収入証明書はいくらからの借り入れで必要なの?

収入証明書はいくらから必要? お金を借りる方法

きちんとした収入がない人はお金を借りることはできません。
闇金など、とにかくお金を融資しまくる会社もありますが、収入を証明できない借り入れは危険です。

とはいえ、収入証明書を提出するのが面倒なのは事実。なるべく提出不要がいいですよね。

収入証明書はいくらからの借り入れで提出が必要になるのでしょうか?各カードローンの条件をまとめて見てみましょう。

いくらから?収入証明書が必要になる借り入れ額の比較

カードローン収入証明書が必要な借り入れ額
プロミス50万円超(他社合計100万円超)
アイフル50万円超(他社合計100万円超)
SMBCモビット
アコム50万円超(他社合計100万円超)

表に示しましたが、じつは消費者金融では「貸金業法」という法律で収入証明書が必要なケースを定めています。

各カードローンがいくらから収入証明書が必要なのか。これはズバリ、「50万円超の借り入れ」です。

ですから、反対に言えば50万円を超えない借り入れ(たとえば49万円)であれば、収入証明書は不要ということ。

職場から収入証明書を受け取るのがむずかしい人や、単純に面倒だ、という人は借り入れ額を抑えるといいでしょう。

すでに他社から借り入れがある人は要注意!

ここで紹介した「50万円超の借り入れ」というのは、あくまでも1社のみで借りているときの話。

すでに、他社から借り入れをしている人であれば50万円を超えていなくても収入証明書が求められます。

たとえば、プロミスからすでに70万円の借り入れがあるとしましょう。追加でアイフルから40万円を借りようとすると、合計で110万円を超えてしまいます。

この場合、アイフルで40万円を借りるときに収入証明書が必要となります。「他社合計で100万円」を超えているためです。

収入証明書がいくらの借り入れから必要かを覚えるときは「50万円超 or 100万円超」と理解しておくといいかもしれません。

収入証明書って具体的にどんな書類があればいい?

収入証明書とひとくちに言っても、その種類はいくつかあります。
キャッシングやカードローンの収入証明書として使えるのはどんな書類なのでしょうか?

  • ・源泉徴収票(最新のもの)
  • ・給与明細書(直近2ヶ月分)
  • ・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • ・所得証明書(最新年度のもの)
  • ・確定申告書の写し

これらのうち、いずれか1点が必要となります。
他に本人確認書類も必要になりますが、運転免許証や保険証などがあれば問題ありません。

おすすめは「給与明細書」

もっとも手に入りやすいのは、やはり給与明細でしょう。
職場や仕事内容にもよりますが、給与明細書は基本的に毎月受け取るからです。

ただし給与明細書は2ヶ月分必要です。手元にないと、今スグ申し込みをしたいという人には厳しいのも事実。

その場合には他の書類を準備するしかありません。

ちなみに賞与(ボーナス)がある人は「直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書」が必要となるので注意しましょう。

もちろん賞与明細書がなくても問題ありませんが、借入限度額が少なくなります。

源泉徴収票などは年収が証明できる強みがある

それに比べて源泉徴収票などの書類は「1年に1度」というものです。

ですから、年収を証明することができます。これは審査に有利にはたらくと考えられるので、借り入れ希望額が大きい人におすすめです。

給与明細は直近の収入しか証明できません。
「わたしは年間を通じて稼いでいますよ」という年収証明ができたほうが、審査に通りやすくなるのは言うまでもありません。

ちなみに、ここまで紹介した書類はすべて「写し」(コピー)でかまいません。

収入証明書が求められる理由とは?

いくらから収入証明書が必要になるかがわかったところで、今度は「なぜ収入証明書が必要なのか?」を考えていきましょう。

結論からいうと、借りる人の信用力を知るために必要となります。

お金を貸す側にとって、あなたが毎月いくらお金を稼いでいるのかは非常に重要です。
返すアテがない人にはお金を貸すことができないのは当然の話。

これを客観的に証明する必要があるので、収入証明書が必要となるわけですね。

収入証明書はどうやって提出すればいい?

さて、収入証明書を手元に用意したとして、果たしてこれをどうやって提出すればいいのか見ていきます。

ここではプロミスの収入証明書提出方法をご紹介します。

  • ・アップロード ※
  • ・Eメール ※
  • ・スマホアプリ ※
  • ・郵送 ※
  • ・来店
  • ・FAX

(※プロミスの会員サービスから手続きをして送信します)

アップロードやEメールを使えば、わざわざお店に行ったりFAXを使う必要がなくなります。かなり手間が省けるので、おすすめですよ。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金を借りる方法
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】