お金がない新婚の生活費がラクになる3つの方法

新婚で生活費が足りない人へ 生活費にかかるお金

新婚生活にどれくらい生活費がかかっていますか?

新婚生活にはなにかとお金がかかるものです。
思っていたよりもお金がかかってしまい、夫婦生活に支障がきたすのは考えもの。

一緒に暮らすと財布が2つになるから負担が軽くなると言います。
しかし、結婚資金や養育費など新婚当初はお金がかかりますよね。

ですから新婚生活は生活費が足りなくなる人が多いのが実情です。

生活費が足りないと夫婦生活も円滑に進まなくなる危険性もあります。
どうすれば新婚生活をラクに送ることができるのでしょうか?

今回は新婚生活を豊かにするために知っておきたい「お金の話」です。

新婚生活で負担になっているのはどんな費用?

生活をしていると、気づかないうちにたくさんのお金が出ていきます。
ですから、生活費が足りない人は支出や収入のバランスが崩れている可能性があります。

まずは夫婦で話し合いをして新婚生活を見直してみましょう。
そのなかで生活費を奪っている「元凶」を見つけ出すことが最初のステップです。

生活費はおもに以下の項目で構成されています。

  • ・食費
  • ・光熱費(電気、ガス、水道)
  • ・家賃代
  • ・通信費(携帯電話、インターネット、新聞など)
  • ・車の維持費(ガソリン代、自動車保険料、自動車税)
  • ・交際費、遊興費

食費の見直しポイント

新婚の食生活

まずは1日あたりに夫婦2人が使える食費を決めることからはじめましょう。
そのためにはまず、「食費を毎月いくらに抑えたいか?」を決めることが大切。

たとえば夫婦2人で毎月3万円の食費に決めたとしましょう。
すると、1週間あたり7,500円、1日あたり1,071円使えることになります。

自炊は節約できるといいますが、場合によっては惣菜で済ませたほうが安く済むことは往々にして起こります。

はじまったばかりの新婚生活では食生活の習慣が掴めないことも多いはず。
少しずつ夫婦の食費にかかるお金の傾向を把握するようにしましょう。

食費が足りなくなることがないよう、家計簿アプリなどを活用するのも1つの方法です。

光熱費(電気、ガス、水道)の見直しポイント

光熱費の見直し

こまめにスイッチを押して、ムダな電気やガスは使わないのは鉄則です。水道の出しっぱなしの言語道断。

それ以外に気をつけたいのが「生活リズム」です。

毎日の夫婦生活を振り返ってみていかがでしょうか?夫婦2人の生活リズムはどうですか?
同じくらいの時間に起きて、同じくらいの時間に寝られていますか?

2人の生活のリズムを合わせると光熱費の節約につながります。

たとえばお風呂。一度沸かしたお風呂は時間を空けずに入るようにすれば、ガス代の節約につながります。

また、夜は同じ時間に寝ることで室内灯を点けている時間が短縮されるため、電気代の節約にもなります。

家賃を安くする方法がある?

新婚生活をはじめたばかりでも、家賃については最重要項目として節約対象に入れて下さい。

住んでみて「こんな高い家賃の家じゃなくてもいいかも?」と思うポイントはありませんか?

賃貸の更新までお金を貯めておいて、もう少しグレードを落とせないか検討しましょう。

また、敷金・礼金は最低でも「1・1」の物件を選ぶようにしてください。
最近は減りましたが、ごくまれに「2・2」という物件もあります。

特に礼金は返ってこないムダなお金です。交渉の余地があるので、必ず確認しておきましょう。

通信費の見直しは効果絶大

毎月のインターネット、携帯電話などムダな支払いがないかよくチェックしてみてください。

特に多いのが携帯電話のオプション料金です。
使ってもいない留守番電話や着うたなど、見直すことで数千円もの節約ができることがあります。

携帯電話会社のマイページから簡単に解除できますので、今スグにでも確認しておきましょう。

また、携帯電話の本体料金を滞納すると信用情報にキズがつく可能性もあります。

車の維持費

駐車場代、ガソリン代、保険料など、車の維持にもお金はかかります。
新婚生活に本当に車は必要なのか?ということを夫婦でよく話し合ってみてください。

特に都心に住んでいる人は、電車がタクシーを活用できないか検討してみましょう。

車が欠かせない地域に住んでいる人は、エコ運転を心がけることが大切です。
急ブレーキ、急アクセルなどは燃費悪化につながります。

車の維持費を節約できれば、家計の負担は大幅に軽減できるはずです。

生活費の見直しで、新婚生活はガラリと変わる!

