プロミスとアコム、お金を借りるならどっちがおすすめ?

プロミスとアコムのちがい、どっちがおすすめ アコム

キャッシングやカードローンはさまざまなサービスがあるので「どれを選べばいいのか?」と迷うこともあると思います。

大手消費者金融のなかで、特に使い勝手がいいのはアコムとプロミスです。

アコムとプロミスはサービス内容など、非常に似ているところがあるため、ちがいがわかりにくいのも事実。

今回はアコムとプロミスを比較し、どちらで借りるべきなのか解説したいと思います。

実質年率(金利)はどっちが安い?

実質年率(金利)は、お金を借りたときに発生する手数料なもの。借りた金額(元金)に一定の利率がかかり、その利息と元金の合計が総返済額となります。

消費者金融をはじめ、お金を貸すことをビジネスにしている企業はこの実質年率をもとに計算した利息が利益の元になります。

ですから、あなたが少しでも安くお得にお金を借りるには、実質年率が低い消費者金融を選ぶ必要があります。

プロミスとアコムの実質年率はいくら?

  • プロミスの実質年率
  • 4.5%〜17.8%
  • アコムの実質年率
  • 3.0%〜18.0%

プロミスのほうがわずかに低いですが、実質年率に大きな差はありません。

なぜ利率に幅があるのでしょうか?それは、借入金額(元金)によって実質年率が変わるからです。

実質年率は、たくさんお金を借りる人は低く、少ないお金を借りる人は高くなるのが基本です。

一例として、プロミスで10万円を借りるときは17.8%、100万円を借りるときは4.5%という具合です。

ただし、実質年率は借入金額だけで決まるわけではありません。わかりやすく言えば、「優良顧客」は低い実質年率で借りられるようになる可能性があります。

消費者金融側としては、何度もお金を借りてくれて返済実績がある人を優遇するのも当然です。そのほうが、長く借り続けてくれますからね。

とはいえ、はじめて借りるひとは最高利率になることがほとんどなので、特に意識する必要はないでしょう。

実質年率だけを比較すると、プロミスとアコムで大きな差はありません。少しでもお得に安く借りたい人はプロミスを選びましょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

プロミスとアコムで申し込み方法が便利なのはどっち?

次は申し込み方法を比較してみましょう。

お金を借りるにはまず申し込みをする必要があるわけですが、やはり便利で簡単に申し込めたほうが良いに決まってますよね。

プロミスとアコムの申し込み方法に大きな差はない

  • プロミスの申し込み方法
  • ・インターネット(パソコン、スマホ)
  • ・無人契約機
  • ・電話
  • ・店頭窓口
  • ・郵送
  • アコムの申し込み方法
  • ・インターネット(パソコン、スマホ)
  • ・無人契約機
  • ・電話
  • ・店頭窓口
  • ・郵送

プロミスとアコムで申し込み方法に大きな差はありません。
自分に合った申し込みを選ぶのが一番ですが、インターネットか電話で申し込むのがおすすめです。近くに無人契約機がある人は、直接行ってカードを発行したほうがいい場合もあります。このあたりは自分の好みで選ぶといいでしょう。

プロミスのインターネット申し込みは2パターンあり

どちらもインターネット申し込みができますが、プロミスには「カンタン入力」と「フル入力」の2パターンがあります。

どちらもWeb上から申し込むときの入力方法で、審査内容や申し込み自体は同じです。ちがいは、Web上での入力の多さ・少なさにあります。

カンタン入力はWeb上での入力項目が少なくてラクですが、電話確認が必要。一方のフル入力はWeb上での入力項目はすべて必要になりますが、原則電話は不要です。

これはアコムとはちがうところなので、知っておくと差が明確になります。

  • 【カンタン入力のメリット】
  • ・Webで少ない項目を入力
  • ・入力の手間を省ける
  • 【こんな人にオススメ】
  • ・入力時間がない
  • ・入力するのが面倒
  • ・電話で相談したい
  • 【フル入力のメリット】
  • ・審査に必要な項目がWebだけで入力完了
  • ・電話しなくてOK(必要に応じて電話あり)
  • 【こんな人にオススメ】
  • ・電話をしたくない
  • ・審査までスピーディに終わらせたい
  • ・Webで入力するのが苦にならない

