介護費用が足りないときに活用したいローンとは?

介護費用が足りないときに活用したいローンとは? 介護にかかるお金

日本は超高齢化時代を迎えており、65歳以上の人口が総人口の1/4を超える状況になっています。

このような状況下で問題となっているのが「介護問題」です。

身体が不自由であったり、痴ほう症であったりして、周りの家族にも多大な負担が生じてしまいます。またそれに伴う「介護費用」も家族を悩ませています。

もし、介護に必要な費用が足りなくなったら、どうすればよいのでしょうか?介護費用で活用したいローンについて紹介します。

利用制限が厳しい公的な介護ローン「生活福祉貸付金制度」

介護費用を目的としたローンは、国の制度としてもあります。審査に時間がかかったり、利用者に一定の制限があったりします。ただし、民間と比較して金利も安く、将来的な負担は少なくなる利点があります。

生活福祉貸付金制度は目的ごとに4種類の貸し付けがある

生活福祉貸付金制度は各自治体が行っている事業で、条件に合致する人に対して貸付を行う制度です。生活福祉貸付金制度には4種類の貸し付けがあり、各条件に合致しなくては申し込むことができません。

  • 【生活福祉貸付金制度の種類】
  • 総合支援資金:生活に困窮しており、生活を立て直すための経費
  • 福祉資金:病気、けが、障害などで必要な経費、また介護サービスに必要な経費
  • 教育支援資金:低所得世帯の子供が高校や大学に進学する経費
  • 不動産担保型生活支援:低所得者の高齢者に対して不動産を担保に生活費を支援

この中で介護費用として利用できるのが「福祉資金」です。低所得者で介護サービスの費用が支払えない場合に利用できます。

実際に介護サービスと認められるのは「介護施設の入所費」「介助サービス費」「介護経費(介護用品購入)など」で、介護に関連性のない使用目的では利用できません。

生活福祉貸付金制度の貸付限度額と利息は?

生活福祉貸付金制度は貸付種類と目的によって貸付限度額が設定されます。介護サービスで利用する場合では、介護サービスを受ける期間により限度額に違いが出てきます。

  • 【介護サービスを受ける期間と貸付上限】
  • 介護サービスが1年を超えない場合:貸付上限170万円
  • 介護サービスが1年~1年6ヶ月で世帯の自立に必要な場合:貸付上限230万円

生活福祉貸付金制度の年利は年1.5%に設定され据置期間が6ヶ月、償還期間は5年に設定されていますが、保証人がいる場合には無利子で貸し付けを行っています。

生活福祉貸付金制度は個人の事情を勘案して貸付することが可能であり、貸付上限の目安は決まっていますが、特別な事情がある場合には「上限580万円以内、据置期間が6ヶ月、償還期間20年」の貸付も可能です。

制度は魅力的だが実際にはハードルが高いかも

生活福祉貸付金制度は保証人がいれば無利子で借入できるなど、魅力的な公的な介護ローンです。

しかし、申し込みから借入れまでの審査に時間がかかり、また自治体の担当者によっては他の制度が利用できない場合に限り受付をするなど、借入れのハードルは高いようです。

また一定の収入がある場合には、他のローンを勧められたりすることもあり、自治体により対応に違い見られます。

急に介護費用が必要になった場合には、民間の介護ローンを利用することも考えた方が良いでしょう。

民間銀行の介護ローンは直ぐに借りられることも

民間の介護ローンは銀行、信用金庫などの金融機関で扱っていますが、最大の特徴は審査が早く急な介護費用に充てられることです。

払えない介護費用を上手に調達する3つの方法とは?

銀行の介護ローンは介護目的であれば利用は自由

民間銀行の介護ローンは、介護目的であれば「自宅のリフォーム」「介護用品(車いす、ベッドなど)の購入」「介護施設費」など、介護目的の利用であれば自由に申込むことができます。

急に施設が見つかり、まとまったお金が必要な場合には、審査も早いので利用することを検討しましょう。

銀行介護ローンの貸付限度額と金利

介護ローンはさまざまな銀行から販売されています。東京スター銀行の「スターワン目的ローン」には、「医療・介護ローン」があり、最大融資額が500万円、年利が2.8%~7.8%と設定されています。

また常陽銀行の「医療介護ローン」は最大融資額500万円、年利が新規融資利率として5%に設定されています。

話題のリバースモーゲージを介護費用に利用する

近年、テレビCMでも「モーゲージ」と呼ばれる金融商品を見かけることができます。いったいモーゲージとはどのような金融商品なのでしょうか?

自宅を担保に介護費用を借りて自宅で返済する

「モーゲージ」とはお金を借りる時に担保を債権者に移転し、完済した時に担保を返却する金融制度です。最近、このモーゲージが介護資金として注目を集めており、さまざまな銀行から「リバースモーゲージローン」として発売されています。

仕組みは簡単。銀行にリバースモゲージローンを申し込み、自宅の時価査定を行ってもらいます。

査定額が決まるとその範囲で、借入れを行い、銀行は自宅に第一位の抵当権を設定します。

毎月利息分を支払う商品と、利息分が元金に組み入れられる商品がありますが、返済は基本的に借入れを行った人が亡くなった場合に、抵当権を設定した自宅を売却して返済することなります。

つまり自宅を担保にして介護費用を借りて、亡くなった時に自宅を売却して返済を行うのです。

少子化が進んで家を継ぐ子供が少なくなっている現代では、自宅を担保に介護費用が捻出できるリバースモーゲージローンは、これからの主流となるでしょう。

介護費用は思っているより大きな負担となる

「老後は年金で…」と考えている人は少なくありません。しかし、高齢になり介護が必要になると、年金だけで生活を支えることは難しくなります。

上手に介護ローンを利用して、安定した平穏な老後を過ごしたいものです。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

介護にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】