引っ越しのお金がない!費用を安く済ませる5つのコツ

引っ越しのお金がない!費用を安く済ませる5つのコツ 引っ越しにかかるお金

転校や転勤に単身赴任と、人生で引っ越しをする機会というのは意外と多いものです。

しかし引っ越しは大がかりな作業ですし、何より費用もかなりかかるのが難儀です。

そこで、引っ越しの費用をなるべく安く抑える方法をいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお今回は、「引っ越し」という作業にかかる費用を抑える方法に特化しています。

引越し業者の”相見積もり”は必須

費用をできるだけ安く抑えるために欠かせないのは、複数の業者に引っ越し費用の見積もりをしてもらう「相見積もり」という作業です。

相見積もりを行うと、それぞれの業者から料金の提示があります。

その後、その金額をもとにしてそれぞれの業者と交渉を行っていくわけですが「他の業者さんならもう少し安くやってもらえるみたいなんですよねえ」などと伝えてみましょう。

各業者は、自分のところに任せてもらうためにあの手この手で値引きを行ってきて、最終的に最初に提示された料金の半分近くになることもザラにあります。

実際に筆者も引っ越しを行うときに最初に提示された金額は96,000円でしたが、他社の相見積もりの金額をもとに交渉を行った結果、最終的に57,000円で引っ越すことができたことがあります。

相見積もりは、賃貸物件のポータルサイトや引っ越しサイトなどから手軽に行えます。また、自分で業者に直接電話をかけて金額を聞いてもOKです。

「何を差し置いてもまずは相見積もり」、これは引っ越し費用を安く抑えるために忘れてはいけません。

引っ越し閑散期を狙って引っ越しをする

観光・流通など色々な業界には繁忙期・閑散期があり、それに応じて料金相場は変わるものです。

同じことが引っ越し業界にも当てはまります。引っ越す人が少ない時期を狙って業者に依頼をすれば費用を安く抑えることができます。

一般的に引っ越し業界の繁忙期は、新学期や期変わりの直前である2〜3月と9月と言われているため、このタイミングをずらして引っ越しを行うようにしましょう。

特に繁忙期直後の4,5月や10,11月は、特に引っ越し件数が落ち込むタイミングなので、値段交渉も行いやすくなるためオススメです。

業者としても「この時期はお客さんも少ないし、多少安くしてもいいか」という心理になるので、見逃せません。

繁忙期でも業者の都合に合わせると安くなる可能性が

しかし、会社や仕事の都合もあるから自由なタイミングで引っ越しができないという人もいると思います。

そんなときは、繁忙期の中でも業者にとって都合のいいタイミングで引っ越しを行うことで、値段を安くしてもらえることがあります。

引っ越し業者は稼働率が命なので、空いた時間をうまく埋めてくれるような引っ越し案件に対しては、多少ですが値引きをしてくれます。

「○日~◯日の間であればいつでもかまわないんで、できるだけ費用を抑えられるところでお願いします」とお願いしてみましょう。

また、時間帯も重要です。「◯日の◯時にお願いします」と指定するよりも、「時間はおまかせします」という条件のほうが、値段が安くなります。

他の引っ越し便とまとめてもらう

稼働率が命というのは、何も時間に限ったことではありません。
引っ越し業者の人はトラックに荷物を積んで引っ越しを行うわけですから、トラックに荷物がパンパンに詰まっているほうが効率はよくなるわけです。

そこで、他の人が引っ越しを行うトラックの空きスペースに自分の荷物をついでに積んでもらうという手法が、費用を抑えるためには有効です。

業者によっては「おまとめ便」などのような名前でサービス化している場合もあります。

そういったサービスが商品としては成立していない業者でも、「他の人の荷物と一緒でいいんで積んでいってもらうことってできますか?」と聞いてみましょう。
大抵の場合は快諾してもらえます。

