親にお金を借りると贈与税がかかる?意外と知らない税金の話

親にお金を借りると贈与税がかかる?意外と知らない税金の話 税金にかかるお金

自動車や住宅などの高額な買い物をするときをはじめ、親からお金を借りる機会というのは意外に多いのではないでしょうか。

しかし、よく気を付けておかないと親から「借りた」はずのお金に贈与税が発生してしまう可能性があります。

今回は、そんな贈与税の落とし穴とも言える部分を中心に説明していきます。

親からの借金が「贈与」と見なされる条件は?

贈与税がかかるということは、親子間でのお金の受け渡しが「借金(貸し借り)」ではなく「贈与」だと見なされていることを意味します。

つまり、お金の貸し借りではなく「あげた」とみなされるということです。

では、親子間での借金が贈与と見なされてしまうのはどのようなときなのでしょうか。

①返済期限が設けられていない

きちんとした返済期限が設けられていない場合は、贈与と見なされてしまう可能性があります。

よくあるのは「出世払いで返してね」というような貸し借りの行い方で、実質的にいつ返すかということがまったく決められていません。

もちろん借りたほうは自分なりに、「仕事がうまくいって年収が○○万円になったら」「課長まで出世したら」といったような何となくの基準は持っているのだとは思います。

ただ、そのようなあいまいな貸し借りの行い方では「贈与」だと見なされてしまうかもしれません。

②金利・利子が設定されていない

どのような個人・法人・組織から借金を行うにせよ、借金を行う以上は元本に利子を上乗せして返済することが大前提となります。

金利が設定されていない借金は、厳密には借金とは呼べないのです。

もし親から借りたお金に金利が設定されていないとすれば、本来であれば設定されるべき金利相当分が贈与に相当するという判断を下されてしまいます。

③契約書が無い

親子で貸し借りを行うときに契約書をわざわざ作成するなんてあり得ないと思われるかもしれません。

しかし、契約書はそのお金のやり取りが「借金」であるということを客観的に示してくれる証拠です。

その契約書が存在しないということは、お金のやり取りが贈与だと疑われてもしょうがないということになってしまいます。

本人たちがいくら「これは貸し借りなんだ」と主張しても、第三者から見てそれを証明できるものが存在しないといけないのです。

④実質的に返済不可能な金額である

たとえば年収100万円の人に5,000万円を貸し付けたとしても、返済がきちんと行われる可能性は低いでしょう。

当然このような貸し付けは消費者金融や銀行カードローンを利用しての借金ではありえないわけですが、親子間での貸し借りであれば行われていてもおかしくはありません。

しかしこのような貸し付けは「最終的に返済できないことが分かっている、贈与ありきの借金」だと見なされてしまう可能性が非常に高いです。

親から借金を行う場合でも、自分の身の丈に合った金額にとどめておく必要があります。

個人の収入は、税務署が簡単に調べることができますから、ごまかすことはできません。

親からの借金を贈与と見なされないためにはどうすべきか

親からの借金が贈与だと見なされてしまう理由はお分かりいただけたでしょうか。

ではここからは、親からの借金が贈与だと見なされないためにはどのようにすればいいか、説明していきます。

金利をきちんと設定する

まずは、消費者金融や銀行カードローンを利用する場合と同じように、きちんと金利を設定して貸し借りを行うということです。

このとき設定する金利は何%でも問題ありませんが、一般的な金利よりも極端に低くならないことが重要です。

たとえば消費者金融では15%前後の金利が一般的ですが、親子間で1%の金利を設定したというのでは、ほぼ贈与だと見なされてしまいます。

一般的な金利より低い金利でも問題はありませんが、常識の範囲内での金利にするようにしましょう。

なお、利子無しで貸し借りを行っている場合には利子相当分が贈与だと見なされるという話をしましたが、贈与された金額には当然贈与税がかかってきます。

ただし、1年間に110万円以下の金額であれば贈与税は非課税となるという制度があります。

そのため、贈与と見なされたからと言って必ずしも贈与税を支払わなければならないわけではありません。

いずれにしても、親子間での借金には金利を設定することが重要だということは覚えておきましょう。

契約書を作成する

また、「このお金のやり取りは贈与ではなく貸し借りである」ということを客観的に証明するために、契約書を作成しておくということも重要です。

この場合の契約書は正式には「金銭消費貸借契約書」というもので、借り入れ金額や返済方法・返済期日、金利などを明示したものになります。

親子でお金を貸し借りするときの利息と借用書の書き方

消費者金融などで借り入れを行うときは、必ずこういった契約書にサインをするのですが、もちろん自分たちでこのような書類を作成したことはないでしょう。

金銭消費貸借契約書のフォーマット(ひな型)はネットから無料でダウンロードできます。

自分たちで契約書を作成する場合にはそれらのフォーマットを利用するとスムーズに作成できるはずです。

返済しているという証拠を残す

金利を設定して契約書を作成すればもう大丈夫…?残念ながらそうはならないんですね。

お金を貸した以上は返済が行われるべきですが、その証拠がきちんと目に見えて分かる形になっていることが望ましいと言えます。

「毎月○日に手渡しで返済している」というような状態では、本当に返済が行われているのかを客観的に判断する手段がありません。

そのため、返済を行うときは口座振込などのきちんと記録が残る方法を利用することが望ましいです。

また、お金を振り込む口座も親の名義の口座でなければならないことには注意しておきましょう。

もし税務署に指摘されたとしても、お金の出入りが銀行口座の通帳で確認できれば立派な証拠になるわけです。

本人たちが「貸し借り」だと思っているだけではダメ

重箱の隅をつつくようなかなり細かいことまで説明しましたが、お金が絡む問題というのはそれぐらい繊細な問題だということです。

特に個人間でのお金のやり取りなどは、証拠や形に残るものが何もなければどういった意図でお金がやり取りされたのかということを示すことは非常に困難です。

「これは貸し借りなんだよ」と本人たちが思っているだけでは意味がないということも、分かっていただけたと思います。

金融機関などから借り入れを行う場合と同じぐらいの厳密に、書類を準備して証拠を残すということを個人間でも意識するようにしてくださいね。

知識が無かったせいで無駄な税金を払う羽目に…ということのないように

税理士や司法書士といった税金や法律関係の仕事をしている人でない限り、こういった知識をあらかじめ持っているという人は非常に少ないと思います。

しかし、「知らなかった」「聞いたこともなかった」では済ませてもらえないのもまた事実なのです。

特に子供に対して多額のお金を貸している場合にそれが贈与だと見なされてしまうと、そこにかかってくる贈与税もかなりの金額になってくるでしょう。

「知らなかった」というだけでそんな大金を支払うのはバカバカしいと思うので、ぜひ知識を身に付けて自衛してほしいと思います。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。

24時間振込可能な金融機関の口座登録で最短10秒振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

「電話なし、郵送なし」で超便利

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

金谷まなぶ

大学時代に借金で大きな失敗を経験。そのときに「お金のことはきちんと学ばなきゃダメだ」と決意。猛勉強の末、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得して、日々お金に関する知識をストックしています。本当に役に立つ情報発信を行うことが信条です。妻と愛猫2匹(スコティッシュフォールド)と暮らしています。

税金にかかるお金
シェアする
Money Book