留学費用がない!お金をスグに借りるオススメの方法とは?

留学費用がないときのお金の借り方 留学にかかるお金

「留学したい!でもお金がない…」
夢を抱いているのに、お金がなくて断念するのは何とも残念ですよね。

日本には多くの外国人が訪れるようになり、インバウンド消費が盛んです。
一方で、日本から外国へ留学する人の割合は年々減ってきています。

これだけグローバル化が進展している中で、もはや外国語(特に英語)を話せない人は生き残れない世界になるとも言われています。

外国語を本格的に身につけるには、やはり留学が欠かせません。
しかし、留学するときの最大の難関が「留学費用」。
留学する国にもよりますが、100〜300万円も必要になることだってあります。

どんなに望んでいても、お金がないと納得のいく留学はできません。
ではお金がない人は留学をあきらめるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。
いま留学するお金がなくても、費用を借りることでスグに海外へ旅立つことが可能です。

貯める意識も大切ですが、借りる方法を知っていれば留学へのスピードは格段にアップします。

なるべく早く留学したい人が知っておきたい、留学費用を用意する方法をわかりやすく解説します。

タイミングを逃すと一生留学できない?

留学をする年齢にもよりますが、タイミングを逃すと一生留学できないこともあります。
「そんな大げさな…」と思われるかもしれません。

しかし、実際わたしの周りにも「あのとき、留学すべきだった…」と後悔している人がたくさんいます。

いま大学や専門学校に通っている人は、タイミングを逃すとやがて社会人生活が始まってしまいます。
仕事中心の生活になってしまうと、どうしても留学する時間の余裕がなくなってしまうのです。

現在、社会人として働いている人も同じです。
いまのタイミングを逃すと、ライフプランが変わって時間的・金銭的余裕がなくなる可能性があります。
仕事の環境が変わる可能性もありますし、結婚や出産で生活が一変することだってあるからです。

つまり、どんな人にとっても留学は「思い立ったとき」がベストなタイミング。
お金がないからといって留学を断念してしまうと、一生後悔することになりかねません。

留学費用を借りる3つの方法とは?

さて、留学を考えているのであれば、なるべく早い段階に費用の問題は解決しておきたいところです。
留学のお金さえ確保できれば、あとは留学先の選定と目的に時間を使うことができます。

留学資金を借りるには、大きく分けて4つの方法があります。

  • 1.家族や友人に借りる
  • 2.奨学金や国の教育ローンを活用
  • 3.銀行の教育ローンを使う
  • 4.カードローンやキャッシングを使う

このあと1つずつ詳しく解説していますが、あなたが置かれている状況に合わせて上手く参考にしてみてください。
いずれも、留学を後押しするためには有効な方法です。

1.家族や友人に借りる

学生はもちろんのこと、社会人の人でも検討したいのは「家族や友人」に留学費用を借りる方法です。
ここでは特に家族(親)にお金を借りることを中心に考えてみましょう。

学生時代は、学費を含めて親に援助してもらっている人が多いかと思います。
大学や専門学校の学費とは別に、留学費用ともなれば多額の出費です。

両親や兄弟に余裕がある家庭であれば「一生に一度の機会」という思いを伝えて、金銭的な援助を頼んでみましょう。

社会人として働いている人は、援助というよりは借り入れという意識でお金を融通してもらうことになります。
留学をすることで、どんなメリットがあるのか?自分はどのように成長したいのか?
あなたのライフプランを伝えたうえで、家族に資金援助をお願いしてみましょう。

