プロミスの月々の返済額はいくら?最低額で返済する方法

プロミスの月々の返済額 キャッシングの返済

せっかく借り入れをしてピンチを切り抜けても、返済が大きいようでは同じことの繰り返しになってしまいます。

ですから、お金を借りた後、月々の返済額はなるべく軽い負担にしたいですよね。

プロミスは他のカードローンやキャッシングと比べても、月々の返済最低額が非常に低いと言われています。つまり、それだけ毎月の負担を軽くすることができるということ。

プロミスの月々の返済額はいくらなのでしょうか?最低額で返済するメリットと注意点について解説します。

プロミスの「残高スライド元利定額返済方式」ってなに?

まずはプロミスの返済方式について解説していきます。
プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」という返済方法で返済することになります。

いきなりむずかしそうな名前ですが、この名前を覚える必要はありません。大切なのは、月々の最低返済額がどのようにして決まっているのか?を知ることです。

プロミスの月々の返済額は、借入残高によって変わってきます。つまり、いまいくら未返済額が残っているかによって最低返済額がちがうということです。

現在の借入残高に、一定の割合をかけ合わせたものが月々の返済額となります。

ここではわかりやすい例として、以下の数字をチェックしておきましょう。

  • 【借入残高が5万円の場合】
  • 5万円 x 3.61% = 1,805円→2,000円(切り上げ)
  • 【借入残高が50万円の場合】
  • 50万円 x 2.53% = 12,650円→13,000円(切り上げ)
  • 【借入残高が150万円の場合】
  • 150万円 x 1.99% = 29,850円→30,000円(切り上げ)

もちろん、計算式を覚える必要はありません。ここで見てほしいのは、借入残高ごとの返済額です。

たとえば5万円借りたとき、月々の最低返済額は2,000円となります。つまり、最低でも2,000円は返済が必須となるということです(それ以上返済してもOK)。

借入残高が50万円、150万円と大きくなるにつれて返済額が大きくなることがわかります。

これは当然といえば当然の話で、たくさん借りたらたくさん返す必要があります。なぜなら、借入残高が大きいのに月々の返済額が小さいと利息のみの返済が続き、返済が永遠に終わらない事態となるからです。

あらためてお伝えしたいのは、ここで見るべきは「5万円借りたら、毎月最低でも2,000円返せばいいんだな」という目安です。

ミニマムペイメントは良し悪しある

ここまで紹介したような、「借入残高に応じて、月々の最小金額を返済する」という返済方法をミニマムペイメントと言ったりします。

毎月、できるだけ少ない返済をすることになるので以下のような人にオススメできます。

  • ・収入に変動がある
  • ・急な出費で返済にまわすお金が手元にない

収入が毎月一定額ではなく、多かったり少なかったりと変動しやすい人は最低額の返済にしておくと安心です。

また、突然の出費で手元に現金がない人も最低額の返済をしておけば返済の延滞遅延損害金の発生を避けることができます。

ただし、ミニマムペイメントで最低返済額を続けると返済期間が極端に長くなることがあります。
利息が膨らみ、いくら返済しても完済できないという事態になることもあるでしょう。

ですから、毎月の返済額を最低額にするのはよほどの理由があるときだけにするべきかもしれません。

借入残高と返済額はどうやって確認すればいい?

月々の返済額は、借入残高によって決まります。
ですから、借入残高と月々の返済額をチェックすることがスムーズな完済をするコツです。

さて、プロミスでは以下の方法で借入残高と返済額を確認することができます。

  • ・プロミス会員サービス(ネット上で確認)
  • ・プロミスフリーコール(電話で確認)
  • ・店頭窓口で確認
  • ・プロミスATM、提携ATM

このうち、手軽に確認できるのは「プロミス会員サービス」です。スマホやパソコンから、時間と場所を選ばずに確認できます。もちろん無料です。

インターネットからそのまま借り入れや返済もできるので、ネットの会員サービスはフル活用しましょう。

わざわざ店頭まで行く必要もありませんし、自宅や外出先など好きな場所で返済と借り入れが可能です。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

月々の返済額はプロミスがもっとも低い!

