フランス留学にお金はいくら必要?留学費用の目安

フランス留学にお金はいくら必要?留学費用の目安 留学にかかるお金

最近では学生の海外志向が強くなってきているため、学生の間に留学に行こうという計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

留学先として人気の国はいくつもありますが、その中の1つとしてフランスが挙げられますね。

そこで今回は、フランス留学にどれくらいのお金が必要かに関して説明を行っていきます。

留学費用がない!お金をスグに借りるオススメの方法とは?

留学に必要な費用は大きく分けると「留学前」と「留学中」に分けられる

細かく分類していくと留学に必要な費用はいろいろありますが、大きくは「留学前に必要な費用」と「留学中に必要な費用」に分けることができます。

まずはそれぞれについてどのような費用が含まれるかを確認していきましょう。

留学前に必要な費用は航空費が中心

留学前に必要になる費用としてはおもに以下のような費用が挙げられます。

  • ・航空費
  • ・ビザやパスポートの発行・申請手続きにかかる費用
  • ・海外留学(海外旅行)保険料
  • ・留学前に受ける健康診断の受診料

このうち大半を占めるのは航空費です。

JALを利用した場合、羽田~パリの往復航空券の料金は30万円弱とかなりの高額になります。

飛行機を利用する時期をずらしたりLCCを利用したりして、できるだけ航空費を安く抑えることが留学前に必要な費用を抑えるカギだと言えそうです。

留学期間によりますが、海外留学保険の費用は1年程度の長期留学の場合で15万円前後となり、短期留学であれば5万円前後が相場になります。

その他の費用に関してはまとめて5万円程度を見ておけば問題ないでしょう。

留学中にかかる費用はフランスのどの地域に留学するかでかなり変動

留学中に必要になる費用は、おもに以下のような内容です。

  • ・学費
  • ・家賃(ホームステイ先に支払う費用)
  • ・生活費

この中で特に知っていただきたいのが学費についてです。

日本だと国立大学でも学費は年間60万円ほど必要になり、私立大学ともなると100万円単位の学費を支払わなければなりません。

しかしフランスでは高等教育の無償化が推進されているため、国立大学の学費が日本とは比較にならないほど安いのです。

その費用はなんと年間で300ユーロほど、日本円にして4万円前後というから驚きです。

しかもこの300ユーロの中にはフランスの国民保険に加入するための費用があり、日本で海外留学保険に加入している場合は加入が免除され、さらに割安になります。

留学を検討している人にとっては嬉しいニュースではないでしょうか。

ただし家賃に関しては比較的高くなっており、パリ市内で家を借りようと思うと10万円/月は見ておかなければなりません。

フランスではルームシェアやシェアハウスも盛んです。

そういった形式の家を利用すれば、家賃はもう少し抑えることができて7~8万円/月程度となるでしょう。

パリに住むのではなく、地方都市で生活するのであれば家賃も半分近くに抑えられる可能性が高いため、予算と相談する必要があるかもしれませんね。

自炊の頻度や大学までの交通手段によってある程度変動しますが、食費や交通費が含まれる生活費は、10万円弱と見ておくのが安全です。

留学費用はどう捻出すればいい?

以上がフランス留学にかかる費用となります。

毎月支払わなければならない家賃の相場が高めになっているため、費用としては決して安くはないでしょう。

では、フランス留学に必要な費用はどのようにして捻出すればいいのでしょうか。

奨学金を利用する

国内のものでも海外のものでも、留学にかかる費用として利用できる奨学金はたくさんあります。

貸付型と給付型の2つの種類がありますが、返済が不要な給付型のほうが受給するための条件が厳しいです。

いろいろな団体が取り扱っている奨学金のパンフレットに目を通すなどして、条件がよさそうな奨学金を探してみるといいでしょう。

教育ローンを利用する

教育ローンは大学の受験費用や入学費用として利用されるのが一般的ですが、中には留学費用として利用できるものもあります。

種類は、学生自身に融資をするものと学生の保護者(親権者)に融資をするものの2つです。

もし保護者に融資をするものを利用する場合には、先に親へ相談しておくほうがいいでしょう。

親から援助を受ける

奨学金も教育ローンも、一言でくくれば「借金」に他なりません。

同じ借金をするのであれば、親からの援助を受けて留学に行くという方法もあります。

身内からお金を借りるのであれば金利は自由に設定することができ、奨学金や教育ローンと比べるとはるかに低い金利で留学資金を調達することが可能です。

留学を通して子供の将来の選択肢がさらに幅広いものになるのであれば、援助を惜しまないという親も多いのではないでしょうか。

ワーキングホリデーを利用して現地で働くというプランも

ここまでは留学にかかる費用を「借りる」という方法で調達する手段をおもに紹介してきました。

しかし、留学しながら自分の力で稼いで調達するという手段もあります。

それが、ワーキングホリデーを利用するという方法です。

ワーキングホリデーはビザの一種で、旅行費用や滞在費用を補う目的での旅行先での就労を可能としてくれます。

ワーキングホリデーとして認められている期間は1年間ですから、よほどの長期留学でない限りビザが切れる心配はないでしょう。

この制度はワーキングホリデー制度に参加して協定を結んでいる国同士でないと利用することはできません。

しかし、日本とフランスは共に制度に参加して協定を結んでいるため安心です。

現地で働くことで、現地の大学に通って勉強するのとはまた違う学びや驚きを得ることができるでしょう。

就労が忙しく学業がおろそかになってしまっては意味がありませんが、そうならない限りは多くの学生にオススメしたい制度です。

ワーキングホリデーの手続きの流れ

手続きは原則として、各国の駐日大使館(今回の場合はフランス大使館)に対してワーキングホリデーのビザ申請を行います。

申請が受理されれば、ビザ発給申請通知書という書類が大使館から発行され、実際にフランスに渡るときに書類をもとに最終的な審査が行われます。

必要書類などのより具体的な情報に関しては、フランス大使館に問い合わせを行って確認してもらうといいでしょう。

なお、ワーキングホリデーは原則として1つの国に対して1度しか申請できない制度となっています。

そのため、大学在学中にフランスに2回留学に行こうと思っても、そのうち1回はワーキングホリデーを利用することができないので注意しておきましょう。

留学ではいろいろなことを学ぶことが可能です

留学はする目的はおもに「語学を学ぶため」だと思います。

しかし、日本を離れて異なる文化圏で生活することで、語学以外にもいろいろな学びや気づきがあると思います。

特に最後に紹介させていただいたワーキングホリデー制度を利用して現地で働けば、勉強しているだけでは見えてこない人々の営みの様子などに触れることが可能です。

ぜひ留学先でいろいろなことを吸収して人間的に一回り成長したうえで、帰国してほしいと思います。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

留学にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】