株式投資のお金をローンで借りるときの注意点とは?

カードローンで株式投資 投資にかかるお金

お給料だけで生活するのもいいですが、できればもっと効率的にお金を手に入れたいですよね。

そんなとき挑戦したいのが、株式投資です。

株価が上がっている時期が続くと、「株を買いたいけど、お金がない…」と歯がゆい気持ちになるものです。

「でもお金がないから、株式投資はお金が貯まるまで待とう!」そう考える人がほとんどですよね。

しかし、株式投資は思い立ったが吉日。実際、ローンで株の資金を借りてチャレンジする人も少なくありません。
カードローンの審査に通過すれば、いますぐにでもお金を借りて株資金をつくることが可能です。

ただし、株は値下がりすることもあり、損をすることもあります。むやみに借りればいいわけではありません。

株式投資の資金をカードローンで借りる前に知っておきたいポイントについてわかりやすく解説します。注意点をチェックしておきましょう。

ローンで借りたお金で株投資してもいいの?

ローンで株式投資大丈夫?

一見すると、「カードローンで借りたお金を株式投資に使うなんてとんでもない!」と思われるかもしれません。

そもそも、カードローンのお金で投資をしてもいいのでしょうか?

結論から言うと、カードローンは「お金の使いみちが制限されてない」ので、株式投資の資金として使っても問題はありません。

カードローンを利用する人の使用目的で最も多いのが生活費です。
しかし、じつはギャンブルなどのいわゆる「遊興費」のために借りる人も少なくありません。

初期の資金にも、損失時の足しにもローンは使える

ですから、すでに株式投資をしている人はローンで借りて「資金の足し」にすることもあります。
あともう少し資金があれば、利益確定できたのに…という局面もあるでしょう。

また、はじめて株式投資をする人が「最初の投資資金」として使うことも何ら問題はありません。

ただし、無計画に借りて投資をスタートさせるのは危険がつきまといます。あくまでもプランと戦略を十分に立ててからはじめましょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

株式投資に絶対はない。損失発生時のプランも立てておこう

損失時のプランも大切

株式投資をやったことがある人ならわかるでしょうが、投資の世界に足を踏み入れると思わず熱中するものです。

特にデイトレードやスキャルピングを行なっているとその傾向は色濃くなります。

とにかくチャートが気になってしまい、自分が立てたプランとはちがうかたちで売り・買いをしてしまうことも。

株価が上がれば喜び、下がればイヤな気持ちに包まれる。
毎日が株中心になり、生活が株式投資に支配されてしまいます。

そういった理由もあり、せっかく株価が思惑どおりに動いているときに資金が足りないと非常に歯がゆい思いをするのです。
「ここであと10万円あれば…!」という気持ちに包まれます。

いざ資金を追加したいときにカードローンがあると、非常に心強いものです。
資金がない歯がゆさを一気に解消できるわけですからね。

せっかくのチャンスをモノにしないと、逃した後悔をずっと引きずります。

とはいえ、思わず熱くなって突っ込んだカードローンのお金で大きく負けたときの精神的なダメージは計り知れません。

もともとの資金はもちろんのこと、借りたお金まで溶かしてしまうと再起不可能な状態に陥るすらあります。

ですから、カードローンで株式投資のお金を借りるときには慎重になることも欠かせません。

損失のルールをきちんと決めましょう。そして、その資金範囲でのみローンの借り入れを活用するとベストです。損切りを徹底することも大切です。

株式投資のときにローンが役立つ瞬間とは?

株式ローンが役立つとき

カードローンで投資資金をすぐに手に入れることができれば、大きなチャンスが手に入ることもあります。

ローンで借りた10万円で株を購入したおかげで、元手の何十倍もの利益が発生することがある世界。

100万円を1億円に増やした人もゴロゴロいます。「やる後悔、やらない後悔」といった話がありますが、まさにそれです。

ですから、カードローンによる株への資金投入は十分に取るべき選択といえます。
どんなときにローンで株の資金を借りるべきでしょうか?

信用取引のための資金として

株の信用取引とは、わかりやすく言うと「持っているお金よりも、たくさんの株を買うこと(売ること)ができる取引」のこと。

証券会社から株を借りて、取引を行う。いいかえると借金をするわけです。

この信用取引がスゴイのは「持っているお金以上の株を買うことができる」ところです。
たとえば60万円の資金があれば、最大で3倍の180万円も株を買うことができます。

ですから、少ない元手で大きく儲けることができるのです。

また、空売りといって、株価が下がっている状況でも儲けることができるので、市場が低迷しているときにも有効な手法です。

信用取引をしてある程度の利ざやを稼ぐには、元手がそれなりにないといけません。
自己資金では足りない場合にローンを利用する人も少なくありません。

ただ、信用取引は”ないお金で取引をすること”に他なりません。失敗したときのダメージは現物投資よりも大きいです。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

株を追加で買い足すときの資金として

すでに株をしているのであれば、いま保有している株を買い増すという方法にも使えます。

わかりやすいのは「いま持っている株の値段がさらに上がりそうだ」というときに買い増すやり方です。
株はたくさん持っている方が株価上昇の恩恵を受けられるので、当然ですね。

もう1つは「ナンピン買い」です。これは株が値下がりしているときに買い増すというもの。

一見すると「なんで株価が下がっているのに買うの?」と思われるかもしれませんが、下がっているときに買うと平均の取得価格を下がります。
そして、再び株価が上昇すれば上手く儲けることができるのです。

ナンピン買いはリスクがありますが、損失を小さくすることにつながることもあります。

投資資金に余裕があると、株式投資のあらゆる戦略を実行できるので、必然的に勝率もアップするでしょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

株式投資の資金はなるべく多めに手元に持っておこう

株式投資の資金は多めにね

このように、株式投資のためにカードローンでお金を借りるのは有効な場合があります。

しかし、さきほど説明したように株式投資は自分が思っているとおりに動くほど甘い世界ではありません。
ですから、リスクや損失をしっかり覚悟した上で利用すべきでしょう。

せっかくのチャンスを逃したくない気持ちもあるでしょうから、市況をしっかり見極めた上での判断が必要になります。

まずはいつでも借りられるように申し込みをしておきましょう。
カードをだけを発行することも可能なので、必要になるまで手元に置いておくことをおすすめします。

最近は株式投資もネット証券が主流ですが、ローンもネット申し込みができます。
プロミスやアイフル、SMBCモビットなどは申し込みはもちろん、借り入れまで来店不要で完了します。

まずはスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

株の資金を借りるときに比較すべきカードローンとは?

カードローンは非常に多くの選択肢があって迷うと思います。いったい何を基準に選べばいいのか?人によっては迷うばかりで借り入れに踏み切れません。

株式投資の資金は損失補填はもちろん、エントリー用の資金であっても借り入れがスムーズにできるほうが便利です。それによって勝率が変わることだってあります。

基本的にカードローンを選ぶときには以下の4つを比較すれば、ほぼ間違いのない選択ができます。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

それぞれ微妙なちがいがありますが、SMBCモビット以外はほぼどこのカードローンを選んでも大差はありません。

個人的にはプロミスやアイフルがおすすめですので、ぜひチェックしてみましょう。

アイフルで今すぐお金を借りる方法とは?

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

投資にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】