なぜ危ない?車金融が危険と言われる3つの理由

なぜ危ない?車金融が危険と言われる3つの理由 お金を借りる方法

手元にお金が無いが、どうしても現金が必要になってしまった。こんなシチュエーションを経験したことがある人は多いと思います。

緊急でお金を用意する方法はいくつかありますが、利用してはいけないと言われているもののひとつに、「車金融」と呼ばれているものがあります。

今回は車金融を絶対に利用してはいけない理由を3つ紹介していきます。

車とお金が無くなってしまうという現実

車を担保にする闇金と同じ

車金融、という言葉を始めて耳にしたという方もいるでしょうが、これは早い話、“車を担保に入れた融資”と理解してください。

不動産担保ローンと同じような種類のローンにも聞こえますし、「別にふつうに返済すれば良いだけなのでは?」と、一瞬安心して利用できる金融にも聞こえます。

しかし、実態はそんな甘いものではなく、車金融は「車を担保に入れた闇金」です。そのため、金利も高く、さらには担保に車があるので危険なのです。

遅延で即売却される?

車金融は、借金の担保に車を入れるわけですから、借金を滞納したり返済が難しい場合は売られてしまいます。さらに車金融が恐ろしいのは、1日でも返済日が遅れるなど、ちょっとしたトラブルを起こしただけですぐに売却されることがある点です。

また、最悪なのは車を売却したお金だけでは完済ができず、残った借金の利息を高金利で払い続けなければいけないケースです。これが、車金融が恐ろしいと言われている、理由です。

金利+リース料がとられる?

乗ったままお金が借りられるシステム

車金融には、“預かり”というものと、“乗ったまま”という二つのパターンが用意されています。預かりは、担保に入れた車を金融業者に預けるというパターンですが、乗ったままシステムは、お金を借りつつ、そのまま乗っていて良いという内容です。

不動産担保ローンと同様、使い続けることができるので便利なのですが、当然このシステムには恐ろしい落とし穴があるので注意です。

金利が高い

乗ったままシステムは、預かりのシステムより金利が高いといわれています。車を売却したことがある方であればご存知でしょうが、車というのは、購入してから時間が経てば経つほどに価値が下がっていきます。

さらに、走行距離も増えていきますし、当然使えば車の寿命は日々けずられていきます。そのため、車金融側が売却する場合、価値があずかり時に比べて低くなることは明白であるため、高金利が設定されているのです。

では預かりシステムのほうなら良いかと聞かれれば、そんなことはありません。さきほど説明したとおり、万が一返済ができなくなったときに車は売却されてしまい、それで完済ができなければ手元に借金が残ることになるのです。

つまり、車を失って借金だけが残るという事態が起こります。

リース料を取られる

車金融では、車を担保に入れたということで、もうその車は金融業者側のものという判断がくだされることがあります。

つまり、レンタル扱いとなり、リース料として月々数万円を返済、金利とあわせて請求されることになります。

例えば、たった10万円を借りたとしても、金利が大きければ完済時には100万円近くまで膨れ上がることもあります。明らかな詐欺ですが借りている手前、さらに車を担保に入れていることから、借り主に文句を言うことはできず、泣き寝入りするしかないのです。

結局車が奪われることになる

「安易に借りられる恐さ」を理解しよう

車金融のメリットがあるとすれば、大手消費者金融や銀行などのキャッシングよりも審査がスムーズに通りやすいということです。

そもそも、車が担保に入っているためにさほど審査に時間をかけません。最悪、車を売却すれば借金は回収できますからね。

そのため、ブラックの人だったり、審査に通過できないような職業の人でも車さえあればすぐにお金を借りれる可能性があるわけです。

ただし、そんな甘い話は世の中にはあるはずもなく、車金融は最初から担保に入れた車を売る前提でお金を貸してくるのです。

全てが奪われる

車金融がなぜ危ないのか、というのは、金利が高いとか返済が遅れた即車を売られるなど、そういった部分だけではありません。

最もヘビーな部分は、“車を回収する前提で金を貸す”ということなのです。まとめて完済してしまえば、どうにか車を取り戻せるかもしれない…と、思われる方もいるでしょう。

説明した通り、車金融は悪質な闇金と同様の手口を使っているため、簡単に完済などはさせてくれません。高金利で時間をかけて小額ずつ返済させ、じりじりとお金を集めるという手口が取り入れられています。

最悪なのは、仕事で必ず車を使うので、乗ったままシステムでお金を借りている人です。リース料に金利、さらにはガソリン代や車のメンテナンスに莫大なお金がかかります。

結果的に返済が滞るようになったり、もう少し返済金やリース料を譲歩してくれないか、という相談トラブルを起こさせ、その担保に入れた車を結果回収してしまうわけです。

世の中にうまい話は無い

車金融は車を担保に入れれば手軽にお金を借りることができる、という便利なサービスと感じます。

しかし、お伝えした通り、内情を知ればそれはさんざんなものであり、目をおおいたくなるような仕組みです。どんなにお金が無くて困っていても、車金融だけには手を出さないようにしましょう。

車金融を使わずにお金を借りる方法は他にもある

車を持っているから、それを使って安易にお金を借りるのではなく、もっと安全で確実に借り入れをする方法を選ぶべきです。

車金融など使わずとも、消費者金融やカードローンを活用すれば毎月一定額でコツコツ返済できます。

最短即日で借り入れできますし、ネット申し込みなら誰にもバレる心配もありません。

なにより、はじめて借りる人なら初回30日間無利息で借りられるメリットもあるわけですから、使わない手はありませんよね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金を借りる方法車にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】