まずはここまでに紹介した項目を1つずつチェックしていきましょう。

どこかにムダを省ける要因はありませんか?

とくに食費は生活費に占める割合が多いので要チェックです。
また、通信費についても使っていないオプションや基本使用料を見直すことで毎月数千円の節約につながります。

できれば新婚生活に合わせて夫婦で話し合う場をもうけましょう。
どちらか一方だけが生活費を節約しようとしても、ストレスがたまります。

夫婦が納得できる生活費を一緒に考えることが上手くいく秘訣です。

収入を増やせば新婚生活はラクになる!

収入アップ

言うまでもないことですが、新婚生活は収入を増やすことでラクになります。

生活費の支出を見直すことは大切ですが、収入を増やすことができれば生活費が足りなくなることは防げるはず。

「収入を増やす」と聞くと、少しむずかしい印象を抱く人もいるかもしれませんね。
しかし、じつは収入を増やす方法はさまざまな種類があります。

  • ・新しく仕事を始める(アルバイト、パート)
  • ・株式、FX
  • ・インターネットの転売
  • ・不要なものをリサイクルに出す
  • ・せどり、アフィリエイト

アルバイト・パートをはじめてみる

収入を増やす手っ取り早い方法がアルバイトやパートなどを始めることです。

専業主婦の方であれば、家事にくわえて短時間でもいいので外で働いてみましょう。
ご主人であれば、少し体力的には厳しいですが土日のどちらかを短期のアルバイトに費やすのも方法です。

たとえば週3日のシフトで1日4時間、時給900円のパートを始めたとしましょう。
そうすると1ヶ月で43,200円の収入です。

これであれば1ヶ月の食費は十分にまかなうことが可能です。
生活費の大きな割合を占める食費がまかなえれば、負担は軽減します。

自宅で出来る仕事も要チェック

パートに出るのはちょっと…という人は、自宅で出来る仕事を始めてみましょう。

株式やFXは最初の資金が必要ですし、ある程度の勉強も必要です。
しかし、リスクをしっかり分散しておけば、安定的な副収入になることがあります。

それ以外も最初の勉強が必要ですが、自分の能力として身につけば、一生使える武器にもなります。

メルカリなどのフリマアプリを使って不要品を売るのも良いアイデアです。
実際に出品してみるとわかりますが、面白いように売れますよ。

足りない生活費をキャッシングで借りるのはアリ?

新婚夫婦のキャッシング

生活費が足りないと一口に言っても、金額には大小あります。
わずかな金額であれば我慢することもできますが、場合によっては生活に悪影響が出ることも。

出費の目的によっては、カードローンなどを使って一時的にお金を借りるのも1つの方法です。

実際のところ、新婚夫婦の約3割は生活費が足りずにキャッシングでお金を借りているという実態があります。

新婚生活でお金を切り詰めることは大切です。
しかし、それで生活に悪い影響が出てしまっては元も子もありません。

たとえば、以下のようなケースではキャッシングを検討したいところです。

  • ・子どもの養育費が多くなってお金が足りない
  • ・結婚資金が高く、生活費が足りなくなった
  • ・高い家電を買ったので、一時的にお金が不足した

もちろん上記のケース以外でも、急な出費でどうにかしたい!というときには借り入れを考えましょう。

ふだんは生活費をきちんと回せているけど、その月によっては急な出費が発生することもあります。
ですから「なんとか今月だけ生活費を工面したい」という人であれば、キャッシングやカードローンを検討する価値があるでしょう。

キャッシングやカードローンは、特に使用目的を決める必要がありません。
使いみちは自由なので、足りない生活費を埋めるために使うことも可能です。

借入額も1万円〜と少額になっているので、自分の不足額に合わせて借りることができます。

もちろん、しっかりとした計画を立てておくことは重要です。
毎月一定額を返済するのか?来月の給料でまとめて返済するのか?

そういった具体的なプランはあらかじめ立てておきましょう。
なるべく、新婚生活を送る夫婦2人で話し合って決めるのがベストです。

カードローンやキャッシングは運転免許証や健康保険証があれば申し込むことが可能です。
新婚で生活費が足りないという人は、1つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

まずはカンタンなチェック項目で、借り入れ可能か確認してみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

生活費にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】