飛行機代が高い!少しでも安くお得に飛行機に乗る方法

飛行機代が高い!少しでも安くお得に飛行機に乗る方法.doc 旅行・レジャーかかるお金

旅行や帰省などで利用する飛行機は、移動距離に対して時間が短いことが魅力の一つです。

しかし、他の移動手段と比較して、費用がかかるのが難点です。「飛行機代が高いっ!」と悩んでいる人に、少しでも飛行機代が安くなる方法を紹介します。

予定が決まっているなら割引航空券を利用する

日本では大手航空会社が長らく市場を独占していましたが、近年ではLCC各社が国内線にも就航しており、飛行機代も安くなってきました。

しかし、JAL、ANAなどの大手航空会社とピーチ、ジェットスターなどLCCの価格差は依然としてあり、特にLCCの就航していない路線では相変わらず飛行機代が高いようです。

そこでまず利用したいのが割引航空券です。

旅割などの早期購入割引チケットを購入する

ANAでは「旅割」と呼ばれる早期購入割引制度を導入しています。

この制度は搭乗の75日前から21日前までに航空券を購入することで、最大で飛行機代が1/3~1/4程度まで安くなる制度です。

(旅割75のケース)旅割には5つの種類があり、購入タイミングが早いほど飛行機代が安くなります。

  • 旅割75:登場75日前までの購入
  • 旅割55:登場55日前までの購入
  • 旅割45:登場45日前までの購入
  • 旅割28:登場28日前までの購入
  • 旅割21:登場21日前までの購入

早割り特典はANA以外にもJAL、LCC各社でも実施しているので、各社を比較して利用することが重要です。

事前に予定が決まっている人は、航空券は早めに購入することがポイントです。

キャンペーンを利用する

航空各社ごとにさまざまなキャンペーンを行うことがあります。

例えば主要航路で「一律1万円キャンペーン」などですが、最近ではLCC各社で突然キャンペーンが行われることが多くなりました。

LCCではなるべく空席を作らないように、搭乗前日などでもキャンペーン価格で販売します。

ネット上で航空券のキャンペーン情報をまとめているサイトもありますので、チェックすることも高い飛行機代を回避する方法です。

株主優待券でお得に。ただし割高

ANAやJALでは株主に対して、株主優待券を持ち株数により年2回発行しています。

株主優待券は正規普通運賃の半額で航空券を購入することができ、飛行機代を安くすることができます。

ただし、旅割75などと比較すると、株主優待券の方が高いことが多いので、注意が必要です。

株主優待券は予約の変更や当日の使用も可能なので、ビジネス利用において利用度が高くなります。

株主優待券の入手方法

株主優待券は株主に配られるもので、本来は株主が利用するチケットです。

しかし、チケット買取・販売店で普通に販売されており、それを購入することで入手できます。

またオークションに出されている株主優待券を落札する方法もあります。特に期限が近い株主優待券は安く出品されているので、それを狙うのもよいでしょう。

株主優待券の入手方法は以下のとおりです。

  • ・航空会社の株主になる
  • ・オークションサイトで落札する
  • ・チケット買取・販売店で購入する
  • ・その他(知人から貰うなど)

ホテル付パックを利用する裏技で飛行機代を激安に

旅行各社は航空券と宿泊をセットにした商品を販売しています。

例えば「航空券往復+宿泊(ホテル1泊分)」などの商品です。

このようなセット商品では、旅行会社が大量に仕入れた航空券を利用することから、飛行機代は大幅に安く設定されます。

またホテルを一泊分入れることで、帰りの飛行機の期日も2週間程度延長できるので、一泊目以外は自由に過ごすことができます。

ホテルをキャンセルする裏技もある

あまりお勧めはできませんが、ホテル付パックではホテルを自分でキャンセルして、航空券だけ利用する裏技があります。

ホテルのキャンセルは、旅行が始まってから行うことがポイントです。

例えば飛行機で目的地に着いてから、直接ホテルに電話してキャンセルします。ホテルをキャンセルしても、帰りの航空券は利用できるので問題はありません。

旅行会社で購入するホテル付パックは、航空会社で購入する往復航空券よりも安いことが多いので、ホテルをキャンセルしても飛行機代が安くなると言う訳です。

早期割引が終了したタイミングで、航空券を購入する際にはぜひ比較してみて下さい。

なるべく朝ではなく昼の便を利用する

飛行機はビジネスで利用されることが多いので、早朝~朝、夕方~夜の便が混雑します。

そうなると飛行機代もこの時間帯が一番高いので、その時間帯を避けることで飛行機代を安くすることができます。

中には30%以上も価格差が出るので、安く飛行機を利用したい場合は昼間の便を選ぶようにしましょう。

まずはLCCを選択することから始めよう

日本でもLCCが増えており、主要航路にはLCC各社が就航しています。

LCCは飛行機代が安い反面、荷物重量やチェックインに制限があり、自由度は低いかもしれません。

しかし、利用する航路路線にLCCが就航していれば「ラッキー」と考えて、まずはLCCを選択することをお勧めします。

また、残念ながらLCCが就航していない路線では、早割、株主優待券、パックなどさまざまな方法で、高い飛行機代を安くできるのでぜひ検討して下さい。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

旅行・レジャーかかるお金節約術
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】