ゴルフコースをまわるのに必要なお金はいくら?知っておきたい平均費用

ゴルフコースをまわるのに必要なお金はいくら?知っておきたい平均費用 趣味・習い事にかかるお金

ゴルフは紳士のスポーツであり歴史も深いスポーツで、大人になったら少しぐらいは挑戦してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、ゴルフはお金のかかるスポーツでもあります。

そこで今回は、ゴルフコースをまわるのに必要な平均的な費用に関する説明を行っていきます。

今後ゴルフを行っていきたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゴルフコースをまわる費用は平日・休日で異なる

ゴルフコースをまわるのに必要な費用は、平日にまわるか休日にまわるかで大きく異なります。

平日に18ホールのコースをまわる場合は、街中から車ですぐ行ける程度の距離にあるようなゴルフ場の場合だとおよそ10,000円~12,000円程度でプレーすることが可能です。

同じコースでも、土日祝日にプレーしようと思った場合には20,000円前後必要になることが多く、平日のおよそ1.5倍程度の費用がかかると思っておくといいでしょう。

この値段を聞いて「やっぱりゴルフって高いんだなぁ」と思うか「それぐらいなのか、思ったよりしないな」と思うかは人それぞれでしょう。

ただし、ここで挙げた料金はあくまで一般的なものであり、ピンキリがあるので高いところはもっと高くなります。

ゴルフコースはゴルフ会員権などが必要な場所だと、非常に高価だからです。

ゴルフを割安で行うためには、いかにして平日にプレーするか、そして安いゴルフ場を選ぶということが非常に重要になるでしょう。

曜日以外に費用に影響する要素

曜日以外に費用に影響する要素としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ・会員制ゴルフ場かパブリックゴルフ場か
  • ・キャディーさんは付くか付かないか
  • ・ゴルフ場の立地・格式
  • ・季節
  • ・割引券などの有無
  • ・交通費(おもに高速道路代)

会員制ゴルフ場かパブリックゴルフ場か

ゴルフ場には会員でないと利用できない会員制のゴルフ場と、予約さえすれば誰でも利用できるパブリックゴルフ場があります。

もちろん費用は、会員制ゴルフ場のほうが多少割高です。

会員制の場合、高額な会員権が必要で会社の経営者やお金持ちが使っていることがほとんど。

その分だけゴルフ場の施設が充実していますが、これから始めるような人は関係ありません。

安くゴルフをしたければキャディは不要

またテレビでゴルフ中継などを見ていると、プレーする選手のそばには必ずキャディーさんがいますが、我々がプレーする場合はキャディーさんを付けてもらうかどうかを選ぶことができます。

キャディーさんがいないと、荷物の持ち運びやゴルフ場内でのカートの運転などをすべて自分たちで行わなければなりませんが、多少料金が安くなります。

また、優秀なキャディさんが付くと「残り何ヤードで、何番アイアンが使うべきか」というアドバイスをもらえます。

クラブ選びはゴルフのスコアに大きく影響してきますから、上達してきたらキャディさんを付けたほうがいいでしょう。

都市部は高く、郊外は安い

そしてゴルフ場の立地に関しては、都市部に近く交通の便がよければよいほど高くなる傾向にあります。

ただし立地があまりよくないとしても、ゴルフのツアーなどが開催される知名度・格式共に高いコースの場合は、高めの値段設定になっていることが多いです。

一般的に車で長距離の移動が必要な場所(たとえば、ゴルフ場が多く有名な千葉県なら九十九里や御宿など)は料金が安めです。

暖かいハイシーズンは料金が高い

季節に関しては、春秋の比較的過ごしやすく運動にも適している時期は高く、夏の暑い時期や冬の寒さが厳しい時期には安めの料金でプレーすることができます。

たとえば4〜5月、10〜11月は気候が温暖で多くの人がゴルフをプレーするハイシーズンです。

安くゴルフをしたいのであれば、ハイシーズンを避けて暑い季節・寒い季節を選びましょう。

ただ、言うまでもなく酷暑・寒冷のなかでゴルフをするのはなかなか大変です。

割引券を活用すれば意外な価格でゴルフができる

また、ゴルフ場の中には近隣の打ちっぱなしの練習場と提携しているようなところもあります。

そういったところでは、練習場にゴルフ場を割引料金で利用できる優待券が置かれているところもあるため、割引券を利用すれば比較的安い料金でプレーすることができます。

交通費が高くつくことも忘れずに

さきほど説明したゴルフ場の立地にも関係してきますが、いざゴルフコースに出ようと思えば交通費がかかってきます。

都市部であれば下道で問題ないでしょうが、郊外のゴルフ場ともなれば高速道路での移動になりますから、交通費が高くつきます。

ほとんどの場合、ゴルフは車で行くことになるので、高速道路代も頭に入れておく必要があるでしょう。

高速道路代まで節約したのであれば、仲間と車に相乗りして割り勘をするのも1つの方法です。

以上の要素を知っておくことで、できるだけ安い条件でゴルフをプレーできる条件を見極めることが可能になるでしょう。

支払う費用の内訳は?

