結婚資金を借りるなら?お金が足りない人のブライダルローン活用術

結婚資金が足りない 冠婚葬祭にかかるお金

結婚資金が足りないとき、やはりお金を借りるしかないのでしょうか?

一生に一度の大イベントといえば「結婚式」です。
最近は家族や親族といった親しい人だけで挙げる結婚式が増えていますが、盛大に行う結婚式が一般的です。

結婚式には大きなお金が必要ですが、結婚資金はかなり大きな出費となります。
結婚資金が足りないときにはどんな方法で工面すればいいのでしょうか?

ブライダルローンや結婚資金にまつわる基本知識、お金の借り入れまで、わかりやすく解説します。

結婚式にはいくら資金が必要?

まずはなんといっても結婚資金を準備しないといけません。
結婚資金とひとくちに言っても、その内訳は細かく分かれています。

「親ごころゼクシィ」によれば、結婚費用の全国平均は444.2万円
その内訳は以下のとおりです。

結納・会場費13.1万円
両家の顔合わせ・会場費5.8万円
婚約指輪31.7万円
結婚指輪21.5万円
挙式・披露宴343.8万円
新婚旅行費用54.8万円
新婚旅行土産11.8万円

内訳を見ると「挙式・披露宴費用」が343.8万円と大きな割合を占めています。
さらに、細かく分けてみると挙式・披露宴にかかる費用は以下のような内訳になっています。

挙式料25.3万円
料理・飲み物124.2万円
新婦の衣裳45.4万円
新郎の衣裳15.8万円
引出物・引菓子・プチギフト35.1万円
ブーケ4.8万円
装花17.5万円
スタジオ別撮り撮影14.5万円
スナップ写真撮影22.0万円
ビデオ撮影17.4万円
映像演出7.0万円
司会(プロに依頼)6.4万円
ブライダルエステ8.8万円

地域によって費用に差はあるものの、おおむね300万円以上の挙式・披露宴費用が必要となります。

結婚から新婚費用までをトータルで見ると、首都圏では約450万円
一方で北海道では約275万円と低い水準になっています。

多くの挙式・披露宴でこれだけの結婚資金がかかっていることを考えると、やはり計画的に準備をする必要があるでしょう。

どうやって結婚資金を用意する?

結婚資金のベースとなるのは「2人の貯蓄」となっているようです。

同じく「親ごころゼクシィ」によれば、結婚をする2人の貯蓄額は全国平均で298.4万円

結婚にかかる費用全体が400万円とするとその4分の3は自分たちで用意している計算です。

親や親族が資金援助をしてくれるケースもあるでしょうが、やはり自分たちでお金を用意するのが一般的となっています。

結婚資金として頭に入れておきたいのが以下の3つです。

  • ・ご祝儀
  • ・親からの援助
  • ・ブライダルローン(借り入れ)

ご祝儀はどれくらいもらえる?

結婚資金で頼りにしたいのが招待客からの「ご祝儀」です。
ご祝儀の総額は、全国平均で226万円ほど。

結婚式の規模や招待客の人数、また地域によって金額は異なります。

「結婚資金はご祝儀で全部まかなえばいいよ」

と、全面的にアテにしてしまう人が多いですが、これには注意が必要です。
なぜなら、挙式や披露宴の費用はほとんどの式場で「前払い」となっているから。

もっと言うと、結婚式にかかる挙式・披露宴費用は式当日の1週間〜2週間前までに支払うのが一般的。
ですから、結婚資金は前もって準備しておかなければいけません。

親からの援助はどれくらい?

結婚資金については「親から援助してもらう」ことも多くなっています。
親や親族からの援助については全国調査で75.1%の人が「援助があった」と回答しています。

援助総額は全国平均で182.8万円となっています。
とはいえ、なかには親からの援助を見込めない人や「親には頼りたくない」という人もいることでしょう。

そういった場合には自分たちで準備をするか、結婚式のグレードを下げる必要があります。

ブライダルローンを活用する方法がある!

このように、結婚式には結納〜挙式〜新婚旅行までかなりの費用が必要になります。
そうなると、なかなか自分たちでは資金を準備できないケースが多くなるでしょう。

そういったときに頼りになるのがブライダルローンです。
ブライダルローンはその名のとおり、結婚にかかる費用を借り入れるためのローンのこと。

以下のようなケースに当てはまる人がブライダルローンを利用しています。

  • ・2人の貯蓄だけでは結婚資金が足りない
  • ・親からの援助を頼めない、頼みたくない人
  • ・式場が前払いしか対応していない
  • ・結婚式を盛大に行いたい人

最近の結婚式には費用を抑えられるプランも多く揃っています。
しかし「一生に一度」という気持ちがあり、せっかくなら盛大に執り行いたいという人も少なくありません。

事情は様々ですが、ブライダルローンは結婚資金が足りないときの有力な選択肢といえます。

ブライダルローンの特徴と注意点

もし結婚資金が足りないのであれば、ブライダルローンを検討しましょう。

ここではブライダルローンの特徴と注意点について解説します。

ブライダルローンは利用目的が決まっている

ブライダルローンというくらいですので、結婚にまつわる費用にしか利用できません
ブライダルローンで利用できるのは、以下のような費用となります。

  • ・婚約指輪の購入費用
  • ・結婚指輪の購入費用
  • ・挙式、披露宴の費用
  • ・新婚旅行の費用

こういった費用であれば、ブライダルローンを使うことができます。
多くのブライダルローンでは「資金使途確認書類」といって、資金を何に使うのかを提出する必要があります。

なかには新居にかかる費用で利用することもできますが、その場合も確認書類は必要になります。

領収書や利用明細書の提出が求められることがあるので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンはあくまでも結婚にまつわる出費にしか使えないので、生活費の不足家賃支払いなどの理由でお金が足りない人はカードローンなどを活用する必要があります。

ブライダルローンの利息や借入条件は?

