ほうれい線を消したい!プチ整形の値段はいくら?

ほうれい線を消したい!プチ整形の値段はいくら? 医療にかかるお金

歳とともに目立ってくるほうれい線、気になる方も多いのではないでしょうか。

しかし最近では整形技術が進歩してきているので、プチ整形によってほうれい線を消すことが可能になっています。

そこで今回は、実際にプチ整形を行うとなるとどれぐらいの費用がかかるのか、どんなメリットやデメリットがあるのかなどについて、説明していきます。

ほうれい線を消す方法は大きく分けて3つ!

ほうれい線を消すための整形の方法は大きく分けて3つです。

ヒアルロン酸の注入

最もお手軽に行える方法が、ヒアルロン酸の注入です。

美容整形で頻繁に用いられるヒアルロン酸ですが、そもそも体内に存在する成分であるため、副作用などの心配がほぼなく、効果がすぐ出るのが特徴です。

ほうれい線を消す場合には、ほうれい線の部分に直接ヒアルロン酸を注入して体内のヒアルロン酸と反応させることで、皮膚にハリを持たせてほうれい線を消す・目立たなくさせることができます。

高周波治療

ほうれい線だけではなく、顔全体で引き締め効果・若返り効果を得たい場合には、高周波治療がオススメです。

赤外線や超音波を肌の奥の真皮層まで届かせて刺激を与えることで、意図的に軽い「やけど」に近い状態にします。

そうすることで真皮層の細胞が活発に活動して、お肌のハリのもとであるコラーゲンの生成を促すことが可能になります。

顔全体のバランスを取りたいということで、ヒアルロン酸注入ではなく高周波治療を選択される方も増えてきています。

外科的治療(手術)

最後は手術という方法になりますが、大きく分けると2つの方法があります。

1つは肌を切開することなく、糸の力によってたるみを引き上げてほうれい線を消す「スレッドリフト」という方法。

そしてもう1つは肌を切開して、余分な皮膚を除去した後に縫い合わせることでほうれい線を消す「フェイスリフト」という方法です。

どちらも正式な方法ではありますが、今回は「プチ整形」がメインのテーマとなっていますので、これより後ではスレッドリフトを中心に説明を行っていきます。

ヒアルロン酸の注入の費用とメリット・デメリット

それではそれぞれの方法におけるおおまかな費用と、メリット・デメリットについて確認していきましょう。

まずはヒアルロン酸注入からです。

ほうれい線を消すためにヒアルロン酸を注入する場合の量の目安は、左右それぞれ1ccずつの計2ccが目安となります。

ヒアルロン酸は0.1ccにつき4,500円程度が目安の金額となるので、およそ9万円程度必要ということになります。

ただしクリニックによって値段の設定の仕方は異なるので、あくまで1つの目安としてお考えください。

おもなメリットとしては注射後にすぐに効果が出ること、そもそも体内にある成分なので副作用などの心配がほとんどないことが挙げられます。

逆にデメリットは、ヒアルロン酸が体内に吸収されきってしまうと効果が無くなってしまうため、効果を持続させるためには定期的(半年に1回程度)に注射を打ち続けることがある点です。

また、鼻のまわりは毛細血管が多い箇所でもあるので、注射によって内出血を起こしてしまう可能性があることもデメリットとして挙げられるでしょう。

高周波治療の費用とメリット・デメリット

続いては高周波治療について考えていきましょう。

赤外線を用いる場合と超音波を用いる場合で費用もメリット・デメリットも異なるので、別々に説明していきます。

赤外線は即効性はないが、効果が長持ち

赤外線を用いる場合の費用は1回につき数万円(4万円前後)で、クリニックにより多少の違いがあります。

月に1回の赤外線照射を3~4カ月程度継続することで、効果を持続させることが可能です。

ほうれい線が消えるだけではなく肌が全体的に若々しさを取り戻して、その効果が長持ちするのがメリットと言えそうです。

ただし、定期的に治療を受けなければならないことや、即効性があるわけではないため効果が出るまでには少し時間がかかることはデメリットとして挙げられます。

超音波は高いが、広範囲の施術が可能

超音波を用いる場合の費用は1回につき20万円弱が相場で、赤外線照射の場合よりはるかに高い費用設定となっています。

ただし広範囲の施術が可能で、コラーゲン再生を促す効果があるため、ほうれい線を消すだけではなくハリやツヤが出るなどの総合的な美肌効果を得ることができるのはメリットでしょう。

表皮のはるか奥にある皮膚の層まで刺激を与えるため強い痛みを感じることがある、少なくとも半年に1回程度は再治療の必要があるため費用もかさみやすい、といったことはデメリットです。

外科的治療(手術)の費用とメリット・デメリット

最後はスレッドリフトに関してです。

糸の費用は2本で10万円弱(9万円程度)のところが多いようですが、こちらもクリニックによって費用は変わってきます。

メリットとしては、手術でありながら局部麻酔を行うだけでありほぼ痛みもなく、効果も1~2年程度持続することが挙げられます。

また、皮膚の中に糸を通すことになるため、その刺激によってコラーゲンの再生が促されてハリやツヤがアップするという嬉しい副作用もあるようです。

反対にデメリットとしては、1~2年後には効果が無くなってしまうので再手術を受けなければならないことが挙げられます。

また、糸を通すことで術後に顔が腫れてしまう可能性があるのもデメリットとなり得ます。

プチ整形のためのお金が無ければカードローンの利用が便利!

3つの方法に関して費用やメリット・デメリットを確認してきましたが、どの方法を選ぶにしても10万円程度の出費は覚悟しなければいけないようですね。

ただしいきなり10万円が必要だといわれても、はいそうですかと10万円をポンと準備できるような人は少ないでしょう。

「プチ」整形であれ、それなりのお金が必要だと分かったからには、そのための費用を調達する方法を考えなければなりません。

そんなときにオススメなのが、最短即日融資も可能なカードローンを利用するという方法です。

借り入れたお金を何に使うかは自由なので、プチ整形の費用として利用しても何の問題もありません。

まとまったお金を借り入れても返済は分割で行えるため、その後の生活を圧迫することも少ないはずです。

うまく無利息サービスが利用できるような業者を選べば、返済の負担を抑えることもできます。

プチ整形をしたいと思ってからお金を貯め始めても、実際に必要なお金を貯められるまでには少なくとも数カ月程度は必要になるでしょう。

それならいっそのことカードローンのお金で整形を行ってしまったほうが、肌にも人生にも潤いを与えることが可能になるのではないでしょうか。

ぜひ検討してみてくださいね。

3つの方法の中から納得できる方法を選ぼう

以上、ほうれい線を消すためのプチ整形の費用やメリット・デメリットに関しての説明でした。

それぞれの方法で一長一短があったと思うので、自分なりによく吟味した上で最も納得できる整形方法を選んでもらうといいでしょう。

整形に必要な費用に関しては、最後に触れたカードローンの利用なども検討してもらえればスムーズに調達することが可能になると思います。

ほうれい線がコンプレックスなのであれば、ぜひプチ整形を行って自信を取り戻してくださいね。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

医療にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】