ゴルフコースを回るのに必要な費用と、費用に影響を及ぼす要素に関しては分かりました。

では、この費用の内訳はどのようになっているのでしょうか。

プレーフィ

まずはプレーフィです。

これは名前の通り、18ホールをまわってプレーするのに必要な料金となっています。

支払う費用の大半は、このプレーフィに充てられていると思っていいでしょう。

カート代

続いてはカート代です。

ゴルフ場内の移動ではカートを利用しますが、そのレンタル料金も支払う費用の中に含まれています。

また、キャディーさんを伴ってプレーする場合はその分の費用もカート代に含まれるため「キャディーフィ」と言う場合もあります。

諸経費はクラブハウスやロッカー代

諸経費には、クラブハウスの利用代金やロッカー使用料などが含まれます。

ゴルフをプレーするのに直接関係はありませんが、快適にゴルフをプレーするために必要な費用と言えるでしょう。

どのゴルフ場もロッカーで着替えてからプレーし、プレー後はシャワーを浴びて帰るというのが通常の流れです。

18ホールまわる場合は、お昼休憩をはさむ

いわゆるハーフ(9ホール)で終わるコースは別ですが、ゴルフコースではお昼休憩をはさむのが普通です。

9ホールまわってお昼ごはん、そして残りの9ホールをまわるという流れですね。

お昼休憩がある場合、ゴルフ場内にあるレストランでお昼ごはんを食べることになります。

ゴルフ場内のレストランは少し割高です。おおむね1,000円のランチ費用を覚悟しておきましょう。

ちなみに、お昼休憩が付いたプランだと昼食代はセット料金に含まれているのが通常です。

極めて珍しいですが、レストランではなくお弁当を持参するというのも1つの方法です。その場合、一緒に行く仲間と事前に相談しておく必要があります。

その他の支払いはコース料金とは別

以上が、ゴルフコースを回るときに必要になる費用ですが、これらの費用とは別にコース内の売店で購入した飲み物やクラブハウスでの食事代などは別途精算となります。

すべて費用に含まれていると思ってドリンクをがぶ飲みしたり、クラブハウスでごはんをがっつり食べてしまったりすると思わぬ費用が発生することになるので注意しましょう。

また、ゴルフ場ではクラブのレンタルを行っている場合もありますが、レンタルする場合の費用もここまで挙げた費用とは別にかかります。

クラブセット購入費や打ちっぱなしの練習代も頭に入れておこう

1回プレーするのに安くても1万円前後、高い場合だと3万円~4万円程度必要になるゴルフの費用を捻出するのは、なかなか大変なことです。

また、今回はゴルフコースをまわるのに必要な費用のみに絞って説明をしていますが、ゴルフをするために必要なのはコース代だけではありません。

プレーするためにクラブ・ウェア・シューズなどを買いそろえたり、定期的に打ちっぱなしの練習場にいって練習をしたりするのにも、もちろんお金は必要です。

人によってはお金を払ってレッスンプロに教えてもらったりすることもあるようなので、その場合はさらに費用が跳ね上がります。

こういったゴルフに必要な経費を捻出するのは、なかなか大変なことです。

趣味のゴルフを楽しむために普段の出費を切り詰めながら頑張るという人もいるでしょうが、それは何となく本末転倒な気がしないでもありません。

ゴルフ前にお金を借りて資金を用意しておこう

そこでオススメなのが、コースに出るためのお金が必要なとき限定でカードローンを利用するという方法です。

カードローンは最初に一括でお金を借りるのではなく、必要なときに借りることができるローンなので、乱用さえしなければ借りすぎ・使いすぎの心配はあまりありません。

コースに出る回数は多い人でも1~2カ月に1回程度でしょうから、それぐらいの周期であればカードローンを利用しても家計への負担はあまりないでしょう。

返済もまとめて行うのではなく分割でかまわないため、返済は毎月数千円程度で済みます。

ただし、長く続けてしまうと「これはいつプレーした分の返済なんだっけ?」となってしまい、借金をしているという認識が甘くなってしまう可能性もあります。

ゴルフ場に行くときの数回に一回はカードローンを利用する、前回の返済が終わるまではコースでのプレーを控えるなど、自分なりの付き合い方で利用していくといいでしょう。

費用を把握した上で楽しくプレーしましょう!

以上、ゴルフコースをまわるのに必要な平均的な費用に関する説明を行ってきました。

コースでのプレーに関しては、毎月毎月同じ金額がコンスタントに出ていくのではなく、プレーするタイミングで大きな出費がまとめて発生するような形になります。

そのため、カードローンと非常に相性のいいスポーツと言えるでしょう。

借金を率先して推奨するわけではありませんが、ゴルフの費用を調達するための1つの手段としてカードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

趣味・習い事にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】