なぜ落ちる?医療ローンが組めないときの3つの対処法

なぜ落ちる?医療ローンが組めないときの対処法 医療にかかるお金

世の中にはいろいろなローンがありますが、利用しようと思っていたものが利用できなかったときに困ってしまうのは、どのローンでも同じです。

ですから、ローンの審査に落ちてしまう理由とそのときの対処法はぜひとも知っておきたいところです。

今回は、ローンの中でも「医療ローン」に焦点を当てて、落ちてしまう理由とその対処法の説明を行っていきたいと思います。

医療ローンとは医療行為のための費用として利用できるローン

そもそも、医療ローンとはどのようなローンなのかについて簡単に説明しておきましょう。

医療ローンはその名の通り、医療行為の費用を支払うために利用できるローンです。

一口に「医療行為」と言ってもその内容は非常に幅広くなっているため、それぞれの医療ローンにおいて借り入れたお金を利用してよい範囲は微妙に異なります。

特に歯の矯正やホワイトニングといった審美歯科治療や、ヒアルロン酸注入といった美容整形治療などは、それぞれの医療ローンによって利用可と不可がハッキリ分かれますので、注意しておく必要があるでしょう。

歯の悩みを解決!おすすめのデンタルローンと選び方

銀行や信販会社などでおもに取り扱われている

こういった医療ローンを取り扱っているのは、おもに銀行や信販会社です。

どちらもローンとしての特徴に大きな違いはありません。

ただ、病院が提携しているローンは信販会社のものが多くなっているため、病院でローンの利用を勧められた場合は基本的に信販会社のローンを利用する形になります。

また、規模が大きくグループ化しているような病院だと、グループ独自の医療ローンシステムを有している場合もあります。

属性が一定水準以下だと審査落ちの可能性あり!

医療ローンも一種の”借金”ですから、カードローンや住宅ローンを利用する場合と同じように審査を受けなければなりません。

資金の使い道がどのようなものであれ、基本的にローンの審査に通過できるかどうかは「属性」と「信用情報」の2つの要素によって決まります。

そのため、「年収が低い」「勤続年数が短い」「別件での借り入れ件数が多い」といったような、属性面でのマイナスが多い場合には医療ローンの審査に通過できないということも考えられます。

改善できるところを地道に改善していこう!

属性が理由で審査落ちになってしまったと考えられる場合には、属性を少しでも(ローンの審査にとって)良いものに変えていくしかありません。

ただし、属性の大半は変えようと思ってすぐに変えられるようなものではありません。

年収や勤続年数・雇用形態を改善することがどれだけ難しいかを考えれば、想像しやすいのではないでしょうか。

そのため、属性を改善する場合に手を付けられるところは限られてきてしまいます。

例えば「他社借り入れ件数・金額」ですが、これはすでに借り入れを行っているところに返済を行うことで改善することができますよね。

他社借り入れ件数や金額が多ければ多いほど返済の安定性には疑問符が付いてしまうので、そこを改善することで医療ローンの審査には有利に働きます。

他には、あともう少しで雇用形態が派遣社員や契約社員から正社員に変わるというような場合には、雇用形態が変更になってから申し込むという方法も考えられます。

ただし、この方法は誰でもできるわけではないので、上で挙げたような例を参考にしながら自分なりに改善できる点を探していくのがいいでしょう。

過去に金融事故を起こしている場合も危うい!

属性に問題がなさそうなのに審査落ちになってしまったら、信用情報を疑う必要があります。

信用情報には、これまでに行ってきた金融取引に関する情報が登録されています。

そのため、過去にローンなどの返済を遅延したことがあるような場合には、その情報が審査で足を引っ張っている可能性も考えられます。

事故情報が消えるまで待つしかない

もしそのような情報(一般的には異動情報・事故情報と言います)が信用情報上に登録されていたとするなら、解決策は「その情報が消えるまで待つ」という方法しかありません。

事故情報は信用情報機関に「登録を抹消してください」とお願いできるようなものではなく、信用情報機関で情報を保存しておく期間が過ぎたら消されていくだけなのです。

そのため、事故情報が登録されている間に私たちができることは「新たな事故情報が登録されないようにする=現在利用しているローンなどで返済を遅延しないようにする」ということだけです。

信用情報機関に情報照会を申請すれば自分の信用情報を確認することができるので、事故情報がいつ消えるのかということは確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

個人信用情報の開示はデメリットばかり?照会履歴で審査は不利になる?

医療ローンが利用できない場合には他の方法を検討する必要あり

しかし、どのような手を打っても医療ローンの審査に通らないということはあり得ます。

その場合に医療費を支払うためには、他にどのような手段が考えられるでしょうか。

クレジットカードで支払う

以前は医療費をクレジットカードで支払うことは難しかったのですが、最近ではクレジットカードに対応している医療機関も増えてきています。

そのような医療機関であれば、クレジットカード払いすることで医療ローンの代わりにすることができるでしょう。

ただし、もちろんクレジットカード払いができない医療機関もありますし、治療の内容によってはクレジットカードの限度額をオーバーしてしまうことも考えられます。

利用できればラッキー、ぐらいの認識にとどめておくのがいいかもしれません。

最大限度額内には収まっているものの、今月別の目的でクレジットカードを利用していて、残されている枠では支払えないという場合は、クレジットカードの引き落とし日が過ぎるまで待てばOKです。

カードローンを利用する

医療ローンは目的別ローンの一種であり、目的別ローンというのは総じて審査が厳しめになっています。

そこで、審査がそこまで厳しくないと言われているカードローンであれば、借り入れを行うことができるかもしれません。

カードローンでは借り入れたお金の使い道は自由なので、もちろん医療費として利用することもできます。

多額のお金を借り入れたとしても返済は毎月数千円~1万数千円前後で済むことが多いので、家計に与える負担もそこまで大きくはならないでしょう。

銀行・信販会社だけではなく消費者金融もカードローンを取り扱っているため、ローンの利用先の選択肢が増えるのもうれしいポイントです。

ただし、医療ローンを利用する場合よりも適用金利が高くなる可能性が高いので、できるだけ早めに返済を行っていき、総返済額を少しでも抑えることが重要となります。

医療費を借りるときに使えるカードローンには、以下のようなものがあります。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

医療ローンが利用できないからといって焦らずに!

確かに医療ローンは医療行為を受けるときに利用できると便利ですが、医療ローンが利用できないからといってその医療行為を諦める必要はまったくありません。

今回は紹介しませんでしたが、親などから医療費に相当するお金を援助してもらうといった方法なども、人によっては考えられますしね。

大事なことは、「医療ローン」にとらわれずに「どのようにしたらお金を捻出することができるか」をフラットな気持ちで考えることではないでしょうか。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。

24時間振込可能な金融機関の口座登録で最短10秒振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

「電話なし、郵送なし」で超便利

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

医療にかかるお金
シェアする
Money Book