葬儀費用が払えないときの5つの解決策とは?

葬儀費用が払えないときの4つの解決策 冠婚葬祭にかかるお金

結婚式、住宅、マイカーローン、教育費用のために貯蓄している方は多いかもしれません。

しかし、お葬式は突然やってくるものであり、葬儀費用のために貯金をしている人は少数です。

いざ親族が他界したときに、葬儀費用が出せないというケースも少なくありません。

ここでは葬儀費用が払えないときの3つの解決法を紹介します。

1、葬儀ローンを活用

葬儀用のローンを活用すれば急な出費に対応できる

故人が生前から病気を患っていたり高齢だった場合は多少なりともお金を貯めているかもしれません。しかし、事故などで突発的に起きた葬儀の場合、なかなか手元にお金が無いという状況も考えられます。

そんなとき、強い味方になってくれるのが葬儀ローンです。

オリエントコーポレーションをはじめとする保証会社が運営しているサービスで、どうしても葬儀費用が足りないという方は利用しても良いでしょう。

ただし、葬儀代金を借りるための「ローン」となるため、「いつか葬儀があるかもしれない」という理由では借りることができません。葬儀に関わる出費以外のためにお金を使うことはNGです。

さらに、金利は10.0%程度と高いので無闇に借りると返済に困ってしまう可能性もあります。

審査落ちに注意する

大切な家族だからこそ、葬儀をしっかりと執り行いたい。そのため、多くの家族では豪華なお葬式を契約してしまうケースがあります。そして、出された見積書の金額に驚くことも少なくありません。

故人の最期だから、という思いも強くなるので自分たちの経済力を超えた出費をしてしまうことも多くあるわけです。

葬儀ローンにも審査は必要なので、審査内容によっては借りられない可能性もあるでしょう。

もし葬儀ローンを活用するのであれば、あらかじめ支払える範囲内で葬儀プランを立てることをおすめします。

火葬式、一般葬、家族葬など葬儀形態によっても料金が変わるのでよく検討しましょう。

また、クレジットカードの滞納歴があったり、債務整理の過去がある場合には葬儀ローンの審査に通らない可能性もあるので注意が必要です。

2、身近な人たちに相談する

親戚や知人に葬儀費用を工面してもらうのも1つの方法です。

非常にクラシカルな方法ではありますが、葬儀代がどうしても支払うことができないときは親戚・知人に相談してみるのも手段のひとつでしょう。

故人がどのようなつながりがあったかによって変わってきますが、近い親族や知人であれば協力してくれる可能性があります。

もちろん故人と一番関係が近い家族が負担すべきものではありますが、打診だけはしてみてもいいでしょう。

そのとき、どれくらいお金が足りないのかを明確にしておくことをおすすめします。

3、クレジットカード・分割対応の葬儀屋を選ぶ

通常、葬儀というのは一括で支払いを行うものです。さらに、手数料や支払い滞納などのリスクを回避するために、ほとんどの葬儀屋が分割やクレジットカード対応をしていません。

ただし、近頃では一括で支払うことが難しい家庭が多いという事情もあり、分割払いに対応してくれるケースがあります。

お通夜や葬儀は早めに決断しなければならないことが多いですが、支払いがむずかしいとはじめからわかっているのなら「分割払いに対応している葬儀業者」を早めに見つけたほうが良いでしょう。

4、キャッシングを利用する

どうしても葬儀代を支払うことができないということであれば、消費者金融などでキャッシングを利用する、ということもひとつの手段です。

大手消費者金融や銀行カードローンは、最短即日融資に対応しているのでその日のうちに現金を用意することも可能です。ただし、14時までに最終的に審査を終えないと、振込が翌日となるので注意です。

借りる金額にもよりますが、50万円程度だと実質年率は17.8%が目安となります。

葬儀ローンの10%前後と比べるとやや高めではありますが、審査スピードなどを考えるとキャッシングも検討する価値はあるでしょう。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

急ぐなら大手消費者金融がおすすめ

葬儀費用を急ぐのであれば大手消費者金融がおすすめです。

銀行などではキャッシングサービスの審査に時間がかかるケースもあり、さらには審査落ちする可能性も高まります。銀行のほうが審査が厳しいからです。

今すぐお金が必要ということであれば、消費者金融を使ったほうがスムーズかもしれません。

5、故人の保険などから支払う

どうしても自らの力で葬儀代を出せないということであれば、故人の貯蓄や保険からの支払いをするしかありません。

ただし、貯蓄を引き出すためには戸籍や相続人の戸籍謄本が重要となるため、用意する時間が無い方は葬儀屋と相談するしかありません。

また、健康保険加入者であれば一定の補助金額を受けることができますが、申請が必要です。

これらの方法は「自分が亡くなったときに利用してよい」、ということを故人があらかじめ遺書などに残しておかないと親族間でトラブルになる可能性があるので注意です。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】