個人信用情報の開示はデメリットばかり?照会履歴で審査は不利になる?

個人信用情報の開示メリット キャッシングの審査

お金を借りるときに避けて通ることができない借り入れ審査。
個人信用情報が審査に大きく関係していることもあり、「自分の信用情報ってどうなってるんだろう?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そんなときは個人信用情報の開示をすることができます。照会すれば、いま現在のあなたの信用情報がどうなっているのかチェック可能です。

しかし、情報開示にはメリットとデメリットがあります。

いったい、どんなときに個人信用情報を開示すべきなのでしょうか?

個人信用情報を開示するメリットとは?

キャッシングやカードローン、さらにはクレジットカードの審査においても個人信用情報は重要視されます。

個人信用情報は、CIC(株式会社シー・アイ・シー)とJICC(株式会社日本信用情報機関)が扱っていて、金融会社のほとんどが審査のときに情報照会をします。

このときに何か問題があると、審査に通らなかったり、自分の希望する借り入れ額が借りられないこともあります。

情報開示のメリットについて見ていきましょう。

  • ・ブラック情報が残っていないか確認できる
  • ・情報次第では審査が有利になる

ブラック情報が残っていないか確認できる

まず前提として、過去にブラック履歴(延滞は不払い)などがない人は信用情報の開示は必要ありません。

なぜなら、そもそも過去に延滞歴がない人は信用情報に何も情報が残らないからです。

情報開示をすべき人は、過去に何らかのブラック情報が登録された可能性がある人。そして、情報開示の意味は「ブラック情報が残っていないか?」の確認になります。

過去の延滞歴などは、CICやJICCともに完済から5年間で消滅します。ですから、基本的にこの期間が経過している人は開示をする必要はありません。

一方、過去に延滞歴があったけどまだブラック情報が残っているだろうか?と不安に思う人にとっては、情報開示のメリットがあります。

また、完済から5年間が経過しているにもかかわらず審査に通らない、希望額が借りられないといった人も情報開示したほうが良いでしょう。

ごくまれですが、5年間が経過しているのにブラックリストから消えない場合があります。手続き上のミスなどが考えられるため、審査落ちが続く人は開示をしたほうがスムーズです。

情報次第では審査が有利になる

収入も安定しているし、仕事もしっかりしている。さらにブラックリストからも消えているはずなのに、なぜかキャッシングでお金が借りられない。なぜかクレジットカードを作ることができない。

こういった状態で悩んでいる人は個人信用情報の開示をしてみたほうがいいでしょう。

誤った情報が残っていた場合、開示をして修正してもらうことで通常どおりの審査をしてもらうことができるからです。

なぜか審査に通らない、という人にとっては情報開示のメリットが大きいでしょう。

個人信用情報を開示するデメリットとは?

情報開示をすることで自分がブラックリストに載っていないか?を確認することができます。

メリットが多いようにも思えますが、じつはデメリットもあるので注意してください。

  • ・情報開示にはお金がかかる
  • ・照会履歴が残るとローン審査が不利になる?

情報開示にはお金がかかる

CICやJICCに登録されているあなた自身の情報を知るためには、費用がかかります。

たとえばCICの場合には以下の3つの方法で情報開示をすることが可能です。

  • ・インターネット(1,000円)
  • ・郵送(1,000円)
  • ・窓口(500円)

情報開示の方法

出典:CIC公式サイト

一見すると無料で開示できそうな個人信用情報も費用がかかるわけですね。
いかがでしょうか。あなたは高いと感じますか?安いと感じますか?

開示方法としては、インターネットも最も手軽です。PDFファイルで印刷までできるので、使い勝手は良いでしょう。ただし、支払いはクレジットカード一括払いのみです。

窓口だと500円と安いのが魅力ですが、時間はそれなりに取られますし、なにより窓口まで行くのが面倒です。

こうしたデメリットがあるため、気軽に情報開示とはいかないのが難点と言えるでしょう。

照会履歴が残るとローン審査が不利になる?

キャッシングやクレジットカードの本審査を受けて、否決された場合にはその情報が登録されてしまいます。

つまり、審査に落ちて他の会社で再度審査を受けるときには不利になることが予想されます。なぜなら、審査をする会社はCICやJICCに情報を照会するからです。

こうした事情があるため、「個人信用情報の開示をすると、その履歴が審査に不利に働くのでは?」と考える人もいます。

結論を言うと、個人信用情報の開示履歴は審査になにも影響しません。ですから、二の足を踏むはないのです。

冷静に考えればよくわかりますが、自分の情報開示をしただけで審査に悪影響が出るようでは誰も情報開示なんてしないですよね。

本審査を受けて信用情報を確認するのはNG!仮審査を受けてみよう

さきほど説明したとおり、本審査を受けて否決されると、今後のキャッシングや住宅ローンにまで悪影響が出ます。

ですから、自分の信用情報を確認する意味で「試しに本審査を受けてみよう」というのはオススメできません。

信用情報の開示はしたくないけど、審査に通るか確認したい。そんなふうに考える人も多いハズ。

キャッシングやカードローンには仮審査という仕組みがあります。
簡単な項目を入力するだけで、あなたの希望額が借りられるかをネット上でチェックできます。

プロミスには3秒診断があります。ちょっとした空き時間でサクッと試せるので、おすすめですよ。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの審査
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】