歯列矯正の費用は平均でいくら?ローンで借りる方法

歯列矯正の費用とローン 医療にかかるお金

歯は一生ものですから、なるべく歯列矯正でキレイにしておきたいもの。
しかし、そのためには費用が多くかかかります。

歯列矯正でローンを組む方法は大きく分けて4つあります。
今回は歯の治療や歯列矯正にかかる費用をローンで借りる方法をわかりやすく解説します。

歯列矯正にかかる平均費用はいくら?

歯列矯正とはいっても、その種類はじつにさまざまです。
歯並びの状態にもよりますし、治療方法や器具の種類によっても費用は大きく異なります。

ここでは代表的な歯列矯正の方法を例にとって、具体的な費用をチェックしてきましょう。

歯列矯正には大きく分けて、以下の流れで費用が発生します。

  • 1. 初診・相談料
  • 2. 検査料
  • 3. 診断料
  • 4. 装置・基本料金
  • 5. 処置料
  • 6. 治療後の装置料金
  • 7. メンテナンス料

1. 初診・相談料

通常の病院と同じように、歯科医院の歯列矯正でも初診料や相談料が発生します。
具体的な料金は人によってかなり違うので比較はできません。

一部の歯科医院では初診料・相談料は無料で診てもらえることがあります。
お金がない人は、そういった歯科医院をさがしてみるといいかもしれません。

2. 検査料

歯の状態はどうなっているのか?
どのような歯科矯正が必要か?
治療期間はどれくらいか?

といった状態を知るために、X線検査や歯型採取などを行って調べます。

3. 診断料

検査を受けて、今後どのような治療をしていくか?費用はいくらか?といった内容を診断してもらいます。

その際にかかる診断料は、おおむね1万円前後です。

ただし、個別で請求されるのではなく、総額で含まれている場合もあります。

4. 装置・基本料金

歯列矯正の費用で、もっとも負担割合が大きいのが「設置・基本料金」です。
これは、歯に使う矯正器具そのものを指しています。

矯正方法はさまざまですが、歯の表面に付ける器具をイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。

費用は60〜200万円と幅広く、状態によって左右されます。

5. 処置料

実際に矯正器具を装着したり、あるいは経過観察をするときにかかるお金です。
治療を上手く進めるために、上手く設置調整してくれる歯科医院を選びましょう。

6. 治療後の装置料金

矯正器具を設置したら、それでおしまい…というわけではありません。
設置後にも定期的なケアが必要です。

おもにリテーナーと呼ばれる器具が費用の中心です。
リテーナーとは、矯正装置をはずしたあとに、移動した歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するために使用する、『歯を動かさないための装置』のことをいいます。

7. メンテナンス料

器具をすべて外したあとにかぎらず、さきほどのリテーナーの状態や「歯並びがもとに戻っていないか?」をチェックします。

年に数回程度ですが、これを怠るとせっかくの矯正がムダになるので注意しましょう。

これらの費用をトータルすると、600,000円〜1,500,000円が平均的な相場です。

こんなにある!歯列矯正のローンを組む方法

一生にあるかないかの歯列矯正です。じつは意外にも、ローンを組む方法はいくつかあります。
ここでは歯列矯正のローンをそれぞれメリットとデメリットに分けて解説したいと思います。

矯正歯科では以下の4つの方法でローンを組むことが可能です。

  • ・歯科医院で信販会社ローンを組む
  • ・クレジットカード払い
  • ・キャッシングで矯正費用を借り入れる
  • ・歯科医院と分割払いで契約する

歯科医院で信販会社ローンを組む方法(デンタルローン)

歯列矯正をするときの費用で、まず考えたいのが信販会社による「デンタルローン」です。

信販会社のデンタルローンとは、オリコ、アプラス、ジャックスといった会社が行っているローンのこと。
矯正歯科ではこうした信販会社と契約をしていて、患者さんに分割ローンを提供しています。

おおむねローン金利は8%〜となっており、やや安く借りることができます。
歯列矯正のお金がないのであれば、歯医者さんに相談してデンタルローンが組めないか話してみましょう。

クレジットカード払い

あなたはクレジットカードで買い物をしたことはありますか?
じつは最近の歯科医院でもクレジットカード払いに対応している場合があります。

普段の買い物とおなじ感覚で、歯列矯正に必要なお金を払えるのは大きなメリットです。

とはいえ、カードの上限額までしか借りることはできないので注意が必要。
歯列矯正は30〜200万円といった高額費用になるので、クレジットカードでは払えない(足りない)場合もあります。

キャッシングで矯正費用を借り入れる

プロミスやアコムといったキャッシングで歯列矯正費用を借りるというのも1つの方法です。

銀行のローンや信販会社のデンタルローンは、お金の使用目的が明確に定められています。
それだけ金利が低くなっているのですが、審査はやや厳しいのが特徴です。

一方のキャッシングは、お金が生計費(生活費やレジャー資金)などに幅広く使えるメリットがあります。
金利はやや高く、たとえばプロミスの実質年率は4.5%〜17.8%となっています。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

歯科医院と分割払いで契約する

もし歯列矯正を依頼する歯科医院で分割払いを行っているのであれば、積極的に利用しましょう。

歯科医院の分割払いとは、歯科医院と直接支払い契約をすることをいいます。
そのため、医院によっては無金利(利息なし)で歯列矯正費用を支払えるところもあります。

ただし、扱っている歯科医院は多くありませんので、事前にあなたの行っている歯科医院に確認してみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

医療にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】