FXの資金を借りるときに注意すべき3つのポイント

カードローンでFX 投資にかかるお金

FXは少ない元手でスタートできる数少ない投資の1つです。

円高・円安のどちらの場合でもお金を儲けることができるので、誰にでもはじめやすいのが大きな魅力。

円相場のことがニュースで報じられると「自分もやってみようか」と考える人も多いのではないでしょうか?

まだFXのことを知らない人は「円安(円高)だからチャンス!」と考えがちですが、実際には外国為替相場がどんな状況でも同じことです。
つまり、FXは自分の実力次第でいつでも儲けるチャンスがある夢のある投資といえます。

しかし、FXは最低限の資金(元手)がないと始められません。
もし手元にお金がないのであれば、カードローンやキャッシングで借りる方法を検討しましょう。

FXの資金をカードローンで借りる場合、どんなことに気を付けるべきでしょうか?

強制ロスカットを回避したい人にオススメのカードローンは?

FXの元手についてはあとで詳しく紹介しますが、ここでは緊急度の高いマージンコール(追証)に対処するためのカードローン活用について解説します。

FXは少ない資金で始められるメリットがありますが、レバレッジをかけているせいで「証拠金」というものが求められます。

FX会社の条件にもよりますが、自分の予想に反した方向に相場が動くと簡単に100%の証拠金維持率を割ってしまいます。

こうしたときに、FX口座にお金を追加(追加証拠金=追証)しないと、強制ロスカットされてしまうのです。
強制ロスカットされてしまうと、その時点で抱えていた損失が確定していまいます。

資金を追加することで強制ロスカットを回避することができるので、カードローンを使う人が少なくありません。
強制ロスカットは「あともう少しお金があれば回避できたのに」という状況で起きることも多いのです。

もし追証のためにお金を借りるのであれば、プロミスやアイフルなど審査スピードが早いカードローンがおすすめです。
最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる人にもピッタリ。

ネット申し込みができるので、自動契約機まで行く必要がないのも嬉しいですね。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

FXの資金のためにカードローンを使ってもいいの?

FX資金をカードローンで借りてもいいの

そもそもの話ですが、カードローンやキャッシングで借りたお金をFX投資に回しても問題ないのでしょうか?
お金を借りて投資をする事に抵抗がある人も少なくありません。それがカードローンであれば、なおさらでしょう。

結論から言うと、FXや株式投資の資金をカードローンで借りて使っても問題はありません。

なぜなら、カードローンで借りたお金の使い道はあなた次第だからです。

  • 「せっかく円安になっているから、自分もFXをはじめたい!」
  • 「FXで追加証拠金が発生してしまったから、ひとまずお金を借りてピンチを切り抜けたい!」

こういった理由であっても、カードローンでFX資金を調達することは可能です。

ですから、自分の状況に合わせて上手く使い分けるのがカードローンの上手な活用術と言えるでしょう。

ただし、投資は失敗することも少なくありません。借りたお金で損失を抱えると、非常に大きなダメージが残ります。

もしFX資金をローンで借りるのであれば、必ず計画性を持って借りるようにするべきです。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

返済のあてがあるのか、毎月返済できるのかは非常に重要

追証でなく、FXの純粋な資金のためにお金を借りようとしている人に伝えておきたいことがあります。それは返済原資です。

FXは必ず勝てるものではなく、むしろ負けることが多い投資かもしれません。2勝8敗でも、毎回の損失を小さくすることでトータルで儲かる。わたしはそんなイメージでFXに取り組んでいます。

ですが、いくら損切りをして負けを小さくしても、借りたお金がなくなってしまうこともあると思います。

お金を借りるのであれば、借りたあとにFXで勝って返済する!と考えるのではなく、負けて損失が膨らんだときのことを想定しておいてください。

たとえば、30万円借りるのであれば毎月の返済額はいくらになるのか?自分の毎月の収入で無理なく返済できるか?

なるべくリアルな実感を思い浮かべて借りるようにしましょう。そうしないと、FXで負けた挙げ句に借金だけが手元に残ってしまいます。

FXは大きなリスクがあることに注意しよう!

FXのリスクとは

なにも考えずにカードローンでFXにお金を注ぎ込むのは危険です。

あなたはどんなFXのどんな資金用途でお金を借りたいと考えていますか?
最初の資金ですか?あるいは追証でしょうか?