ブライダルローンは銀行やカード会社などが扱っています。
借りる前には利息や借入条件を確認する必要があります。

たとえば楽天銀行の「目的型ローンブライダル」は以下のような条件となっています。

  • 借入金額:10〜300万円
  • 申し込める人:満20歳以上60歳以下
  • 借入利率:年率 7.0%
  • 借入期間:最長8年4ヶ月

借入金額が10万円〜と少額になっているので、「結婚資金の不足分をちょっとだけ借りたい」といった状況でも利用できます。

ちなみに借り入れには「毎月安定した定期収入がある人」といった申し込み条件が設けられています。

明確な金額は設定されていませんが「年収400万円以上」はないと審査に通りにくいのが実情です。

ただし、なかには「年収150万円以上」でも通るブライダルローンがあるので、条件についてはローンごとに確認が必要です。

ブライダルローンに必要な書類は?

ブライダルローンの場合は、借り入れ金額がいくらであっても必要書類を用意しなければいけません。

一例として、楽天銀行のブライダルローンを申し込むときに必要となる書類は以下のとおりです。

  • ・本人確認書類(運転免許証など顔写真付きのもの)
  • ・収入証明書(源泉徴収や課税証明書など)
  • ・資金使途確認書類
  • ・支払い済み確認書類

本人確認書類や収入証明書は借り入れ金額がいくらであっても提出が必須となります。

この中で特に注目したいのが「支払い済み確認書類」です。

これは「貸したお金を目的どおりに使ったか?」を証明するために必要となる書類です。

融資が実行されてから1ヶ月以内に「支払い先」「金額」「支払い日」が記載された書類を提出する必要があります。さきほど説明したように、結婚資金以外の目的でお金を使うことは許されません。

もしブライダルローンを利用するのであれば、あらかじめ書類を準備しておくことは欠かせません。
そして、お金を使ったあとも書類を準備する必要があるので、注意が必要です。

結婚資金の「ちょい足し」ならキャッシングもあり?

結婚資金にキャッシング

ここまで結婚資金が足りないときに使いたいブライダルローンを中心に説明をしてきました。

ブライダルローンは結婚資金を用意する上では便利ですが、ごらんいただいたように提出する書類がたくさんあり、やや面倒です。

また、結婚資金が足りない人のなかには「結婚費用の支払いまで1週間しかない!」といった急な借り入れを必要とするケースもあるでしょう。

そういった人は必要書類を揃える手間や時間をかけられません。さらに、年収が審査基準に届かないためにお金を借りられない場合も考えられます。

そんなときはブライダルローンではなく、通常のカードローンやキャッシングを利用する方法がオススメです。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

メリットも多いカードローンの特徴とは?

利用したことない人には抵抗があるかもしれませんが、カードローンやキャッシングはブライダルローンにはないメリットがあります。

  • ・借り入れ金額が1万円〜と少額
  • ・お金の使いみちは自由
  • ・運転免許証で借りられる

借り入れ金額が1万円〜と少額

消費者金融や銀行のカードローンは、借り入れの最小単位が1万円〜(1000円〜のところもある)となっています。

ですから結婚資金が多くなると、日々の生活費が足りなくなることが予想されます。

そんなときに「足りない分だけ」借りることで、ピンチを乗り越えられるはずです。

お金の使いみちは自由

さきほども説明しましたが、ブライダルローンはお金の使い道が限定されています。
しかし、キャッシングはお金の使い方が自由です。

生活費のちょっとした足しにできるのは大きなメリットといえるでしょう。

ただし、ブライダルローンに比べると実質年率(金利)が高い点には注意が必要です。

運転免許証で借りられる

消費者金融や銀行のカードローンは免許証など顔写真付きの証明書を使ってお金を借りることができます。

一定金額を超えると収入証明書の提出が必要となりますが、1万円〜50万円程度であれば身分証だけで可能です。

このあたりの気軽さは非常に魅力的でしょう。

キャッシングとローン、どっちを利用すべき?

ブライダルローンのネックは「資金使途」と「必要書類の多さ」です。

カードローンやキャッシングは「お金の使い道が自由」「金額によっては免許証など顔写真付きの証明書で借りられる」というメリットがあります。

多くの金融会社が50万円以下の借り入れであれば、収入証明書などの提出を不要としています。
そのため、足りない結婚資金をすぐに借りたいという人にとっては頼りになる存在なのです。

カードローンやキャッシングの申し込みはインターネットですぐに完結します。
結婚資金を用意する方法の1つとして、検討する価値は十分にあるといえるでしょう。

まずはカンタンな事前審査で、借り入れ可能がチェックしてみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】