借金はいくらまで可能?借りられるお金の上限額について

借金はいくらまで可能?借りられるお金の上限額について お金を借りる方法

カードローン等で借金の申し込みをする時に気になるのは、「いったい自分はいくらぐらいまで借りられるんだろうか」ということではないでしょうか。

そこで今回は、借金をする時に借り入れられる上限額について説明していきます。

銀行カードローンの場合

まずは銀行カードローンの場合ですが、銀行カードローンには「融資限度額」というものがそれぞれ設定されています。

例えば三井住友銀行カードローンなら800万円、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら500万円という具合ですね。

ただし、それぞれの銀行で設定されている融資限度額ギリギリまで誰もが借りられるわけではありません。

年収や勤続年数といったいわゆる個人の「属性」と、「信用情報」を基にして「この人には何万円までなら融資しても大丈夫だろうか、きちんと返済してもらえるだろうか」という審査が行われます。

その結果、「○○銀行カードローンは最大800万円まで融資を行える体制を整えていますが、審査の結果あなたに融資できる金額は300万円までです」ということになる可能性もあります。

この金額がいくらになるかは実際に審査を行ってみないと分かりません。

しかし、自分と同じような属性の人が申し込んだときにいくらまで借りることができたかといったような口コミを参考にすることで、ある程度は目星を付けることができます。

もちろん、銀行が設定している融資限度額以上に借り入れることはできないので【銀行の融資限度額 ≧ あなたが借り入れられる金額】という関係が成り立つことになります。

職業等などの但し書きには注意

また、銀行によっては申し込み条件等のところにあらかじめ「ただし、専業主婦・パート・アルバイトの方は○○万円を上限とします」といったような但し書きが記載されていることがあります。

このような場合、その条件に当てはまっている人はどれだけ頑張ってもそれ以上の金額を借り入れることはできません。

正社員や公務員に比べると、どうしても収入が少ないですし、雇用も安定していませんので仕方がありません。

そこで制限されている金額以上の借り入れを行いたい場合は、他の借り入れ先を探す必要があります。

消費者金融の場合は?

続いては消費者金融の場合です。

消費者金融も銀行カードローンと同じくそれぞれで融資限度額を設けていますが、銀行カードローンとの最も大きな違いは、消費者金融は総量規制の影響を受けるということです。

知っておきたいキャッシングの総量規制の基礎知識!

そのため、消費者金融がそれぞれで設定している融資限度額とは別に「年収の3分の1までしか借りられない」という金額が、1つの壁として存在します。

消費者金融を利用する場合は、自身の年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできないということを頭に入れておかなければなりません。

ちなみに、消費者金融や銀行カードローンの条件は以下のとおりです。いずれも、500万円あるいは800万円が上限となっています。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

総量規制って?

ここで簡単に、総量規制というルールについて説明しておきましょう。

総量規制とは貸金業法の中で制定されている決まりの1つで、貸金業者が申し込み者に対して貸し付けできる金額に上限を設ける規制です。

その上限が先ほど少し触れた「申し込み者の年収の3分の1」というものであり、例えば年収600万円の人であれば、消費者金融で融資を受けられる金額は【600万円の1/3 = 200万円】が上限ということになります。

この規制のせいで自分が本来借り入れたい金額が借り入れられない、と憤慨している方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この規制は消費者(お金を借りる人)を守るための規制なのです。

総量規制が制定される前までは、年収に見合わない金額の融資を受けて結局返済できずに自己破産という道に至る…という人が後を絶たず、無理な融資が社会問題になったこともありました。

そういった社会情勢を受けて新たに制定されたのがこの総量規制であり、このおかげで借り入れられる金額こそ制限されてしまったものの、返済できないほどの融資を受けることもなくなったと言えます。

なお、消費者金融が総量規制の影響を受けるのに銀行カードローンが対象外なのは、貸金業法という法律が貸金業者だけに効力がある法律で、銀行は貸金業者ではないからです。

なぜ?キャッシングが総量規制の対象になる理由とは?

他社・他行での借り入れも影響する

ここまでは銀行カードローンや消費者金融で借り入れを行うときの話を考えてきましたが、なかには複数の銀行カードローンや消費者金融でお金を借りる人もいるのではないでしょうか。

一社・一行から借り入れを行う場合と、複数から借り入れを行う場合では何か違いはあるでしょうか。

銀行カードローンの審査では、申し込み者のお金に関するさまざまな状況を総合的に判断します。

年収や勤続年数・勤務先等が同じ2人を比較したとき、すでに他の銀行カードローンでお金を借りている人のほうが借入限度額は低くなる可能性があります。

そして、銀行カードローンの場合は「変わる可能性がある」程度でしたが、消費者金融の場合は明確な違いが現れます。

それは、総量規制下での借り入れ上限である「年収の3分の1」というのは、「他の借り入れも含めた上でのトータルでの借り入れ金額が年収の3分の1以下」ということだからです。

先ほど年収600万円の人の借り入れ上限が200万円であるという話をしましたが、この人がすでに別の消費者金融で50万円の融資を受けているとすると、新たに借り入れられるのは【600万円 × 1/3 – 50 = 150万円】ということになります。

すでに消費者金融での借り入れがある人が新たに借り入れをする場合には、その金額も考えたうえで計算を行う必要があることを念頭においておきましょう。

自動車ローン・住宅ローンは負担率によって決まる

自動車ローンや住宅ローンを利用する場合は、「返済負担比率」という考え方が借り入れ可能金額に大きな影響を及ぼします。

返済負担比率とは、「年収に占める、あなたのローン返済総額の割合」のことです。つまり、「収入のうちどれくらい返済にお金を使っているか」を示します。

たとえば、あなたが住宅ローンと自動車ローンを両方利用しているとしましょう。

住宅ローンの返済総額は年間150万円、自動車ローンの年間返済総額は50万円です。1年間のローン返済額は合計で200万円になります。

あなたの年収が800万円だとすると、返済負担比率は【200 ÷ 800 × 100 = 25%】ということになります。

当然1年間での返済総額が多ければ多いほど、年収が低ければ低いほどこの返済負担比率は高い数字になり、年収の中で返済に充てている金額の割合が高いことを示します。

返済負担率が高いと、返済で生活が苦しくなることも起きるため、お金を借り過ぎることは避ける必要があります。

そのため、自動車ローンや住宅ローンを取り扱っている銀行のような金融機関では、この返済負担比率を一定以下に抑えられる金額しか融資を行わないように、それぞれの銀行独自のルールを決めています。

一定の数字というのは、25%や30%などが一般的な数字ですが、それぞれの銀行で独自に決めています。各銀行のホームページで確認したり、行員さんに質問してみたりするのがいいでしょう。

自動車ローンや住宅ローンでいくらまで借り入れるかというのは、どこの銀行を利用するかによっても変わりますし、他のローンの利用状況によって変わります。

希望している金額を借り入れられないのであれば、例えば今利用しているカードローンを完済してから再度申し込み直すことで、借入限度額が上がる可能性があります。

各々の事情によって変動します

以上、借金をする時に借り入れられる上限額についての説明でした。

消費者金融は総量規制のため非常に分かりやすく計算することができますが、銀行カードローンに関してはその人の保有資産等まで含めて総合的に判断されるため、実際に申し込んでみないといくら借り入れられるかに関して正確な数字は分かりません。

何はともあれ、まずは一度申し込んでみるのがいいかもしれませんね。

プロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融は、公式サイトから事前審査を受けることができるので、気軽に試してみると良いですよ。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金を借りる方法
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】