プロミスの返済額が「残高スライド元利定額返済方式」であることは説明したとおりですが、キャッシングやカードローンごとに返済方式はちがいます。

もっといえば、キャッシングによって最低返済額は異なるのです。つまり、月々の返済額はどこで借りるかによって変わってきます。

ですから、「なるべく月々の返済額を軽くしたい」「返済額は柔軟に決められる方が良い」という人にプロミスはオススメできます。

というのも、プロミスは他のキャッシングと比べても最低返済額が低いからです。

残高5万円残高10万円残高30万円
プロミス¥2,000¥4,000¥11,000
アコム¥3,000¥5,000¥13,000
アイフル¥4,000¥4,000¥13,000
SMBCモビット¥4,000¥4,000¥11,000

まずは借り入れ残高が5万円の場合だと、プロミスは2,000円の返済でOKです。アコムは3,000円、アイフルやSMBCモビットは4,000円です。

一見するとたいした差に見えないかもしれませんが、これが毎月積み重なると大きな金額になります。

ただし、借入残高が大きくなると最低返済額の差はほとんどなくなることに注意してください。たとえば借り入れ残高が30万円になると、プロミスとSMBCモビットの最低返済額は同じ金額になります。

月々の返済は最低額よりも多くて大丈夫?

月々の返済額について、ここまでは「最小金額で返していく」という前提で話をしてきました。

しかし、なかには月々の返済額を多めにして早く完済してしまいたいという人も多いはずです。

プロミスをはじめとするキャッシングでは、月々の返済額はあなたが自由に決めることができます。つまり、特に連絡を入れることもなく入金をすれば返済が可能ということです。

たとえば、プロミスでお金を借りて毎月2,000ずつ返していたけれど、まとまったお金が入ったからスグに完済したいという場合。

このケースでは、プロミスに連絡なしで入金してしまってOKです。つまり、最低返済額を生かすのはあなたの自由ということ。

利息が膨らむのは避けたい!という人は、毎月多めに返済をすればいいだけの話です。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

プロミスの返済期日はいつ?

プロミスの返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から、都合にあわせて選ぶことが可能です。

ただし、三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済を希望の場合、返済期日は5日となります。

また、返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)にあたる場合は、返済期日は翌営業日となります。

返済期日を決められるということは、あなた自身の給料日(あるいはまとまってお金が入る日)に合わせるのがベストです。

給料日と返済期日を話してしまうと、予想外の出費で返済原資が不足する可能性もありますし、ムダ遣いを誘発する可能性があります。

ただし、初回の返済期日は借り入れを行ったタイミングによって決まっているの注意が必要です。

プロミスの返済方法は?

月々の返済額や返済期日について見てきましたが、プロミスでは返済をどんな方法で行えるのでしょうか?

プロミスの返済方法は以下のいずれかの方法から選ぶことができます。

  • ・インターネットから振り込み(無料)
  • ・銀行引き落とし(無料)
  • ・プロミスATM(無料)
  • ・提携ATM(有料)
  • ・Loppi、ファミポート(無料)
  • ・銀行振込(有料)

このうち、有料の返済方法を選ぶのはナンセンスです。有料とはつまり、返済に手数料がかかるということを指します。

よほどの理由がない限りは、無料の返済方法を選びましょう。

このうち、もっともオススメなのは銀行引き落とし(口座振替)です。

銀行引き落としのメリットは無料であること、そして毎月決まった日付に自動で返済が完了できます。自分で振込手続きをする必要がないので、返済忘れや面倒な入力から解放されるのは大きな魅力です。

いくら月々の返済額が低くても、手数料で大きな損が生まれる可能性がありますから、返済方法には十分注意したいですね。

プロミスは申し込みも返済もインターネット上で操作できます。Web完結も対応可能ですから、非常に楽で使いやすいキャッシングですよ(Web完結とは?)。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの返済プロミス借金の返済
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】