クレジットカードのキャシング枠を復活させるために必要なこと

クレジットカードのキャシング枠を復活させるために必要なこと キャッシング

クレジットカードはショッピング以外にキャッシング機能も付いており、いざ現金が必要なシーンで大活躍してくれます。

しかし、便利すぎる反面、キャッシング枠がショッピング枠よりも少ないことから、すぐに一杯になって利用できなくなります。

キャッシング枠を復活させるために必要な方法はあるのでしょうか?

クレジットカードでキャッシング枠が利用できなくなる原因

昨日まで利用できていたクレジットカードのキャッシングが突然使えなくなったら、驚いてしまいますよね。

キャッシングができなくなる理由はさまざまですが、中にはすぐ復活できるものや、時間がかかるものがあります。

キャッシング枠の利用額が一杯になった

クレジットカードのキャッシング枠はカードを申込むときに、必要利用額を設定して申し込みます。

一般的には10万円~20万円で設定していることが多く、初めての利用者には制限を付けているクレジット会社もあります。

キャッシングができなくなる原因で最も多いのが、キャッシング枠の上限に達してしまうことです。

一度上限に達すると返済を行わない限り利用することはできません。特に利用枠が20万円以下では、数回利用しただけで上限に達することもあるので、キャッシングの利用は計画性を持って行いましょう。

クレジットカードのキャッシング枠で注意すべき3つのこと

返済に問題が生じている

クレジットカードの返済は原則として、銀行口座からの引き落としですが、残高不足や勘違いによる入金忘れによって返済に問題が生じている可能性があります。

特に転職をして給与振り込みの銀行を変更したにも関わらず、クレジット会社の引き落とし口座をそのままにしていると、気が付かない間に滞納状態を引き起こします。

悪意はなくても滞納には変わらないので、このような場合にはキャッシングだけでなく、ショッピング利用も停止されるでしょう。

一定期間の滞納を引き起こすと信用情報が低下してキャッシング枠がなくなることもあります。

総量規制に該当している

「総量規制」とは法律で「年収の1/3以上の借入れはできない」との規制で、年収が600万円の人なら合計で200万円までの借入れしかできません。

総量規制は銀行をのぞく信販会社、消費者金融などが対象で、クレジットカードのキャッシング枠も対象に含まれます。

また総量規制は各金融機関の合計で判断されることから、キャッシング利用が少なくても他社で沢山の利用をしていればキャッシングができなくなります。

しかし総量規制は年収が多ければ、そのぶん借入れも多くできるので、収入の多い人はクレジット会社に収入証明書を提出して、キャッシング枠を広げてもらうことも大切です。

使用できなくなったキャッシング枠を復活させる方法

さまざまな理由で利用できなくなったキャッシング枠を復活させることはできるのでしょうか?

一時入金でキャッシング枠を復活させる

クレジット会社の返済は2か月後など一定の期間が必要なので、その間にキャッシング枠が利用できないのは不便です。

そこでコールセンターへ電話して、追加返済を行うことでキャッシング枠を復活させることができます。

例えば30万円のキャッシング枠が一杯で利用できなくなった場合では、10万円と利息を追加返済することで、10万円分のキャッシング枠が復活します。旅行などでキャッシング枠が必要な場合には、追加返済を検討しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を後から追加するには?

滞納でも短期であれば問題ないこともある

金融業界で滞納は金融事故として、信用情報機関へ登録されてしまう案件ですが、コールセンターへ連絡を行い短期の滞納であれば、事故として取り扱われることはありません。

例えば口座の変更忘れなどはよくあることで、クレジット会社のコールセンターへ連絡して指示に従い返済することで特に影響は出てきません。

  • ・滞納金額を指定された口座へ振り込む
  • ・指定された期日に引落口座に現金を入金する

このような指示が出されますので、間違いなく実行するようにしましょう。また引き落とし口座を変更する際には、必ず変更届も出すようにして下さい。

長期の滞納ではキャッシング枠どころかカード解約にも

短期の滞納では即座に対応することで、特に信用に影響を与えることはありません。

しかし、一回滞納することで資金の準備ができずに滞納が長期に及ぶことがあります。こうなるとクレジット会社は、金融事故として対応することになり、キャッシング枠の復活は絶望的になります。

また情報信用機関へのブラック登録や、クレジットカード強制解約などのペナルティーも課せられます。

また短期の滞納を何回も繰り返すことで、長期滞納と同様の措置を取られることがあります。

この場合、利用限度額枠が少なくなったり、クレジットカードの更新ができなくなったりするので注意が必要です。このような状況では、直ぐに利用枠を復活させることは難しく、また他社からの利用にも制限が出てきます。

金融事故を起こしたら最低5年は復活できない

滞納などの金融事故は信用情報機関へブラック情報として登録されます。

各金融機関はその情報をもとに利用限度額などを審査しますが、事故情報が見つかれば厳しい審査結果になることは間違いありません。

信用情報機関の登録は金融事故の内容で消去期間が決まっており、滞納では3年~5年、自己破産では約10年程度も記録が残ります。

長期滞納や債務整理を行った場合には、内容ごとに3年~10年間はクレジットカードを作ることはできないと考えて下さい。

クレジット会社の審査は甘くない!キャッシング枠の復活は難しいことも

キャッシング枠を復活させるには、まずキャッシング機能が利用できなくなった原因を見つけなくてはいけません。

多くは利用者側の問題で、クレジット会社が原因であることは少ないでしょう。特に滞納では短期であれば、全く問題なくこれからも利用できるので、早急に対応して下さい。

また場合によっては、審査基準の甘い他社に申込むことで対策が取れることもあります。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングクレジットカード
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】