業者に対する印象もよくなり引っ越し費用も抑えられる、魔法のような方法と言えるかもしれませんね。

独り身なら単身パックを利用するのもあり

独り身で引っ越しをする、もしくは単身赴任などで荷物が少ないというような場合は、単身パックを利用することで費用をグッと安く抑えられます。

単身パックとは、決められた大きさのカーゴに詰めるだけの荷物に限定することで、引っ越し料金を安くできるというサービスです。

単身パックを申し込むと、引っ越し日より前に荷物を詰めるカーゴだけが自宅に届きますので、その中に荷物を詰めておきましょう。

引っ越し当日はそのカーゴを引っ越し業者の人に渡すだけで完了です。荷物が少ない人は積極的に活用したいですね。

あふれそうな荷物はいっそのこと自分で運んでしまおう

単身パックの欠点は「カーゴに詰まりきらなかった荷物は別途費用が発生する」ということでしょう。

せっかく単身パックで安く済ませようとしているのに、計算ミスで入りきらない荷物があったとなってしまえば余計な出費が発生してしまいます。

荷物があふれてしまいそうな場合には、あふれた分はいっそのこと自分で運んでしまうというのも1つの手です。

キャリーバッグなどをお持ちならばその中にある程度の荷物は入るでしょう。

そこにあふれた分を詰め込んで自分で運ぶことで、追加料金の発生を防ぐことができます。安く抑えるためには努力も必要ということですね。

軽トラをレンタルして自分で引っ越し

ここまでは引っ越し業者にお願いすることを前提として安く済ませる方法を考えてきました。

しかし、自力で全ての荷物を運んでしまえば引っ越し業者に支払うお金も発生しませんよね。

そこで、自分で軽トラや1トントラック程度の車をレンタルして引っ越しを行うという方法も有力となります。

ただし、引っ越し業者の人にお願いできない分、荷物の梱包や運び入れ・運び出しなどは全て自分たちで行わなければなりません。

友人等に協力をお願いできたり、そもそも荷物が少ないので比較的楽だったりといった条件が整っていないと難しいかもしれません。

とはいえ、引っ越し繁忙期や閑散期などの時期に左右されずに自分たちの行いたいタイミングで引っ越しを行えるのはメリットと言えるでしょう。

力自慢の家族や友人、運転に自信のある人がいるのであれば十分検討対象になる引っ越し方法です。

中距離程度までが限度かも

引っ越し業者にお願いする場合の値段には、今の住まいから引っ越し先までの交通費も含まれています。

引っ越し先が遠方で移動に高速道路を利用しなければならない場合には、自力で引っ越そうと思うとその分も自己負担となります。

また、遠方の場合は引っ越し作業も1日では終わらないでしょうから、レンタカー代も2日分支払う必要が出てきます。

こういったことを考えると、自力で引っ越しをした場合に引っ越し業者の人にお願いしたよりも安く済ませるためには、いくつかの条件を満たさなければならなさそうです。

中距離程度の引っ越しであり、できれば高速道路を利用せず、当日中にレンタカーの返却ができる。

このような条件を満たせないのであれば、素直に引っ越し業者の人にお願いしたほうがいいかもしれません。

安くするコツを知っているかいないかで引っ越し費用にはかなり差が出る

以上、引っ越しの費用をなるべく安く抑える方法の紹介でした。

こういった手法に関しては、引っ越しの経験が多いと自然と身に付いていくものですが、引っ越し経験が無い・少ない場合には知らないものです。

事前にこのようなコツを抑えておくことで、無駄な出費を抑えて効率的に引っ越しができるようになります。

引っ越しを行う機会が多ければ多いほど、コツを知っているかいないかでお得度に差が出ますので、ぜひ覚えておいてくださいね!

ちなみに「引っ越しのお金がない」という人はキャッシングで借りるのも1つの方法です。キャッシングはお金の使いみちが自由なので、引っ越し費用だけでなく物件に必要な初期費用などに充てることもできます。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

引っ越しにかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】