クレジットカードのキャッシング枠が審査に与える影響とは?

クレジットカードのキャッシング枠が審査に与える影響とは? キャッシングの審査

最近、「買い物はネットショッピングしかしない…」と話す人が増えています。

たしかに、私も必要な物の多くをAmazonなどのインターネットサイトで購入しています。

ネットショッピングでの買い物の特徴はやはり、クレジットカードでの決済ですよね。ポイントも貯まり、決済直後に配送の手続きも行ってくれます。

こんなに便利なクレジットカードですが、せっかく申込んでも審査が通らない人がいます。もしかしたらそれはキャッシング枠が原因かもしれません。

キャッシング枠と信用の関係

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が設けられていますが、この違いを理解していますか?

利用枠の違いをしっかり理解する

クレジットカードを申込む際には、必ずクレジット会社(信販会社)の審査を受けなくてはいけません。

原則として利用限度枠は審査によってクレジット会社が決めることになり、申込者はあくまで希望額を提出することしかできません。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、ショッピング枠はあくまで加盟店での買い物に利用できる限度額で、ネットショッピングではこのショッピング枠の範囲で利用できます。

またキャッシング枠は提携ATMで現金の借入れができる限度額で、基本的にカードローンと同じと思ってよいでしょう。

貸金業法の総量規制が問題となる

日本には貸金業法と呼ばれる、貸金業者を規制することで、多重債務を防ぐ目的の法律があります。

その中に総量規制と呼ばれる項目があり、「年収の1/3以上の貸付は禁止」との規制があります。つまり、年収が300万円の人であれば、合計で100万円までしか借入れできません。

さらに総量規制は1社ではなく貸金業者の合計であって、借入れしている全ての合計で判定されます。総量規制の対象になる貸金業者は以下の金融サービスです。

  • 信販会社(クレジット会社)
  • 消費者金融
  • 街金
  • その他、個人金融

つまり銀行を除く個人向けの金融サービスの多くは、総量規制の対象になります。

貸金業法を違反すると、免許取り消しなどの厳しい処分が出ることから、各社は総量規制に対して審査を厳しくしています。それがクレジットカードの審査にも影響を与えているのです。

キャッシング枠は貸金業法に該当する

近年、クレジットカードを発行する信販会社は、カードローン商品を多く開発しており、それらの商品は総量規制の対象です。

またクレジットカードのキャッシング枠も返済方法は異なりますが、現金を貸付けることからカードローンと同じく総量規制の対象になるのです。

つまり、キャッシング枠がないクレジットカードであれば関係のない総量規制が、キャッシング枠を申込むことで大きく関わってくるのです。

キャッシング枠がクレジットカードの審査に与える影響

それではクレジットカードを申込む際にキャッシング枠を同時に申込むことで、審査にどのような影響が出てくるのでしょうか?

総量規制の考え方は実際の借入残高ではない

よく勘違いされるのですが、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、借入残高が総量規制の額としてカウントされていません。実際には借りていなくても、利用限度額が借入れされているものとして加算されます。

例えばクレジットカードを3枚保有していて、3枚とも20万円のキャッシング枠があるとしたら、この人の信用情報では60万円の借入れ(キャッシング)をしていることになります(実際にはキャッシングしていなくても)。

つまりカードローンやクレジットカードのキャッシングでは、ATMでいつでも借入れ自由なので利用枠が借入残高として信用情報機関へ登録されているのです。

ショッピング枠は総量規制の影響を受けない

キャッシング枠と違いショッピング枠は総量規制の影響を受けることはありません。

したがって、クレジットカードを申込む際にキャッシング枠の申込みを「0円」にすることで、余分な審査を受けなくて済みます。

特に保有する他のカードでキャッシング枠が設定されている場合には、枠の合計を確認してから判断した方がよいでしょう。

不安な人はキャッシング枠を申込まない方が審査は有利

現在では各金融機関が情報信用機関を利用しており、個人情報として「借入残高」や「借入件数」「事故情報」が簡単に手に入ります。

クレジットカードを申込むとこれらの情報を利用して審査が行われますが、キャッシング枠を申込まないケースでは、審査が甘くなることが多いようです。

中にはクレジットカードの審査は合格しても、キャッシング枠が原因で審査が通らないこともあります。ですから、複数のクレジットカードを持っている人は、始めはキャッシング枠を申込まないで、カードの実績を作ってから追加で申込む方法がよいでしょう。

不必要なクレジットカードは整理することも大切

昔に作ってそのまま放置しているクレジットカードを持っていませんか?引き出しの中に入れっぱなしで、何年間も使用していないカードですが、それにキャッシング枠が設定されていたら、信用的には借金をしていることになります。

使用しないクレジットカードは年会費の有無に関わらず、解約などの手続きで整理するようにしましょう。

カードローンや住宅ローンを検討している人は、クレジットカードのキャッシング枠が審査に悪影響を与えることもありますから注意したいですね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの審査クレジットカード
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】