千円単位は便利!プロミスから1000円単位でお金を借りる方法

プロミスの千円単位借り入れ プロミス

お金を借りるのに慣れている人は少ないと思います。
ですから、下手に大きな金額を借りてしまうと返済が苦しくなって、最悪の場合には自己破産なんてことになりかねません。

いきなりおどかすようで恐縮ですが、お金を借りるときはなるべくリスクを減らすべきなのは言うまでもありません。
そのためにできることといえば、「必要なお金を必要だけ借りる」。これに尽きます。

千円単位でお金を借りることができれば、自分にとって必要な現金が手元にあることになるので、ムダな返済が減らせますよね。

さて、プロミスでは千円単位でお金を借りることができるのでしょうか?

そもそもプロミスは千円単位で借りられるの?

結論からいうと、プロミスでは1,000円単位での借り入れが可能です。
たとえば、

  • 「出先で買い物をしたいけどお金がないから3,000円だけ必要」
  • 「急な飲み会で会費の5,000円を借りたい」

など、細かいニーズにもきちんと対応してくれます。

このような柔軟な仕組みが、プロミスの人気を支える1つの要因になっていると言えるでしょう。

急な出費や買い物って意外と細かい単位でお金が必要だったりするので、千円単位で借りられるのはやっぱり便利です。

千円単位で借りられるメリットとは?

プロミスは千円単位でお金を借りられるわけですが、わたしたちには一体どんなメリットがあるのでしょうか?
あらためて、まとめてみましょう。

  • ・不要なお金を借りないので、ムダ遣いが減る
  • ・利息が減るので、返済がラクになる
  • ・細かい単位で借りられるので便利

不要なお金を借りないので、ムダ遣いが減る

あなたにもこんな経験ありませんか?

「財布にお金がたくさん入ってるから、ついつい気が大きくなって使いすぎてしまった…」

本当は欲しいと思ってないのに、手元に現金があるせいで買ってしまう(買えてしまう)というのはムダ遣いの原因です。

プロミスでは千円単位で借り入れができるので、こうしたムダ遣いをなくすことができます。

利息が減るので、返済がラクになる

「本当は5,000円を借りたいのに、1万円単位でしか借りられないから1万円借りた」

こうなると、本当は必要のない5,000円分の利息をムダに支払うことになります。

借り入れ額(元本)が少ないときはそこまで気にならないでしょうが、利息を減らすことは借り入れを有利にする基本です。

ムダな利息支払いを減らせるのも、千円単位で借りるメリットです。

細かい単位で借りられるので便利

さきほど説明したとおり、ちょっとした出費にプロミスを使えるのはけっこう便利です。

わたしも、飲み会で予想以上のお金が必要になったとき慌ててプロミスから3,000円を借りたことがあります。

ムダ遣い、ムダな利息を減らせるうえに、ちょっとした用事に使うお金も罪悪感なく借りられるのは大きなメリットだと思います。

プロミスから千円単位で借りるにはどこで申し込めばいい?

1,000円単位で借りられるプロミスですが、じつはどこでも借りられるわけではありません。
つまり、1,000円単位で借りるには決まった借り入れ方法を選ぶしかないということ。

プロミスでは以下のいずれかの方法でしか1,000円単位でお金を借りることができません。

  • ・プロミスの店舗窓口
  • ・プロミスATM、三井住友銀行ATM
  • ・銀行振込

「ん?意外と多くない?」と思った人もいるかもしれませんが、重要なのは「コンビニATMでは1,000円単位で借りられない」ということです。

プロミスと契約をしてから、実際に現金を手にするまでの方法はいくつかありますが、やはり24時間営業のコンビニは強い味方です。
そのコンビニでは、1万円単位でしか借り入れができないため、不便な思いをせざるをえないわけですね。

ちなみに返済なら1000円単位で可能です。借り入れのみ1万円単位となるのがコンビニATMの特徴といえます。

結局、千円単位で借りるならどの方法がオススメ?

くりかえし確認しますが、プロミスから千円単位で借りるには以下のいずれかの方法で借り入れをする必要があります。

  • ・プロミスの店舗窓口
  • ・プロミスATM、三井住友銀行ATM
  • ・銀行振込

プロミスの店舗窓口は非現実的?

