携帯電話の料金が払えない!滞納して支払わなかったらどうなる?

携帯電話料金が払えないで滞納 生活費にかかるお金

携帯電話はスマートフォンの普及でさらに便利になりました。
しかし、ガラケーに比べると料金が高いのが気になるところ。

実際、スマートフォンで料金が上がったことによって、携帯料金が払えずに滞納する人は増えています。

もし支払わないで滞納が続いた場合、どうなってしまうのでしょうか?
ドコモ、ソフトバンク、auなど、携帯電話会社ごとに滞納時の対応をチェック。

合わせて、携帯料金を支払うために知っておきたいコツをご紹介します。

携帯電話の料金には2つの種類がある

さて、携帯電話料金といっても大きく分けて2つあります。
1つは通話代や通信費。もう1つは携帯電話端末料金です。

iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及によって、通信費はもちろん端末料金も上がっています。

端末料金は高い場合だと10万円以上することも少なくありません。
そういった人の多くは、分割払いを選ぶ傾向があります。

つまり、端末代金と通信費を合算して毎月支払っているわけですね。

ですから、携帯電話料金が支払えないというのは「端末料金+通信費(通話代)」が払えていないということになります。

あとでくわしく説明しますが、端末料金の分割払いの滞納は信用情報機関でブラックリストに載る恐れがあります。

しっかり確認して、一刻も早く支払うことをオススメします。

まずは通話代や通信費が払えない場合(滞納)について見ていきましょう。

毎月の通信費・通話代を滞納するとどうなる?

携帯料金の滞納

さて、まずは毎月の携帯電話料金(通信費と通話代)の滞納についてです。

あなたは毎月携帯料金をいくら支払っていますか?
人にもよりますが、平均して1万円前後が多いのではないでしょうか?

なかには2万円や3万円、それ以上という人もいます。
それくらい携帯電話の料金はかさむものです。

携帯電話料金が払えずに滞納をすると、以下のような流れで話が進みます。

  • 1. 利用停止になる
  • 2. 強制解約される
  • 3. 債権の回収へ

1. 利用停止になる

携帯電話料金を払わないと、まずケータイが使えなくなります。
具体的には通信(メール・インターネット)や通話がストップするということです。

携帯電話料金は各社支払期限が毎月決まっていて、ドコモの場合には月末の支払いになっています。

この期限を過ぎて支払わずにいると「料金振込みのお願い」といった旨の催促状が届きます。
そこには「◯月◯日期限の料金が支払われていません」という内容の記載があります。

合わせて「△月△日までに支払いがないと、利用停止となります」という記載も。
気になるのは「何ヶ月で利用停止になるのか?」です。

利用停止になるのは、支払期限から約1ヶ月後となります。
催促状と合わせて、利用停止日の予告もされるということです。

メール、インターネット、通話が使えないので携帯電話としての機能はほぼ果たしません。
この段階で滞納せずに支払いができれば、支払ってスグに利用を再開することができます。

支払いは催促状と一緒についている払込書で行うことがほとんど。
コンビニなどで払うことも可能です。

2. 強制解約される

催促状が家に届いて、スグに支払えば問題なく契約は継続されます。

しかし、この支払い期限を過ぎても携帯料金を支払わないと話は少しずつ深刻になっていきます。
料金を滞納していると、やがて強制解約となるからです。

ではいったい、何ヶ月で強制解約になるのでしょうか?

強制解約になるのは、料金滞納から2ヶ月ほど。
つまり、利用停止になってからわずか1ヶ月程度で強制解約となるということです。

携帯料金を支払わない人の中には「多少は滞納しても何とかなるでしょ?」と軽い気持ちでいる人が少なくありません。
しかし、強制解約は免れないのです。

また、その中には「強制解約になっても、他の会社で契約すればイイだけの話」と考える人もいます。
残念ながら、そんなに上手い話はありません。

なぜなら、A社で強制解約になった事実はB社・C社にも共有される可能性があるからです。

滞納した金額を全額支払わない限り、他のどの携帯電話会社とも契約できません
その期間は5年間。滞納を続けていると、5年間は携帯電話を利用できなくなると考えて下さい。

