親子間でお金を貸し借りするときも利息は支払うべき?

親子間のお金の貸し借りと利息 お金の法律・手続き

万が一、返済ができなくなったときでも親子間の貸し借りなら融通が効きます。
もちろん、血の繋がった家族だからと言って甘えるのはいけませんが、どこの誰だかわからない人にお金を借りるよりはずっとマシでしょう。

お金の貸し借りで避けてとおれないのが「利息」です。
果たして、親子間のお金の貸し借りでも利息は支払う(受けとる)べきなのでしょうか?

利息を払わないと税金が発生する?

親子間で気軽にお金を貸し借りしている人は多いと思います。
しかし、じつは親子間でのお金の貸し借りをすると「贈与税」の対象になることがあります。

贈与税とは、親から子どもへ金銭的な供与があったときに発生する税金のことです。

親子間の口約束では「貸し借り」というかたちをとっていたとしても、そこに「利息」が発生しないと金銭貸借とは見なされません。

かたちは「貸し借り」であっても、利息をゼロにするということはお金をあげていることになります。
ですから、贈与税の対象になってしまうわけですね。

そもそも、利息ゼロで貸し借りをすると借りる人の経済的利益が発生することになります。

親子間の貸し借りは、いわゆる「ある時払いの催促なし」、つまり「お金に余裕があるときに返してね」という約束事になることが多い。そのため、税務署などは貸し借りではなく贈与とみなして税金の対象にしようとしてきます。

親子間の貸し借りでもしっかり利息を払うべき

贈与と見なされないためには、利息をしっかり払って「金銭貸借である」ということを客観的に証明する必要があります。

そのためには、親子間の貸し借りであっても「借用書」を作成しましょう。そうすることで、客観的にお金の貸し借りを証明できます。

ここで、あらためて金銭貸借を証明するために必要な要件を確認しておきましょう。

  • ・借用書(金銭消費貸借契約書)を作成する
  • ・利息は必ずつける
  • ・借り入れ額と返済額を適切な金額にする
  • ・返済は銀行振込で

借用書(金銭消費貸借契約書)を作成する

さきほど説明したとおり、親子間のお金の貸し借りであってもきちんと借用書などを作成してください。

なぜなら、客観的な証拠がないと金銭貸借ではなく「お金をもらっただけ」と判断されてしまうからです。

作り方に特別な決まりはありません。手書きでもWordでもOK。インターネットで検索するとフォーマットがダウンロードできますから、それをそのまま使っても問題ありません。

利息は必ずつける

利息が付いてない金銭のやりとりは、単純に贈与と見なされてしまいます。

では利息はいくら(何%)にすればいいのでしょうか?明確な基準はありませんが、少なくとも1%以上の利率で設定すると良いでしょう。

利率が低すぎると借り手が有利になってしまいますし、反対に高すぎるのも良くありません。

借り入れ額と返済額を適切な金額にする

借りる以上は、必ず返済しなければいけません。
たとえば親が子どもにお金を貸す場合には、いくら借りて毎月いくらずつ返済するのかを明確に借用書に記載する必要があります。

このとき、無理のある金額は無効となることがあるので注意してください。
たとえば子どもの年収が300万円なのに、親が3000万円を貸して毎月100万円ずつ返済させるといった内容の借用書です。

いくら何でも年収300万円の人が毎月100万円ずつ返すのはむずかしいですから、現実的ではありません。

実際に毎月いくらずつ返済できるのかしっかり計算をして借用書を作成するようにしてください。

返済は銀行振込で

返済したという証拠を残すためには、現金で直接払いをするのではなく銀行振込で支払いをしてください。

預金通帳や振込用紙などに返済した証拠が残るように心がけてください。せっかく返済をしていても、現金で払ってしまうと無意味になってしまいます。

ちょっとした貸し借りでも借用書は作成したほうがいいの?

住宅ローンやその他の大きな支払いのために親子間でお金の貸し借りをする人は多いでしょう。
しかし、なかにはちょっとした用事のためにお金を貸し借りする人も多いと思います。

たとえば親から1万円を借りた場合。こんな少額でもわざわざ借用書を作るべきなのでしょうか?

結論からいえば、多少面倒でも書面にして貸し借りがわかるようにしておくべきです。

とはいえ、少額のためにわざわざ借用書をつくるのもためらわれますよね。
親にお金を借りること自体に気まずさを感じる人も多いでしょうから、書面作成なんてもってのほかという人もいると思います。

その場合にはキャッシングやカードローンで借りることも検討しましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金の法律・手続き税金にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】