どちらで申し込みをしても審査が有利になったり不利になったりすることはありません。

これも好みの方法で申し込めがいいのですが、個人的には【フル入力】がおすすめです。なぜなら、フル入力は電話の必要がないから。

【カンタン入力】は、Webで入力する項目は少ないものの、最終的に電話ですべて必要な内容を伝えなければいけません。しかも、電話に出られないと審査が進まないので、借り入れまでに時間がかかることがあります。

多少面倒ですが、【フル入力】で申し込みを済ませたほうが結果的にラクだと思います。

さきほど説明したとおり、アコムにはこうした選択肢はありません。アコムのインターネット申し込みは、必要な項目をWeb上ですべて入力する必要があります。

比較してみるとわかりますが、アコムよりプロミスのほうがお客さんの好みに合わせて多様な申し込み方法を用意しているのがわかります。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

プロミスとアコムは、提携しているATMにちがいはある?

お金を借りたり返済したりするとき、ATMは欠かせない存在です。

そのため、消費者金融を選ぶときは提携ATMがどれくらい多いか?というのも重要なポイントとなります。

ここでは自社の(プロミス、アコムがそれぞれ運営する)ATMをのぞく、外部の提携ATMを比較してみましょう。

プロミスが提携しているATM

提携ATMおもな設置場所手数料
三井住友銀行三井住友銀行0円
ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
同上

アコムが提携しているATM

提携ATMおもな設置場所手数料
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
ゼロバンクファミリーマート
サークルKサンクス
同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
同上
クレディセゾンクレディセゾンATM同上

コンビニATMについてはプロミスとアコムで大きなちがいはありません。手数料の金額も同じです。

ちがいがあるのは、三井住友銀行ATMが使えるのはプロミスだけであるということ。そして、アコムは三菱UFJ銀行を使うと手数料が発生するということです。

比較してみると、提携ATMの充実度・お得度はプロミスのほうが勝っています。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

プロミスとアコムの無利息期間は?

消費者金融では、はじめてお金を借りるひと向けに無利息期間を設けていることがあります。

プロミスとアコムは、どちらも「初回30日間無利息」でお金を借りることができます。

ポイントとなるのは「初回」というキーワード。プロミス、アコムではじめて借りる人限定で無利息になるので、二回目以降は適用されません。

考え方を変えれば、プロミスで借りたことがある人でも、アコムで初めて借りるなら無利息期間が適用されるということです。
なかにはこの仕組みを上手く活用して、無利息期間で借り入れをする人が少なくありません。

無利息期間を見ると、プロミスとアコムにちがいはありません。

プロミスとアコムの借り入れ可能単位にちがいはある?

借り入れ可能単位とは、最低いくらからお金を借りられるか?ということです。

借り入れ可能単位が小さいほうが、少額から借りることができるメリットがあります。借り入れ可能単位が大きいと、本当は必要のないムダな借り入れをしなければならないので、返済負担が大きくなってしまいます。

プロミスとアコムの最小借り入れ可能単位は?

  • プロミスの借入可能額
  • 1000円〜500万円まで
  • アコムの借入可能額
  • 1万円〜800万円まで

最小単位を見ると、プロミスは1000円〜、アコムは1万円〜となっています。

「お金を借りるときはいつも1万円以上だよ」という人はプロミスとアコムのどちらでも良いと思います。

しかし、なかには「飲み代が足りないから5,000円だけ借りたい」という人もいます。そんなとき、プロミスでは5,000円借りることができます。アコムでは1万円〜なので5,000円を借りることはできません。

ちなみに最高額(500万円と800万円)がありますが、これはそこまで気にする必要はありません。よほど収入がある人でないと、ここまで高額の借り入れをすることはできないからです。

1000円単位で借りることがある人はプロミスを選ぶべきですが、それ以外の人はプロミスでもアコムでも差はありません。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

プロミスとアコム、返済のしやすさはどっちが上?