ただし、強制解約になった後でも、スグに滞納分を全額払えば他社と契約することは可能です。

3. 債権の回収へ

携帯電話の料金を滞納し、支払わずにいるとやがて強制解約になります。
では、滞納している料金はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、支払っていない分は必ず取り立てが行われます。
取り立てというと何やらコワイ印象もありますが、携帯電話会社は未払い分の使用料は確実に請求してくるということです。

とはいって、携帯電話会社が直接請求してくるわけではありません。
債権を回収する専門の会社が名乗りを上げて、あなたの未払い分を請求してきます。

ずっと支払わなければ、いつかなんとかなると考えている人は今スグ支払うための手段を講じる必要があるのです。

ちなみに、滞納している料金には延滞金が加算されます。
延滞金の料率は約15%。たとえば10万円滞納している人は、1年間で約1500円の延滞金が上乗せされる計算です。

よく言われるのが「延滞金を放っておくと裁判になる」という話です。
高額な滞納金がある人が請求されることはありますが、実際に起きるケースはまれ。

とはいえ、長い目で見たら滞納金を放って置くのはオススメしません。

他でお金を借りる方法をとってでも、スグに支払うのが賢明です。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

携帯電話端末の料金が支払えない場合は?

携帯電話端末の料金が払えない

ここまでは通信費や通話代などの携帯電話料金未納について見てきました。

ここからは携帯電話”端末”の滞納について見ていきます。

携帯電話端末の料金は、毎月の料金と合算しているため支払っている意識が低くなりがちです。

しかし、端末料金の滞納は通信費や通話代の滞納とはちがって恐い側面があります。

なぜ端末料金の滞納は恐いのでしょうか?
その理由は、いわゆる「ブラックリストに載る」からです。

携帯電話端末の分割払いは多くの人が利用していますが、じつはこれ、クレジット契約といって信用情報が関わってきます。

分割払いは、借金に似ているところがあります。
携帯電話会社が代金を立て替えてくれる仕組みだからです。

そのため、端末の分割払いを契約した時点で信用情報機関にあなたの情報は登録されています。
それなのに、滞納をしてしまったら…答えは言うまでもなくアウトです。

端末代金の滞納をすると、信用情報にキズがついてしまい、完済から5年間は情報が消えません。
そのあいだは、クレジットカードの作成・各種ローン(住宅ローンや自動車ローン)を組むのが厳しくなります。

こういった事情があるため、端末代金の滞納は使用料金の滞納よりも恐いのです。

お金がない…それでもスグに携帯料金を支払うには?

携帯電話料金を支払う方法

携帯電話料金の滞納がいかに恐いか、おわかりいただけましたか?

とはいえ、滞納する人はお金がなくて困っているわけです。
いくら支払えといっても、支払うお金がなくてはどうしようもないですよね?

ではどうすればいいか?方法は大きく分けて2つあります。

  • ・不要なモノを売ってお金をつくる
  • ・キャッシングでお金を借りる

不要なモノを売ってお金をつくる

急を要するわけですから、いま家や手元にある「売れそうなモノ」を売ってお金をつくりましょう。

携帯電話の滞納額がいくらかによりますが、上手く売却できれば1〜2万円程度のお金になるはずです。

もし売るものがない、あるいは売りたくないという人はどうすればいいか?
次に紹介するキャッシングでお金を借りる方法をチェックしてください。

キャッシングでお金を借りる

わずかな金額であっても、携帯電話料金の滞納は将来的にも大きな悪影響をおよぼします。
さらに、精神的にも決していいものではありません。

ですから、まずは目先の問題に対処するためにも、手元にお金を準備しましょう。
キャッシングでの借り入れは、インターネットからカンタンにできます。

借りたお金は生活費などに幅広く使えますし、アイフルやプロミスであれば「初回30日間利息ゼロ」で利用できます。

つまり、不足分だけを借りておいて、30日以内に返済すれば利息を気にすることなくお金を借りられるわけです。

まずはカンタンな診断から、借り入れ可能かチェックしてみましょう。
携帯電話の料金を支払って、スッキリとした気持ちで毎日を送れるようにしたいですね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

生活費にかかるお金
シェアする

お金のハテナ – キャッシングがわかる!