知人から借金をするとき金利はいくらにすればいい?

知人から借金をするとき金利はいくらにすればいい? お金の法律・手続き

借金をするときに発生するのが利息です。

利息は決められた金利をもとに計算され、お金を借りた人が支払わなければいけません。

知人から借金をするときは、金利をいくらにすればいいのでしょうか?そもそも、知人からの借金で利息は払わなければいけないのでしょうか?

知人からの借金に利息は払わなくてもOK

まず結論として、知人など個人間の借金は利息がなくても問題ありません。

利息が必要かどうかは、お金を貸す人が決めることなので、利息の有無は知人との契約内容によります。

たとえば知人が、

「利息はナシでいいよ」

ということでお金を貸してくれるのであれば、無理に利息を払う必要はありません。

一方で、

「お金は貸せるけど、利息は払ってね」

ということであれば、利息を含めた金額を返済しなければいけません。

知人からの借金は利息に上限がある

ちなみに、金利は貸す人が自由に決められるわけではありません。金利には上限があるからです。

お金の貸し借りには利息制限法という法律があり、年20%までとなっています。年20%を超える金利は無効となるので注意が必要です。

一方で、出資法という法律もあります。出資法の上限金利は109.5%です。

ということは、知人との借金でも109.5%の金利にしてもいいか?というと、ダメです。

利息制限法と出資法のちがいはわかりづらいですが、個人間の借金では年20%を超える金利は違法になることを覚えておけば問題ありません。

個人間のお金の貸し借りにも貸金業法や利息制限法は適用されるの?

知人との借金でも借用書をつくるべき

知人という近い関係だと、つい「口約束」でお金の貸し借りをしてしまいがちです。

民法上は口約束も有効とされていますが、後々トラブルの原因となることも考えられます。

たとえ少額であっても、知人にお金を借りるときは借用書を作成するべきです。それが金利の発生する借金であるならなおさらのこと。

借り入れ額はいくらか、金利は何%にするか、返済方法はどうするか、返済期限はどうするかなど、細かいルールを借用書に記載しておきましょう。

知人間の借金はなるべく避けるべき

お金がない状態だとまわりが見えなくなりやすいもの。親しい知人には頼りたくなる気持ちもよくわかります。

しかし、お金は人間関係を簡単に破壊します。もし返済できなかったことを考えると、その後のつながりは消滅すると考えるべきでしょう。

借金の金額が低いとしても、やはり知人にお金を借りるのは避けるべきです。

そもそも、知人に借金をしなくても、最近はキャッシングやカードローンなどを使えばお金を借りることができます。

よほどの事情がない限り、知人を巻き込むのではなく、あなた自身の責任でお金を借りることをおすすめします。

消費者金融やカードローンの金利はいくら?

知人に借金をするメリットは、気軽さにあるのかもしれません。そして、金利が低いから(あるいは不要だから)利息負担が軽いというのがあるかもしれませんね。

しかし、さきほど説明したように知人とのお金の貸し借りはやはり今後の関係性を考えれば極力避けましょう。

もし知人からの借金のメリットが「金利の低さ」にあると考えているのであれば、まずは消費者金融やカードローンの金利を確認しておくべきです。

以下は主要な消費者金融の金利などを比較したものです。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

じつは消費者金融や銀行カードローンも利息制限法や出資法の制限を受けます。ですから、法外な利息を取ることは絶対にありません。

知人に借金をするよりは、利害関係のないキャッシングなどを活用したほうが精神的にズッとラクだと思います。個人間で借用書をつくるのは面倒ですし、返済するときに気まずさも回避できます。

また、昔のドラマでよく見たような怖い取り立ても一切ないので安心です。

さらに、最短即日で借り入れができるカードローンがほとんどなので、すぐにお金が必要なときでも利用できるのは心強いですよ。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金の法律・手続き
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】