親からお金を借りるのはNG?大学生が自分のお金に責任を持つべき理由

大学生が親からお金を借りる 大学生にかかるお金

人生には節目となるタイミングがあります。その1つが「大学生」というステージです。

大学生にもなると高校生のときとは違うお金の使い方、管理の仕方が求められます。
授業料も高額になるので、お金関係のことは自分でキッチリしたいですね。

大学生が親からお金を借りるのはどうしてダメなのでしょうか?
その理由と、自分でお金を管理できるようになるための3つのコツをご紹介します。

なぜ大学生になるとお金がかかるのか?

親からお金を借りなければやりくりできないという状況は、支出が多すぎることが原因かもしれません。
つまり、「何にそんな多くのお金を使っているのか?」と把握するのが第一歩と言えるでしょう。

大学生がハマりやすい出費・浪費は以下のとおりです。

  • ・飲み代
  • ・一人暮らしにかかるお金
  • ・ファッション、洋服代
  • ・サークル活動費
  • ・大学の授業料

飲み代

必要のない飲み会に参加していませんか?

二十歳を迎えた大学生は、サークルやアルバイト先、ゼミの仲間などと飲み会をする機会が多くなります。
付き合いが多い人ほど、飲み会が増えるのでその分お金がかかります。

最近は1回の飲み会につき5,000円は予算として必要な傾向にあるので、それが毎週あれば5,000円×4=20,000円です。

一人暮らしにかかるお金

不要な一人暮らし、あるいはムダな食費を使っていませんか?

地方から出てきた学生や、家から遠方に大学がある学生は一人暮らしをすることになります。
家賃や光熱費を親の援助に頼っている人も多いですが、それ以外に食費や通信費や遊興費などが必要です。

毎月の親からの援助では足りずに「今月足りないから、お金貸してくれない?」というパターンに陥ります。

ファッション、洋服代

洋服にムダなお金をかけていませんか?

高校生のころは制服で良かった服装も、大学生になると私服が必要になります。
オシャレにどの程度のお金をかけるかは個人差がありますが、それでも最低限の洋服は必要になるのでお金が必要です。

サークル活動費

参加したくもないサークルにお金をかけていませんか?

サークル活動といえば大学生ならではの楽しみの1つです。強制参加ではないものの、やはり所属していることの満足感は大きいですよね。
とはいえ、何となく(仕方なく)サークルに参加している大学生も少なくありません。

サークルは合宿や遠征がつきものですので、予想以上にお金がかかります。

大学の授業料

私立大学は学部にもよりますが、トータルで400万円以上のお金が必要です。
奨学金で支払っている人も多いですが、それでも足りずに親から借りている人も多いものです。

授業料ばかりは節約できませんから、なるべく他の費用を節約していですね。

大学生はどうやってお金のやりくりをしている?

さて、大学生にはさまざまなお金が必要になります。
しかし、それらすべてを満たそうとするのは不可能な話。必ずどこかで調整しなければいけません。

親からお金を借りずにやりくりをしている大学生はどのようにお金を管理しているのでしょうか?

その方法は大きく分けて3つあります。

  • 1. アルバイトで稼ぐ
  • 2. 副業で稼ぐ
  • 3. キャッシングでの借り入れ

1. アルバイトで稼ぐ

最も多いのは、やはりアルバイトで自分のお金を稼ぐパターンです。
カフェや居酒屋、塾講師や水商売まで大学生がトライできるアルバイトはさまざまです。

なかには1ヶ月で20万円以上稼ぐ強者もいます。
親にお金を借りる気まずさ、申し分けなさを味わいたくないのであれば、自分でお金を稼ぐことに意識を向けましょう。

ただし、学業がおろそかになっては本末転倒です。最低限のラインをしっかりキープしましょう。

2. 副業で稼ぐ

副業という言葉は、本業とは別に何かをすることを指します。
大学生が本業だとすれば、副業で何かをしてお金を稼ぐ。これが2つ目の方法です。

具体的にはインターネットビジネス、フリマアプリの活用、ブログでの広告収入などがあります。

大学生は時間がありますから、自分でなにかアイデアを考えて起業に近いかたちでお金を稼いでいる人も少なくありません。

3. キャッシングでの借り入れ

意外と多いのが、大学生がキャッシングでお金を借りるという選択肢です。
アコムやプロミスをはじめとした消費者金融で、自分に必要な金額だけを借りてやりくりしている大学生は意外と多いのが実状。

「消費者金融で借りるくらいなら親に借りたほうがいいのでは?」

と思われるかもしれませんが、親にお金を借りるというのは非常にラクなので金銭感覚がおかしくなることがあります。
親からの借金は「苦労してお金を工面する・使う」という経験ができません。

親にお金を借りて心配をかけるくらいなら、自分の責任でお金を借りて返済をする。このほうが大人として大きな経験を味わうことができます。
さらに言えば、お金の仕組みや社会の仕組みを勉強するキッカケにもなるでしょう。

大学生であっても、アルバイトで収入があれば借り入れ可能です。わずか1万円程度でも借りられるので、気軽に利用できますよ。

アコムやプロミスはインターネットから簡単に申し込みができます。
まずは「お借入れ診断」をチェックして、お金が借りられるか調べてみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

大学生にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】