つぎは返済についてです。借りることばかり考えて選ぶと、返済するときになって困ることになります。

返済のしやすさとは、「どんな方法で返済ができるか?」にかかっています。プロミスとアコムを比べてみましょう。

プロミスとアコムはどこで返済できる?

  • 【プロミスの返済方法】
  • ・インターネット返済
  • ・口座振替(自動引落し)
  • ・店頭窓口
  • ・プロミスATM
  • ・コンビニ(マルチメディア端末)
  • ・提携ATM(ただし、手数料がかかる)
  • 【アコムの返済方法】
  • ・インターネット返済
  • ・口座振替(自動引落し)
  • ・店頭窓口
  • ・アコムATM
  • ・提携ATM(ただし、手数料がかかる)

アコムはコンビニ(マルチメディア端末)が使えない

プロミスとアコムの返済方法はほとんど同じですが、ちがいがあるのは「コンビニ(マルチメディア端末)の有無」です。

コンビニ(マルチメディア端末)とは、ファミリーマートの「ファミポート」、ローソンの「Loppi(ロッピー)」などのことを指します。

プロミスもアコムもコンビニATMで返済することができますが、あくまでも提携ATMの1つなので手数料が発生してしまいます。

しかし、マルチメディア端末で返済をすれば手数料が無料です。ですから、コンビニから手数料無料で返済できる唯一の方法がコンビニ(マルチメディア端末)なのです。

アコムは平成23年6月までローソンの「Loppi(ロッピー)」で返済できましたが、残念ながら現在はサービスが終了しています。

それ以外の方法で返済をすれば問題ないですが、より幅広い方法で返済できるようにしたいという人はプロミスを選んだほうがいいでしょう。

毎月の返済額はプロミスのほうが便利

お金を借りると毎月コツコツ返済をすることになります。
金額が大きい場合には、なるべく少ない金額を返せたほうが負担は小さくなります(ただし、支払い利息は増える)。

  • 【プロミスの返済額】
  • 1,000円〜
  • 【アコムの返済額】
  • 3,000円〜

毎月の返済額は自分で選ぶことができますが、プロミスは1,000円〜と低額になっています。これは他のサービスにはないメリットです。

なるべく返済額を小さくしてコツコツ返したい人はプロミスを選びましょう。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

プロミスとアコムのサービスをまとめて比較してみよう

  • 【実質年率はどっちがお得?】
  • プロミス→◯(4.5%〜17.8%)
  • アコム→△(3.0%〜18.0%)
  • 【申し込み方法はどっちが便利?】
  • プロミス→◯
  • アコム→△
  • 【提携ATMはどっちが多い?】
  • プロミス→◯
  • アコム→△(三井住友銀行ATMが使えない)
  • 【無利息期間はある?】
  • プロミス→◯
  • アコム→◯
  • 【借り入れ単位はどっちが良い?】
  • プロミス→◯(1,000円〜)
  • アコム→×(1万円〜)
  • 【借り入れ単位はどっちが良い?】
  • プロミス→◯(1,000円〜)
  • アコム→×(1万円〜)
  • 【返済方法はどっちが便利?】
  • プロミス→◯
  • アコム→△(コンビニのマルチメディア端末が使えない)
  • 【毎月の返済負担を減らせるのは?】
  • プロミス→◯(1,000円〜)
  • アコム→△(3,000円〜)

こうして比べてみると、プロミスとアコムのちがいは少ないと言えるでしょう。
ただ、アコムを積極的に選ぶ理由はありません。プロミスのほうが、借り入れや返済が便利だからです。

もしプロミスとアコム、どっちを選ぶか迷っているのであればプロミスを選べばまちがいありません。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

アコムプロミス
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】