レイクを再契約するときに知っておくべきポイントとは?

レイクを再契約するときに知っておくべきポイントとは- レイク

グリーンがトレードマークの大手消費者金融、「レイク」。多くの人たちが利用している有名な消費者金融です。

このレイクですが、一度解約をした後に再契約をする場合はどうすれば良いのでしょうか。

ここではレイクの再契約について知っておくべきポイントを紹介します。

レイク再契約までの基本的な流れとは?

結論から言うと、レイクを再契約することは可能です。

ただし、カードを持っている場合と持っていない場合で手続きにちがいがあります。

カードを持っている場合

レイクで以前お金を借りたことがあり、完済後にまだレイクのカードを持っている方の場合はネットの会員ページから取引状況を確認して、そこから再契約へと流れることが可能です。

ただし、暗証番号やカード番号を覚えていることが重要であり、すべてを無くしてしまった場合は直接オペレーターに確認することとなります。また、可能額が0円となっている場合もオペレーターに連絡が必要です。

解約している場合

レイクで以前はお金を借りていたが、解約をした。こういった方の場合は、基本的には再契約ではなく新規契約となるので注意が必要です。

さらに、再契約をしていたからといって、申し込みでの入力事項を省略することはできません。もちろん、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意が必要となるでしょう。

2011年9月30日以前の契約の場合

現在、レイクは新生フィナンシャル株式会社に借入業を譲渡しているために、「新生銀行カードローンレイク」という名前で経営されています。

新生銀行グループではなかった2011年9月30日以前の契約をしていた場合は、一度オペレーターへ確認の電話をすることをおすすめします。

レイクのホームページによると、新生フィナンシャル株式会社の取扱いとなるので、一度会員ページへとアクセスすることが推奨されているからです。

レイクで再契約をする際の注意点とは?

誰もが無条件で再契約できるわけではなく、レイクであらためてお金を借りるなら注意すべきことがいくつかあります。

  • ・トラブルを起こしていないこと
  • ・他社での借入総額
  • ・債務整理をしたか

トラブルを起こしていないこと

レイクで以前、融資を受けていて完済している方であれば、大きな問題が無い限りは再契約は可能となります。

しかし、レイクで遅延を多くしたとか、数万円を滞納してそのまま返済せずに連絡を途絶えさせたなど、さまざまなトラブルを起こした方の場合は審査に落とされるので注意が必要です。

基本的に、再契約できるのはレイクと大きなトラブルとなっていない人が対象ですので覚えておきましょう。

他社での借入総額

レイクで円満に完済を行っていれば、基本的には再契約は可能です。しかし、

注意すべきポイントとして、「他社の借入総額」があります。

現在、消費者金融は貸金業法の関係で、年収の3分の1以上を超えたお金を融資することができません(総量規制)。

レイクは銀行系のカードローンなので、この総量規制はありません。ただし、総量規制がないからといって、他社で多く借りていれば審査で不利になることもあります。

ある意味で、銀行系であるがゆえの厳しい審査基準も設けられているのです。

また、借入総額をクリアしていたとしても、あと5万円で限度額となるなど、融資枠が小さ過ぎると再契約できないこともあります。

債務整理をしたか

多重債務者が増えたことで貸金法が改正され、現在でもグレーゾーン金利で借り入れをしていた人による過払請求が続いています。

レイクもご多分に漏れずこの対象となっていたため、以前レイクで債務整理をした方は再契約が難しいといわれています。

債務整理は、JICCという信用情報機関で7〜10年の期間が残ると言われています。

定かな数字かは断定できませんが、この期間内であった場合、他社借入が無かったとしても再契約を断られることもあるので覚えておきましょう。

再契約は新規扱いにはならない

無利息サービスが受けられない

レイクが実施しているサービスのひとつに、初回の30日間の無利息キャンペーンがあります。さらに、180日間は5万円無利息という魅力的なサービスもあり、これを武器に他社との差別化を図っています。

さて、そんなレイクの初回無利息キャンペーンですが、やはり初回限定ということなので、再契約となるとその恩恵を受けることができません。

何故、再契約ではダメなのか?

数年前に完済してからまったくレイクと付き合いが無かったのに、再契約だからといって無利息キャンペーンが適用されないのは納得がいない、という方もいるでしょう。

しかし、これが適用されてしまうと、1ヶ月で解約してまた新規申込をすれば永遠に無利息で融資が受けられてしまうことになります。

もう一度、再契約の審査を受けているので、ある意味では新規扱いではあるのですが、レイクに利用履歴が無くなるわけではないのでキャンペーンは適用外となります。

解約しているかがポイントに!

レイクで再契約をしたい場合、もっとも気を使うべきところは、「解約」をしたか否かです。解約をしていた場合は、再契約ということで新規同様の審査を受けることとなります。

ただし、解約をせずに放置していた人の場合だと、再契約が追加融資となるだけで審査を受ける必要が無い場合もあるのです。

今回お伝えしたポイントをしっかりと頭に入れて、レイクと再契約をしてみることをおすすめします。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

レイク
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】