FXに限らないことですが、投資はつい冷静な判断を失いがちです。

「いま30万円があれば、大きく儲けられるのに!」という場面は少なくありません。
しかし、その判断が絶対に正しい保証はどこにもないのです。

ですから、絶対に勝てる!という確信を持つことは、非常にリスクがあります。
追加証拠金が発生している場合には、さらに冷静にはなれないでしょう。

誰もが「きっとこのあと反転するはずだ…!」と思うもの。

しかし、「いまよりも更に負けたらどうなるだろう?」と冷静に考えられれば、自分の身を守ることだってできるのです。

チャートを前にすると精神力が試されます。
もし負けている状態でお金を借りるのであれば、ぜひ慎重になってみてくださいね。

言うまでもないことですが、損切りの意識も大切にしましょう。損切りをしていれば回避できる大損失もあるはずです。

カードローンをFXに活用できるのはどんなとき?

カードローンがFXに使えるとき

とはいえ、FXは資金を上手く活用すれば大きく儲けることができます。
株よりも初心者にとってはじめやすく、売り・買いの両方から入れるのもFXの魅力です。

さて、それではFXのどういった場面でカードローンは活用できるでしょうか?
ここでは大きく2つに分けて解説します。

  • 1.為替相場が急変しているとき
  • 2.追加証拠金(追証)の資金として

為替相場が急変しているとき

為替相場が大きく動いたとき(動きそうなとき)は稼ぐチャンスです。

外国為替はちょっとしたニュースでも大きく動きます。たとえば日銀総裁の発言でも大きく動くような繊細な市場です。

特に動きが大きいのはアメリカの雇用統計です。日本では「雇用統計ナイト」とも呼ばれ、投資家にとっては月に1度のお祭のような日でもあります。

ニュースで報道されたあとにのんびりしていては売りどき・買いどきを逃してしまいます。

ですから、そういったチャンスに上手く乗っかるためにも、チャートをできるだけチェックしましょう。
テクニカル分析を使ってチャートの動きを読めるようになれば、売りどき・買いどきを先読みすることができます。

相場が大きく動いているときに資金が少ないと「稼ぐチャンス」をみすみす逃すことになりかねません。

追加証拠金の資金として

FXはハッキリ言ってこわい投資です。
大きく儲けることができますが、負けるときも大きく負けます。

FXをはじめるときには、証拠金と呼ばれるお金を取引会社に預ける必要があります。
この証拠金は、損失が発生すると不足することも。つまり、マイナスになるのです。

その証拠金が不足すると、取引会社から通知が届き、取引ができなくなってしまいます。
足りなくなったときに入金する証拠金を「追加証拠金」、いわゆる「追証」といいます。

FXで損失を出してしまうと、「次の勝ちで損失を取り戻す!」という考え方がはたらきます。
ですから、大きな損失を出しあとに「取引ができない」というのは致命的な状態なのです。

これを解消するために追加証拠金が必要になります。

取引している金額にもよりますが、追加証拠金のためにカードローンでお金を借りる人は少なくありません。
なぜなら、借りたお金を追加すれば取り返せる可能性は十分にあるからです。

とはいえ、そこで勝てればいいですが、さらに損失が膨らむと取り返しのつかないことにもなります。
追加証拠金を借りるときはリスクに十分注意しましょう。

十分な勝算のもとで利用するのが、せめてもの健全な策といえるでしょう。

カードローンを作っておくと安心感が強い

カードを作っておくと安心

FXはいつ相場が急変するかわかりません。
せっかく勝てるチャンスが目の前にあるのに、資金がなくて逃してしまうことだってあります。

そういった事態に備えるためにも、あらかじめお金を借りるためのカードを手元に持っておくというのも1つの選択肢です。

つまり、カードだけ作っておくという方法です。
お金を借りなくても、カードだけ手元にあればスグにお金を借りることができます。

カードローンは申し込みから審査、融資までが最短即日なのが大きな特徴。
もちろん審査に通らないと利用はできませんが、カードさえ作ってしまえばいつでも限度額までは借りることができます。

投資のチャンスを逃さないためにも、手元にカードを持っておくといいかもしれません。

追証が必要な人は、なるべく早い判断が必要となるでしょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

投資にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】