必ず聞かれる!カードローン審査の「他社借入額」とは?

カードローンの他社借入額 カードローン

カードローンは誰でも借りられるわけではなく、必ず審査があります。
審査内容はさまざまですが、そのなかの1つに「他社借入額」というものがあるのをご存知でしょうか。

この「他社借入額」とはいったい何を意味しているのか?わかりやすく解説します。

他のカードローンで借りている人は要注意!

他社借入額とは、その名のとおり「他のカードローンで借りている金額」のことをいいます。

すでに他のカードローンでお金を借りている場合、あらたにカードローン契約をするときには「他のカードローンでいくら借りているか?」を申告しないといけません。

なぜそんなことをする必要があるのでしょうか?

総量規制という決まりごと、知っていますか?

他社借入額の申告が求められる理由はズバリ、総量規制という法律の決まりごとがあるからです。

総量規制とはなにか?というと、わかりやすくいえば「年収の3分の1を超える借り入れはできません」という決まりごとです。

昔はあなたがカードローンでいくらお金を借りても問題ありませんでした。自己責任で好きなだけ借りてね。というスタンスだったわけですね。

しかし、時代は流れ、お金を借りすぎてしまう人が続出し自己破産する人まで出てきました。

それではいけない!ということで登場したのが「総量規制」というわけです。

つまり、借入額を規制して「年収に対して余裕のある金額まで借りるようにしましょう」ということになりました。

カードローンの申し込み時には他社借入額を入力するわけですが、「すでに他社からの借り入れが年収の3分の1を超えてないか?」を審査するために必要なんですね。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

もう少しだけ総量規制の話が続きます。
さきほど、年収の3分の1を超える借り入れはできないとお話しました。

しかし、じつは銀行のカードローンは総量規制の対象外です。総量規制の対象になるのは消費者金融だけ、とおぼえておきましょう。

その理由は、法律がちがうからです。総量規制は「貸金業法」という法律に書かれているのですが、貸金業法は銀行には適用されません。

つまり、貸金業法は消費者金融のみに適用されるので、消費者金融のみに総量規制が発生するということなのです。

アイフルで今すぐお金を借りる方法とは?

年収300万円の人は、いくらお金を借りられる?

具体例をあげて説明しておきましょう。
あなたの年収が300万円だとします。すでにプロミスから100万円の借り入れがあった場合、あたらしくアイフルからお金を借りることはできません。

なぜか?アイフルは消費者金融なので、総量規制の対象となってしまうからです。

しかし、すでにプロミスから100万円の借り入れがあったとしても、三菱東京UFJ銀行カードローンで借り入れすることはできません。

なぜか?三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行なので総量規制の対象外だからです(あくまでも仕組み上の話。審査によっては借りられないこともあります)。

ですから、もし他社借入額がすでに年収の3分の1を超えてしまっている人でも銀行系のカードローンなら借りられる可能性はある、ということなのです。

他社借入額は正直に答えるべき?

他社借入額というのは、カードローンの審査をするときに確実に聞かれる内容です。

すでに他社からお金を借りている人はこんなふうに考えるかもしれません。

「他からお金を借りてるけど、バレないように他社借入額は0円にしちゃおう」

残念ながら、他社借入額はごまかすことはできません。たとえば他からお金を借りていたとしても、他社借入額には正直な金額を入力してください。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

あなたのカードローン借入額は他社に共有されている

なぜ他社借入額を正直に申告する必要があるのか?
その理由は、あなたの借入額はすべて他のカードローンにも共有されているからです。

たとえば、すでにアイフルで借りている金額はプロミスやSMBCモビットなど他のカードローンにも共有されています。

信用情報機関というものがあります。これは、誰がどこでお金を借りているかを第三者の立場で管理する場所です。

あなたから借り入れの申し込みを受けたカードローン会社は「この人は、他社から借り入れをしていないだろうか?」ということを、信用情報機関に問い合わせます。

そこで現在の借り入れ額が簡単にわかってしまうので、たとえあなたが申し込み時に申告をしなくても審査のときに発覚します。

ですから、カードローンの申し込み時には必ず他社借入額を正直に申告するようにしましょう。

ちなみに、他のカードローンを持っていても借り入れ額がゼロ(すでに完済)の場合には、関係ありません。カードローンのカードを持っているだけであれば、他社借り入れ額を気にしなくて大丈夫です。

他社借入額を考慮して返済シミュレーションを試そう

最近のカードローンはインターネットからの申し込みが主流になってきています。

ですから、返済シミュレーションをするときにも他社借入額を含めたうえで審査を受けたいところ。

プロミスとアイフルは、ネットの仮審査で他社借入額を入力することができます。
つまり、他社借入額がある人でも借り入れができるだろうか?ということを、ネット上で確認することができるのです。

もちろん仮審査が通ったとしても、本審査に必ず通過するわけではありません。でも、仮審査のときに他社借入額を考慮できるので審査の不安や手間は大きくカットすることができるでしょう。

他社借入額が心配な人は、アイフルやプロミスでまえもってシミュレーションしておきましょう。

アイフルで今すぐお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

カードローン
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】