親の病気の医療費が払えない…お金がないときの3つの解決策とは?

親の治療費が払えない 医療にかかるお金

あなたのご両親の治療費はどれくらいかかりますか?

高齢化が進み、今後も子どもが親を支える世帯は増えていくと言われます。
親の治療にを子どもが負担するわけですから、貯金がない世帯はなかなか厳しいですよね。

親の病気に使うための治療費が払えない場合、どうやって対処すればいいのでしょうか?
3つの解決策をご紹介します。

まずは自分や親族が払える治療費を計算しよう

親の治療費が必要になる事態になって、なかには「自分が払わないといけないのか?」と考える人もいます。
しかし、基本的には「相互扶助」という考え方があるので、あなたや親族でまかなうのがいいでしょう。

もちろん、義務ではありませんが用意できるに越したことはありませんよね。

ここでは、まずあなた自身や家族あるいは親族のなかで治療費を少しでも払ってくれる人はいないか相談してみましょう。

父親・母親の血縁関係には、経済的に余裕のある人もいるかもしれません。
相談しづらいかもしれませんが、あなた1人がお金のことで苦しむ必要はないのです。

そうして集まったお金が治療費には足りない金額でも、一部を負担する上できっと役に立つでしょう。

もし家族や親族からの資金援助が見込めない場合には、このあと紹介する公的制度を活用して下さい。

治療費が払えないときに活用できる公的制度とは?

もしあなたや家族、親族にお金を払う余裕がないのであれば公的な制度を積極的に活用しましょう。
病気になるまでは馴染みのない制度ばかりでしょうが、活用するとしないとでは経済的な負担が大きく変わってきます。

ここでは代表的な公的制度を3つに分けてご紹介します。

  • ・限度額適用認定
  • ・高額医療費制度
  • ・高額医療費貸付制度
  • ・生活保護制度・医療扶助

限度額適用認定ってなに?

これは医療機関に支払う1ヶ月あたりの治療費が自己負担限度額までにできる制度です。
病気にかかってしまい、高額な治療費が最初から見込まれるときに活用できます。

高額な医療費を自分で立て替える必要がないので、お金がない人でも負担が軽減できるわけです。

申込自体は郵送でも可能ですが、まずは患者の加入している保険者(保険組合や市区町村)に相談してみてください。

高額医療費制度ってなに?

わかりやすく言うと「治療費が一定金額を超えたら、超えた分の治療費を払い戻します」という制度です。

罹患している病気にもよりますが、治療費は高額になることがあります。

たとえば「がん治療」。先進医療を使った場合には、いまだに数百万円を超える治療費がかかることも。
分子標的治療薬や抗がん剤などは、特に負担額が大きくなります。

こうした治療費の負担を軽減するのが「高額医療費制度」です。

払い戻しを受けるには、患者が加入している健康保険に申請しなければいけません。
申請してから払い戻しまでには2〜3ヶ月の期間がかかります。そのため、今スグ治療費が必要な人には厳しいかもしれません。

というより、そもそも治療費を払うお金が手元にない場合には使うことができない制度でもあります。

高額医療費貸付制度ってなに?

”貸付”という言葉からもわかるように、これは「高額医療費に必要なお金を貸してもらう制度」です。

1つ目に紹介したように「高額医療費制度」はそもそも手元のお金がないと利用できません。
ですから、お金がない人でも事前に高額医療費を貸してもらえるのが「貸付制度」なわけです。

ただし、正確には”貸付”というよりは”立て替えてもらう”というカタチになります。

治療費は基本的にはその都度、窓口にお金を支払います。
一方の貸付制度は窓口に対して「貸付制度を利用するので、支払いを待って下さい」というニュアンスでお金を立て替えてもらいます。

貸付制度は、高額医療費として支給される金額の8〜9割を無利子・無担保で前借りできます。
貸付には医療機関が発行する請求書か領収書が必要です。いずれか、保険点数がわかるものを用意しましょう。

申請方法は、患者の加入している保険によって異なります。
保険証に記載されている保険組合や市区町村に問い合わせて確認してください。

生活保護制度・医療扶助とは?

生活保護というと、貧困で生活が困難な人が対象という印象があります。
しかし、じつは医療費を負担する上でも活用できる制度です。

誰しも最低限の生活が保障されており、生活保護法によって医療費の支払い負担が認められると全額免除となります。

ただし、生活保護を受けるためには条件に該当しなければいけません。
申請窓口はお住まいの市区町村ですので、相談してみましょう。

「わずか5万円の支払いも厳しい…」という人はどうする?

ここまで公的な制度を使って治療費を軽減する方法について見てきました。いかがでしょうか?
実際に支払いのことを考えると、現実的にむずかしい場合が多々あります。

なぜなら、さきほど説明したとおり「最初に自分で立て替える必要がある」からです。
たとえば高額医療費制度は、自分で最初に払えるお金がないといけません。

そのほかの公的制度も、少なからず自分のお金が手元にないと利用できないわけです。

高額な治療費に悩まされる人には「5万円の支払いもむずかしい…」という人もいます。
もし手元にわずかな資金的余裕がない人はどうすればいいのでしょうか?

考えるべき方法は以下の2つです。

  • ・兄弟や親族に借りる
  • ・ローンやキャッシングで借りる

1つ目は最初に紹介したとおり、兄弟や親族にお金の援助してもらう方法です。

2つ目は、ローンやキャッシングでお金を借りる方法です。
医療費が発生した人のなかには「とりあえず最初の資金だけ必要」というパターンが多くなります。

つまり、金額にもよりますが10万円や20万円だけ借りることができれば問題ないというわけです。

お金をキャッシングやローンで借りるのであれば、銀行や消費者金融があります。
利息が高いと思われがちですが、プロミスやアコムは「30日間無利息」で利用可能です。

お金の使いみちも自由なので「治療費で生活に使うお金がなくなってしまった…」という人にも頼りになります。

インターネットからカンタンに借りることもできますので、早めにチェックしてお金の不安とおさらばしましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

医療にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】