありますが、どっちも活用すれば返済総額を減らせる可能性があります。

審査や融資のスピードが早いのはどっち?

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

これは、プロミスとアイフル、さらにはSMBCモビットとアコムの条件を比較したものです。

プロミスとアイフルのどっちも審査時間は最短30分となっています。大きなちがいはありません。

融資までのスピードも、おおむね1時間程度で完了することが多くなっています。よって、プロミスとアイフルの審査や融資スピードに大きなちがいはないといえるでしょう。

ATMの営業時間のちがいは?

ATMの営業時間のちがい

カードを発行してお金を引き出す以上、ATMの営業時間は重要です。
ネット入金を使えばATMは不要なんですが、やはりATMでお金を引き出せたほうが何かと便利ですよね。

プロミスのATM営業時間は?

店頭窓口ATM提携ATM
平日10:00~18:00
(※店舗により異なる)
7:00~24:00
(※ATMにより異なる)
ATMごとに異なる
土曜休み7:00~24:00
(※ATMにより異なる)
ATMごとに異なる
日曜・祝日休み7:00~24:00
(※ATMにより異なる)
ATMごとに異なる

アイフルのATM営業時間は?

アイフル無人契約機&ATM営業時間
無人契約コーナー(平日)8:00〜22:00
無人契約コーナー(土日祝)8:00〜22:00
ATM7:00〜23:00

どちらとも営業時間に大きなちがいはありません。プロミスのほうが少し長いので、仕事終わりでATMを使うことが多い人はプロミスのいいかもしれません。

プロミスを使うべき人、アイフルを使うべき人の境界線は?

どっちで借りるべき?

あらため、プロミスとアイフルのちがいをまとめておきましょう。

  • 【実質年率(金利)はいくら?】
  • ほぼ同じ。プロミスのほうがわずかに低い
  • 【申し込みに必要な書類は?】
  • アイフルのほうが準備しやすい◎
  • 【カード発行「あり・なし」は選べる?】
  • プロミスはカードレスも選べる
  • 【無利息期間はある?】
  • プロミス、アイフル両方とも初回30日間無利息
  • 【審査や融資のスピードは?】
  • どっちも最短30分で審査完了

こうして比較してみると、基本的な借り入れ条件はプロミスもアイフルも大きなちがいはありません。

しかし、実質年率にわずかなちがいがありますし、カードレスの有無などについてはプロミスのほうがメリットは大きいです。

プロミスとアイフル、どっちで借りるべきか迷っている人はプロミスを利用しておけばまちがいないと思います。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

アイフルプロミス
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】