消費者金融・カードローンでお金を借りるデメリットとは?

消費者金融・カードローンでお金を借りるデメリットとは? カードローン

どうしてもお金が必要なときあなたはどうしますか?親、友人に借りるなど色々選択があると思いますが消費者金融、カードローンによってお金を借りる人もいるのではないでしょうか。

気軽にお金を借りることができる消費者金融、カードローンですがどんなデメリットがあるのか気になりますよね。
消費者金融・カードローンでお金を借りるデメリットを解説していきます。

そもそも、消費者金融とは?

あなたは消費者金融にどんなイメージを持っていますか?

「金利が高そう」「一度借りたら借金地獄になっている人が多いイメージ」など、ネガティブな印象を抱く人も多いと思います。

消費者金融とは個人への貸付を行う金融業のことです。銀行は法人・個人への融資がおもな業務ですが、消費者金融は個人にお金を貸しています。

よく耳にする「サラ金」などはサラリーマン金融の略称で、サラリーマンへのお金の貸付けのことです。

以前までは消費者金融は金利が高く、過払い金(当初決まっていた以上の額を返済すること)などが発生し、消費者金融から借りたお金を返せなくなり自殺者が増えるなど、一時は社会問題にまでなりました。

消費者金融が利用されるようになるまで

消費者金融が広く利用された理由として長引く不況による個人消費の低迷が挙げられます。

「Japan as NO.1」とまでいわれた栄光の時代から1991年のバブル経済崩壊後、一気に日本は大不況になりました。不況になれば当然個人消費は落ち込んできます。

そんな中で消費者金融はテレビCMなどで大々的にアピールしていきます。CM、広告に若いキレイなグラビアアイドルなどを起用してイメージアップに成功し、個人消費の低迷により借入れ希望者が増加したこととの相乗効果によって消費者金融は広く利用されるようになりました。

金融庁による指導・変化する消費者金融業界

消費者金融、サラ金の使用者増加によって利用者の一部が返済できない、自殺者が増えるなどの社会問題が表面化したために金融庁は消費者金融への指導、法律改正に乗り出しました。

違法な融資、恐い取り立てを行っていた消費者金融に対して業務停止命令を行ったり、貸金業の規制等に関する法律などを一部を改正しました。

その結果、法定上限金利を20%までに制限したり、悪質な取り立てを禁止するなどして、消費者金融の利用者を守る流れが生まれました。

また、グレーゾーン金利が撤廃され消費者金融は高金利での貸し付けができなくなりました。その結果多くの消費者金融の経営が苦しくなり、銀行の傘下に入るなどしています。

銀行も消費者金融を傘下にいれることによって個人貸付けのノウハウを手にいれることができるわけです。

カードローンとは?

カードローンと消費者金融は同じ意味で使われることもありますが、一般的には銀行カードローンのことを指すことが多いです。

銀行、消費者金融のカードを使用してCD・ATMなどから借りたい金額を無担保で借りることができます。店舗に行く必要もありません。返済方法も分割を選ぶことができるので広く利用されています。

消費者金融・カードローンでお金を借りるデメリット

色々と問題のある消費者金融ですが、どうしてもお金が必要なときがあって消費者金融から借りなければいけないときがあると思います。

消費者金融でお金を借りるデメリットをしっかり把握してから利用する必要があります。

金利が高い・金利が変動する可能性がある

昔ほどではないですが消費者金融は銀行より金利が高いです。10万円借りたとして金利が10パーセントなら合計11万円返済する必要があります。

感覚に個人差はあると思いますが、高いと感じる人のほうが多いでしょう。借入金額にもよりますが、少額の場合には上限利率が適用されることがほとんどです。

ちなみに、各消費者金融の借り入れ条件は以下のとおり。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

住宅ローンなどが組めない場合がある

消費者金融、カードローンなどを組んできちんとした返済ができていない場合には将来的に住宅ローンを組むことができない可能性があります。

金融機関は簡単に信用情報を照会することができるので注意しましょう。

利用上限額がある

消費者金融、カードローンには銀行とノンバンク(消費者金融、銀行以外)があります。

総量規制によってノンバンクは、個人の貸付け総額が年収の1/3までとなります。

ただし、銀行からお金を借りる場合は審査によって1/3以上借りることができます。

借りることがクセになってしまう

消費者金融、カードローンを始めて使用する場合には30日間無利息期間があって30日以内に返済するのであれば無利息になります。

最初に良い条件でお金を借りて助かってしまうと、次回以降はお金を借りるハードルが下がります。

そうするとカードローンでお金をかりることがクセになってきて、次第に借金返済ができなくなり、家庭崩壊、自己破産、最悪の場合には自殺というケースになりかねませんので、カードローンを使用するには最後の手段にしましょう。

まとめ

ここまで消費者金融・カードローンでお金を借りることのデメリットを紹介してきました。
時代の流れとともに社会における消費者金融の存在感は大きく変わってきますし、それは人々の人生を大きく変えるきっかけともなります。

消費者金融にはデメリットも少なくありませんが、上手に活用すれば生活を救ってくれる味方になります。

借りる前には返済計画をきちんと立てて、無理のない借り入れをおこないましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

カードローン消費者金融
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】