留学費用は、冒頭に説明したとおり数百万円もかかるケースがあります。

もし家族に借りられない状況であれば、このあと紹介する2つの方法を検討しましょう。

2.奨学金や教育ローンを活用

もし家族や友人に留学資金の援助を頼ることができない場合には、奨学金や国の教育ローンを利用しましょう。

わかりやすく言ってしまえば、奨学金や教育ローンとは国や機関から留学資金を借りることを言います。

奨学金と教育ローンにはいくつか種類があって、それぞれ金利や審査が異なるのが特徴です。
条件によってはお金を借りられない場合があります。

特に社会人としてすでに仕事をしている人は、お金を借りられる機関が限られるので注意が必要です。

ここでは「国の教育ローン」と「財形貯蓄ローン」の2つをご紹介します。

国の教育ローン

国の教育ローンは日本政策金融公庫、つまり国が貸してくれるローンのこと。
学生の保護者向けのローン、あるいは社会人がお金を借りるためのローンです。

名前だけを聞くと、とっつきにくそうですが実際には近くの銀行や郵便局で申し込みをすることが可能。

借り入れ上限は300万円で、返済期間は最長15年と条件面では優れています。
留学資金として利用することができますが、借りられる人には条件があります。

  • 1.世帯収入が一定条件以下である
  • →ex)子ども1人だと790万円以下
  • 2.金融公庫が定める特例条件に合致している
  • ex)勤続3年以下の人、など
  • 3.現地の高校・大学などに6ヶ月以上留学する
  • →語学学校などは対象外

これだけの条件があるので、実際に満たすのはなかなか現実的ではない場合があります。
そもそも学生の保護者向けなので、社会人は別の方法を考えなければいけません。

財形貯蓄している人は独立行政法人雇用・能力開発機構のローンを

社会人で仕事をしており、会社の財形貯蓄をしている人が利用できるローンがあります。
その名も「独立行政法人雇用・能力開発機構」のローン。

なんだか難しそうな名前ですが、カンタンに言ってしまえば財形貯蓄をしている人が低金利で借りられるローンのこと。

金額は財形貯蓄残高の5倍以内、あるいは最大450万円までとなっています。
金利はおおむね2%前後と、非常に低いのが魅力。

財形貯蓄をしていないと留学費用を借りることはできませんが、すでに残高がある人にはオススメです。

ただし、会社を退職して留学する場合にはお金を借りられないので要注意。
あくまでも現在の仕事を並行して行われる留学が条件となります。

そのため、そもそも社会人ではない人や、退職して留学する人にとっては現実的な方法ではありません。

3.銀行の教育ローンを使う

3つ目は、金融機関の教育ローンで留学費用のお金を借りる方法です。
最も利用されているのは、銀行の「教育ローン」です。

あなたが普段メインバンクとして使っている銀行や、地元の地方銀行などあらゆる銀行で教育ローンは扱っています。

金利は財形貯蓄を使うローンよりは高く、3〜5%前後
やや高い印象を持たれるかもしれませんが、他のローンに比べると十分に低い水準です。

銀行には教育ローンのほかに「フリーローン」といった種類もあります。
お金を使う目的を定めないので、使い勝手はいいのですが金利は高めです。

もし留学するお金がないのであれば、教育ローンの審査を受けてみましょう。

4.カードローンやキャッシングを使う

4つ目は、カードローンやキャッシングを使って留学費用を借りる方法です。

もっとも身近なのは、クレジットカードに付いているキャッシング枠を使う方法。
クレジットカードの種類によって利用可能な金額は変わってきます。

クレジットカードを持っていない人や、キャッシング枠ではお金が借りられない人は別の方法を試しましょう。

もっとも利用しやすいのは、キャッシングを使った留学費用の借り入れです。
アコムやSMBCモビット、プロミスといったキャッシングからお金を借りる方法です。

留学費用を全額(たとえば300万円など)借りるのは難しいかもしれませんが、100万円未満であれば十分に検討の価値があります。

金利は教育ローンなどに比べて高くなりますが、利便性は非常に優れています。
短期の語学留学などを考えている人にとっては、非常に有力な選択肢となるでしょう。

もし最初に紹介した3つの方法では留学費用が足りない、借りられない人はキャッシングでの借り入れを利用しましょう。

インターネットからカンタンに申し込みができますし、最短即日での借り入れも可能です(時間帯によって翌日以降になることもある)。

まずは気軽にチェックして、借り入れ可能か診断してみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

留学にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】