フランス観光旅行へ行こう!お金はいくら持っていけば安心?

フランス観光旅行へ行こう!お金はいくら持っていけば安心? 旅行・レジャーかかるお金

フランスにはエッフェル塔にルーヴル美術館・凱旋門などの有名な観光名所がたくさんあり、世界中から多くの観光客が訪れています。

そして、日本人もその例外ではありません。

フランスへの観光旅行を計画するときに多くの人が気になるのは、「費用はどれくらいかかるんだろう」ということではないでしょうか。

そこで今回は、フランスに観光旅行に行く場合お金はどれくらい持っていけば安心かについて説明していきます。

現地で発生する費用には何がある?

フランスに旅行に行った場合、現地で必要になるお金はおもに以下のようなものです。

ホテルでの宿泊費用

ホテルの宿泊費用は、どこの都市かホテルの星はいくつかなどに左右されますが、パリやニース・マルセイユといった有名な観光地のホテルは総じて高めの設定となっています。

パリを例に挙げるとダブルベッドの部屋を利用した場合、5つ星ホテルで1泊4万円~10万円、4つ星ホテルで1泊2万円~8万円、3つ星ホテルで1泊15,000円~5万円といったあたりが相場になるでしょう。

さらにオンシーズンの場合はこれより値段が上振れする可能性が高いです。

そして、直前での予約だとさらに値段が上がりかねませんので早めの予約をオススメします。

バス・メトロなどの交通費

現地の移動ではバスやメトロなどを利用する機会も多いでしょうが、これらの切符はすべて共通のものになっており、1回の乗車で1.7ユーロとなります。

カルネと呼ばれるお得な10回つづりの切符が14.9ユーロで販売されているので、公共交通機関を多用する予定であればカルネを購入したほうがお得でしょう。

なおこれらの運賃は改定されることもあり、上記の数字は2017年12月現在のものですが、実際に旅行に行かれるときには多少変更になっている可能性もあるので注意しておきましょう。

意外とかかる食費

パリは「美食の街」とも呼ばれるように、世界中からいろいろな食材・料理・シェフが集まる街でもあるため、食事を楽しみにしている人も多いでしょう。

ただその分食事にかかる費用も高めになっており、レストランを利用した場合はランチで5,000円~、ディナーで30,000円~程度は見ておかなければなりません。

気軽に食事ができるビストロであればランチで2,000円~、ディナーで10,000円前後のところが多いので予算と相談しながら食事をする場所を選びましょう。

お土産代も忘れずに

旅行に行くからにはお土産を欠かすことはできませんが、お土産代としていくらぐらい使うかはそれぞれの人によるので、いわゆる相場というものはありません。

自分で買いたいと思っているものや職場に人に買っていこうと思っているものなどをリスト化していき、それらの購入に必要であろうお金+αを、お土産代として想定しておくといいでしょう。

お金に不自由しないように多めに持っていきたい気持ちは分かりますが…

ここまでの話で、ホテル代を筆頭にかなりお金を必要としそうであるということはお分かりいただけたと思います。

それに異国の地でお金に困るようなことは避けたいでしょうから、お金を余分に持っていきたいという気持ちは分からないでもないですが、それは避けておくのが無難です。

なぜなら、海外の観光地ではスリが多発しており、普段は万全の治安の中で生活している日本人観光客は、スリからすると格好のターゲットだから。

筆者の知人の中には、ヨーロッパ各国を旅行したときにパリとミラノの2か所でスリにあったという人もいるほどです。

「持ち運ぶお金は最小限に」が海外の観光地での鉄則と言えます。

クレジットカードを利用するのがもっとも便利

「そんなこと言ったって支払いがあるからしょうがないじゃないか…」と思われるでしょうが、そんな人にオススメなのがクレジットカードを利用するという方法です。

海外の観光地では多くのお店がクレジットカードでの決済に対応しているため、現金をまったく利用せずに1日過ごせてしまいます。

クレジットカードが利用できないお店もないわけではないので、そういったお店用にある程度お金を持ち歩く必要はありますが、大金を持ち歩く必要はありません。

VISAのカードはマスト、Master Cardもあるとよい

ただし、クレジットカードであれば何でもいいというわけではないので注意が必要です。

クレジットカードは国際ブランドによって利用できるお店が決まりますが、もっとも利用できる範囲が広いのはVISAのクレジットカードなので、VISAのクレジットカードは必ず持っていきましょう。

それ以外にクレジットカードを持っていくとすれば、VISAが利用できないお店への保険としてMaster Cardのクレジットカードがあると安心です。

JCBのクレジットカードは日本では便利に利用できるのですが、JCB自体が日本の企業であり海外での普及率は他の国際ブランドと比べると低くなっています。

そのため、一部の国を除き海外旅行に持っていくのはあまり適していません。

日本の当たり前は通用しない!?

最後に、フランス旅行で注意しておきたいお金にまつわる小ネタをいくつか紹介していきましょう。

日本では当たり前だと思っていることでも、海外では当たり前ではないということがあるので注意しておかなければなりません。

公衆トイレは有料

もっともカルチャーショックを受けると思われるのが、公衆トイレはタダでは利用できないということです。

トイレを利用する場合には、1回につき0.5ユーロほどを利用料として支払う必要があります。

また、設置されている数自体も日本ほど多いわけではありません。

日本のトイレ事情に慣れきっていると、行きたいときにトイレに行けないということになりかねませんよ。

会計が間違っていることもざらにある

日本の飲食店では会計の金額が間違っているなどということはほぼありませんよね。

しかし、フランスの飲食店だと日常茶飯事でそういったことが起こります。

レシートをよく確認してみると頼んだはずのないワインの請求をされていたり、料理の値段が間違っていたりといったことがあるので、何も確認せずにレシートを受け取って店を立ち去るのは危険です。

単に店員の不注意ということもありますが、意図的にごまかしていることもまれにあるようですので、食事はできるだけしっかりとしたお店で取るようにしたほうがいいでしょう。

水は買って飲むもの

日本の水道水は飲めるぐらい安全だというのは世界的にも有名ですが、フランスの水の安全性はそこまで高いわけではありません。

もちろんそれなりに安全ではありますが、日本の水に慣れている体でフランスの水道水を飲むのは控えたほうがいいでしょう。

日本の水は軟水でフランスの水は硬水であるのも、飲むのを控えたほうがいい理由となります。

「コンビニで水を買うなんて考えられない!」という人でも、フランスに行ったら「水は買って飲むもの」と考えなければなりません。

お金の管理には気を付けて楽しい旅行にしましょう

フランスに観光旅行に行くためにはかなりのお金が必要になりますが、旅先でのお金の管理は不安なものです。

必要最低限のお金しか持たないようにする、クレジットカードを有効活用するなどして、お金の問題に困ることのない楽しい旅行にしたいですね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

旅行・レジャーかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】