葬儀の香典相場はいくら?払えないときの対処法

葬儀の香典相場はいくら?払えないときの対処法 冠婚葬祭にかかるお金

人が亡くなったときには、必ず葬儀が行われます。

葬儀では香典が欠かせませんが、亡くなったタイミングによっては香典代を出すのも厳しい場合があるのではないでしょうか。

そこで今回は、葬儀の香典代の相場や香典が支払えないときの対処法について説明していきます。

香典相場は年齢や相手との関係性などで変化

まず香典の相場に関してですが香典の相場は主に送り手の年齢と、送り手と亡くなった方の関係性によって決まります。

以下に、送り手の年齢と亡くなった方との関係性における香典相場を一覧表にして示します。

故人と送り手の関係送り手の年齢
20代30代40代
両親・義両親3~10万円5~10万円10万円~
祖父母1万円1~3万円3~5万円
兄弟姉妹(義理含む)3~5万円5万円5万円
叔父・叔母1万円1~2万円1~3万円
いとこやその他の親戚3千円~1万円3千円~2万円3千円~3万円
友人・知人5千円5千円~1万円5千円~1万円
友人・知人の両親3~5千円3千円~1万円3千円~1万円
恩師3~5千円3千円~1万円3千円~1万円
仕事の上司・同僚5千円5千円~1万円1万円~
上司・同僚の家族3~5千円3千円~1万円5千円~1万円

この表では、葬儀に参列する可能性が高そうな関係性の相手をまとめさせていただきましたが、表の中に無い関係性の人の葬儀に参列することもあるでしょう。

そのときには、「故人との関係性が深いほど香典代は高くなる」という一般論に基づいて、香典の金額を決めていただければ大丈夫です。

また、これはあくまで一般的な相場なので参考にしていただくのはかまいませんが、必ずしもこの金額にとらわれる必要はありません。

ただし、葬儀に参列した人には「香典返し」と呼ばれるものが贈られるので、故人にお世話になったからといって香典が高額過ぎるのは良くありません。

遺族の負担にならないように最低限3千円程度は香典として包むのが一般的と言われています。

亡くなられた相手によっては周囲との相談が必要な場合も

また、亡くなられた相手が高校や大学時代の恩師であるような場合は、卒業生同士でお金を出し合ってキリのいい金額の香典にする場合もあります。

そのような場合は自分一人で香典の金額を決めることができないため、友人同士で相談する必要があるでしょう。

亡くなられたのが、新入社員の時に自分たちの期の教育担当をしてくれた上司であるような場合も、同じことが言えそうです。

香典においても、足並みを揃えるというのは非常に重要です。

いったん親や兄弟などから借りる

先ほどの表の金額を確認すると、3千円や5千円という金額であれば出せそうですが、数万円という単位になってくるとすぐには捻出できない可能性も確かにありそうです。

ではそのような場合の対処方法を考えていきましょう。

まず1つは、親や兄弟などから一時的に借りるという方法です。

親にお金を借りるときに注意したい3つのポイント

血縁関係にある人の葬儀であれば、自分の親や兄弟も参列するでしょう。

そうであればあらかじめ葬儀の前までに、香典代が無いからいったん立て替えて貸して欲しいという旨を伝えておくことで、葬儀を乗り切ることが可能です。

親や兄弟であれば、葬儀後に返済する機会もきっと多いはずです。

葬儀後にお金に余裕ができるようになったら、速やかに返済するようにしましょう。

カードローンなどを利用してお金を調達する

しかし、親や兄弟から「香典代を借りるなんて非常識だ、自分で出せ」と言われる可能性ももちろんあります。

また、会社関係の人の葬儀のように親や兄弟が参列しなければお金の無心もしにくいでしょう。

そのような場合は、消費者金融や銀行のキャッシングサービスを利用して、一時的にお金を調達するという方法が有力です。

故人を偲ぶ気持ちがあれば、自分で用意したお金でもキャッシングで借りたお金でも問題はないはずですから。

消費者金融や銀行のキャッシングサービスは、最短即日で融資を受けることができるので、葬儀の日が差し迫っているような場合でも便利に利用できます。

ただし、キャッシングをした以上は返済の義務が生じます。

そのうえ、親や兄弟などからお金を借りた場合とは異なり、元本に利息を上乗せして返済しなければなりません。

香典代を捻出するためにキャッシングを利用して、その後の生活が立ち行かなくなったというのでは故人も悲しむでしょうから、返済はきちんと行うようにしましょう。

消費者金融の初回無利息サービスをうまく利用して、なるべく負担の少ないうちに返済を終えてしまうのが望ましいと言えます。

利息が無料に!おすすめの無利子・無利息キャッシング3選

すぐにお金を返すなら?無利息キャッシングがおすすめの理由

出せる金額だけでも包む

ただし人によっては、キャッシングサービスが利用できない可能性もあります(属性や信用情報の問題から審査に通らない、等)。

そんなときは、とにかくその時点で出せる金額だけでも包んで渡すというのでもOKです。

冒頭で香典の相場について触れはしましたが、あれはあくまで目安であり個人を偲ぶ気持ちさえあれば本来はいくらでもいいのです(香典返しのことは念頭に置いておきましょう)。

立場や年齢等によってある程度の相場観が形成されてしまってきている以上、その相場以下の金額での香典は渡しづらいかもしれません。

しかしそんなことは気にすることなく、出せる分だけの金額に自分の思いを込めるようにしましょう。

葬儀を欠席させてもらう

最後に考えられるのは、いっそのこと葬儀に参列しないという方法です。

香典代はないものの、お金を借りて香典を支払うのもその時出せる金額だけで支払うのも何か違うと思うのであれば、こうするしか方法はありません。

葬儀に参列しないときにはわざわざ遺族に対して「こういう理由で参列できないのですが…」と伝える必要はないので、心の中で故人の冥福を祈っておきましょう。

ただし非常に近しい関係の人の葬儀である場合には、遺族に一言通しておくのが筋かとは思います。

そのときにも「香典代がなくて…」などというのは遺族に気を遣わせてしまうだけなので、絶対に言ってはいけません。

「前々から決まっている海外での大事な商談がありまして…」など、それなら仕方ないなと思ってもらえる理由を用意するようにしましょう。

遺族に嘘をつくのは心苦しいかもしれませんが、「嘘も方便」ですよ。

後日あらためてうかがって香典を渡すのもOK

葬儀に参列して香典を渡すのを諦めたとしても、香典を渡す機会というのは葬儀の日だけに限りません。

葬儀に参列できなかった場合は、後日故人の自宅などにうかがってご焼香をあげさせてもらうこともできます。

そのときに、香典を渡すというのでも全く問題はありません。

香典は自分の納得のいく形できっちりと渡したいというのであれば、このように「後日あらためて」の形式で渡すのが一番いいかもしれませんね。

故人の冥福を祈ると同時に、葬儀当日に参列できなかった不幸も同時に謝っておきましょう。

故人を偲ぶ気持ちが大事…とは言いつつも最低限のマナーは必要

以上、葬儀の香典代の相場や香典が支払えないときの対処法についての説明でした。

本来冠婚葬祭では、結婚式なら相手の幸せを祝福する気持ち、葬儀なら故人を偲ぶ気持ちが重要ですが、社会人である以上そこに最低限のマナーは乗っかってきます。

マナーがなっていないせいで故人を偲ぶ気持ちまで疑われてしまうのは、非常にもったいないですよね。

香典代を支払えないような場合は、今回お伝えした方法も念頭に置きつつ対処するようにしましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】