まず、プロミスの店舗窓口は全国に展開しているとはいえ数がかなり少ないので現実的ではありません(もちろん近所にあれば別ですが)。

あと、人と対面でやり取りをするので気まずい思いをします。

プロミスATM、三井住友銀行ATMが基本

プロミスATMか三井住友銀行ATMでも1,000円単位で借り入れ可能です。

プロミスの店舗窓口に比べて、設置箇所も多いですし、なにより三井住友銀行ATMなら主要駅なら必ずといっていいほど設置されています。

銀行振込を利用すれば、手数料無料で千円単位での借り入れが可能

上記3つなら、いずれも1,000円単位で借りられるわけですが、最もオススメなのが「銀行振込」による借り入れです。

最大の理由は「手数料が無料」ということ。
じつはプロミスATMや三井住友銀行ATMでは所定の手数料が発生してしまいます。1万円未満は108円、1万円超は216円です。

一方、あなたの使っている銀行口座にプロミスから現金を振り込んでもらって、手数料がかからない方法で現金を引き出せばムダな手数料はかかりません。

どうしても手数料がかかる方法しか使えない(たとえば、いつもコンビニATMでしか引き出してない)というときには別ですが、銀行振込を上手く活用すればかなり便利に1,000円単位の借り入れができます。

他のカードローンも千円単位で借りられる?プロミス以外の事例

カードローンやキャッシングとなると、いろいろなサービスがあって迷ってしまうところ。
いまのあなた自身の立場になって考えると、「1,000円単位で借りられる最もオススメのキャッシングはどこか」が重要だと思います。

まずは以下の表をごらんください。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

この表は、当サイトでおすすめしているカードローンを比較したものです。
このうち、借入可能額に注目すると、1,000円単位で借りられるのはプロミスとアイフルだけです。アコムやSMBCモビットは1万円単位でしか借りられません。

また、アイフルについては一部ATMでは1万円単位でしから借りられないため、完全とは言いがたい。

こうして比較すると、プロミスは1,000円単位で借りられるカードローンとして強くオススメできます。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

借り入れと返済のときにかかる手数料に注意しよう

さきほどもカンタンに説明しましたが、ATMでお金を借りたり返済したいすると所定の手数料が発生します。
特に、借りる金額が少ないと手数料によるマイナスが大きく感じられるはずなので、なるべく避けたいところ。

ここで、下記の表でATMごとの手数料を確認しておきましょう。

提携ATMおもな設置場所手数料
三井住友銀行三井住友銀行0円
ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
同上

まず三井住友銀行ATMは手数料が無料なのは説明したとおりです。それ以外のコンビニATMは1万円未満は108円、1万円超は216円です。1,000円単位での借り入れとなると、手数料のダメージは大きいと思います。

これは借り入れはもちろんですが、返済のときにも発生する手数料です。往復で考えると、最低でも216円はかかりますから、なんとか節約したいところです。

そのためには、三井住友銀行ATMを使うか銀行振込を上手に活用したいですね。

手数料なしで最速の借り入れができる「瞬フリ」って?

さきほどからたびたび登場している銀行振込ですが、じつはプロミスには「瞬フリ」というサービスがあります。

わかりやすくいえば、非常にスピーディに指定口座にお金を振り込んでくれるサービスのこと。

お金が必要になったとき、借り入れを依頼すると受付時間に応じて以下のようなスケジュールで振り込みが行われます。

曜日受付時間振込実施時間
月~金0:00~24:00
24時間受付
受付完了から最短10秒
土・日・祝日

注目すべきは振込実施時間です。「受付完了から最短10秒」というのは、かなりのスピード感で借りられるということ。

土日祝日も借りられるので、とても助かるサービスです。もちろん、1,000円単位で借りられますよ。

ただし、瞬フリを使うには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要です。

借り入れだけでなく、プロミスは返済が低額で非常に有利

1,000円単位で借り入れができるという、低額融資が便利なプロミス。

じつは「低額」というのは借り入れだけではないんです。プロミスは他のカードローンに比べて「最低返済額が低い」ため、毎月の返済負担を減らすことができます。

これはつまり、毎月の返済額を減らすことができるということ。そのぶん利息が増えることにはなりますが、自分の収入状況に合わせて返済額を決められるのは利用者にとってありがたい仕組みです。

なにより嬉しい「初回30日間無利息」

ここまでプロミスから1,000円単位で借りるメリットとデメリットを見てきました。

最後に集大成とも言えるメリットがあります。それは「初回30日間無利息」で借りられるということ。

「初回30日間無利息」で借りられるカードローンは他にもいくつかありますが、総合的なサービス力でいえばプロミスは他のサービスを圧倒していると思います。

さて、「初回30日間無利息」で借りられるということは、上手く活用すれば無料で借り入れができるということでもあります。

特に1,000円単位の低額借り入れ(たとえば5,000円とか)を借りるのであれば、おそらく次の給料日に一括で返済できる金額です。

つまり、30日の無利息期間に完済できれば、利息は一切かからにということになります。

これは利用しない手はありません。1,000円単位で借りられるプロミスを上手に活用したいですね。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

プロミス
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】