iPhoneを買うときにお金はいくら必要?購入時の注意点

iPhoneを買うときにお金はいくら必要?購入時の注意点 携帯電話・通信費にかかるお金

今や「携帯電話」と言えば「スマホ」を指すぐらいに、スマホは日本中に普及してきています。

では、実際に購入するにあたり初期費用はいくらぐらい必要なのでしょうか。

学生だと親が購入してくれるでしょうからあまり気にしたこともないと思います。

しかし、社会人になってから購入しようと思うとさすがに親に支払ってもらうわけにはいきませんからね。

そこで今回は、スマホの中でも特にiPhoneを買うときにお金はいくら必要かということについて説明をしていきます。

iPhoneの本体代金は分割支払いで毎月の利用代金と一緒に払う

iPhoneに限らずAndroidでもそうですが、最近のスマホはどんどんと高品質化・高価格化してきています。

試しにAppelのホームページで最新のiPhoneである「iPhone X」の料金を見てみると、112,800円という驚きの値段となっています。

iPhone8でも4.7インチディスプレイのものは78,800円、5.5インチディスプレイのものは89,800円と、中古の原付であれば買えてしまいそうな値段です。

これだけ高価格なiPhoneを買おうと思っているわけですから、購入時にどれぐらいのお金を準備しておくべきか気になるのも当然ですよね。

しかし、じつはiPhoneの本体代金は購入時に支払うのではなく、分割支払いで毎月の利用代金と一緒に支払うようになっているのが普通です。

たとえばiPhoneの本体代金が80,000円で20回の分割払いだとすると、iPhoneを利用し始めて最初の20ヵ月の間は、毎月の利用代金に4,000円を上乗せして支払うことになるわけですね。

このようにして高額な支払い負担を和らげることで、消費者が購入しやすいような形を取ってくれています。

もちろん一括で支払うことも可能であり、その場合は購入時に本体代金を全額まるまる支払うことになります。

購入時に支払うお金は「事務手数料」ぐらい

では本体を分割払いで購入する場合には、何の支払いもなしにiPhoneをゲットできるのかというと、これはショップによって多少の違いがあります。

ショップによっては、購入時に事務手数料という名目で支払いを行わなければならないところがあるからです。

ただその場合でも、支払わなければならないお金は3,000円程度なのでそんなに気にするほどの金額ではないかもしれませんね。

頭金の支払いの有無で購入時の費用も変わる

各キャリアのショップでiPhoneを購入をしようと思う場合、店頭にいろいろと記されている料金表示の中に「頭金」という項目があります。

本体代金は分割で支払うことにしても頭金だけはその場で支払わなければならないので、頭金の有無によっても購入時の初期費用は変わることになります。

iPhone購入時の「頭金」は一般的な頭金とは考えかたが異なる点に注意

この「頭金」の話を聞いた段階で、「頭金を先に多少支払っておけば後の支払いが少し楽になるからまぁそれもアリか」と思われている人もいるかもしれません。

しかし、残念なことにその考えかたには大きな誤解が含まれています。

一般的に「頭金」と言うと、商品の代金を分割で支払う場合に最初に支払うある程度まとまったお金のことを指しますよね。

たとえば、200万円の自動車を購入するのに頭金で40万円を支払うとしたら、その後分割で支払う金額は200万円-40万円=160万円となります。

しかし、iPhone購入時に支払わなければならない「頭金」は、こういった世間一般で用いられている「頭金」とはまったく別の用法で用いられています。

より意味が伝わりやすいように言い換えるのであれば、【頭金=「販売手数料」「取扱店手数料」】というとしっくりくるでしょう。

つまり、iPhone購入時に支払わなければならない頭金は、支払ったところでその後の返済が楽になるようなものではありません。

ただ単にショップの利益になるだけのお金なのです。

キャリア間での販売競争が激化しており、売り上げを少しでも伸ばしたいというショップ側の思惑もわかります。

とはいえ、「頭金」という誤解を生みやすい用語を用いて販売する手法には疑問を抱かざるを得ませんね。

頭金を支払わずに済ませるためにはどうすればいい?

支払っても私たち利用者には何のメリットもない頭金ですから、できれば支払いたくないというのが正直なところです。

頭金を支払わずに済ませるためには、どうすればいいのでしょうか。

頭金を設定していないショップを利用する

1つの対策は非常にシンプルなもので、「頭金を設定していないショップを利用する」というものです。

頭金はそれぞれのショップ独自で設定されているものですから、中にはもちろん頭金を設定していない(私たちにとって)優良ショップもあるのです。

ただしお住まいの地域に、あなたが利用しているキャリアのショップがどれくらいあるかは分かりませんから、ショップの選択肢が少ない場合もあるでしょう。

また、同じ地域のショップは当然情報を共有しているため、1つの店舗で頭金を設定しているのにもう1つの店舗では頭金を設定していないというケースは、非常にレアです。

そういった背景があるものの、運よく頭金を設定していないショップが近隣にあるのであれば、そこのショップでiPhoneを購入することで頭金を支払わずに済ませることが可能となります。

各キャリアのオンラインショップを利用する

そしてもう1つの方法は、「キャリアの公式オンラインショップを利用する」という方法です。

私たちがふだん足を運んでいるお店はあくまで「販売代理店」という位置づけで、各キャリアが直接運営しているショップというわけではありません。

そのため、iPhoneを販売したとしてもその売り上げがすべてショップの利益とはならないのです。

そこで各ショップが利益を確保するために生み出したのが、先ほどから説明している「頭金」です。

つまり、こういった利益構造から離れたところでiPhoneを購入する必要が出てきます。

それが、各キャリアが直に運営しているオンラインショップというわけです。

キャリアが直に運営しているため、iPhoneが売れたとすればそれはすべてキャリアの利益となります。

そのためオンラインショップでは、消費者に購入してもらいやすいことを最優先としているため、頭金などの設定がまったくありません。

オンラインショップは、実物に触れたり操作したりしながら購入を検討できるわけではありませんが、その役目は実際のショップに担ってもらうといいでしょう。

頭金を支払うかどうかはよく考えたほうがいいでしょう

料金体系が複雑化すればするほど、私たち消費者はいったいこのお金は何のために支払っているのかということを意識しにくくなってしまいます。

もちろん大半は支払わなければならないお金なのですが、中には今回ご説明した頭金のように、支払わなくてもいいようなお金が含まれているので注意しなければなりません。

頭金をショップでの丁寧な説明に対する料金ととらえて支払う人もいるようですが、そのように納得したうえで支払えるお金かどうかをよく考える必要があるでしょう。

iPhoneを買うときに必要な費用は支払い方法によって変わる

ここまで説明してきたように、iPhoneを買うときに必要な費用は支払い方法やショップによって異なります。

まず、繰り返し説明しているように「頭金=手数料」が発生しないショップで購入することが、iPhone購入費用を安くする最低条件です。

そのうえで、毎月の分割払い or 一括払いを選んで支払うを進めていきましょう。

やはり各キャリアの公式ショップで買うか、アップルストアで購入するのが一番です。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

携帯電話・通信費にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】