車検費用はクレジットカードで払える?カード払いの注意点

車検費用をクレジットカード払いにする方法 車にかかるお金

車を維持するうえで欠かせないのが、定期的な点検です。
車検は法律で決められているため、必ず受けなければいけません。

新車の場合、初回の車検は3年後、それ以降は2年ごととなります。

車検費用は10万円を超えることも多いため、負担になる人も多いようです。

そんなとき、クレジットカードで車検が払えると便利ですし、支払い負担を軽くすることもできます。

車検費用をクレジットカードで払うときの注意点についてチェックしていきましょう。

車検費用ってどれくらいかかるの?

車検費用は高額になることが多いですが、その内訳について知らない人も多いと思います。

車種や排気量によっても車検費用がちがってきますが、ここでは一例としてわたしが受けた車検費用の内訳をご紹介します。

  • 【法定費用】
  • ・自賠責保険 25,830円
  • ・重量税 32,800円
  • ・印紙代 1,100円
  • 【車検基本料金】
  • ・基本料金 10,260円
  • ・検査更新料 10,800円
  • ・事務手数料 3,780円
  • 【部品、オイル交換代】
  • ・エンジンオイル 5,000円
  • ・ブレーキオイル 6,000円
  • ・エアコンフィルター 12,400円
  • ・オイルエレメント 2,690円
  • ・光軸調整 2,000円
  • ・サイドスリップ調整 2,000円
  • 車検代合計 129,135円

車検費用はトータルで約13万円でした。

【法定費用】ってなに?

法定費用には自賠責保険、重量税、印紙代があります。これは公的に決められた費用のため、安くすることはできません。

ただし、重量税は車の重さに応じて税金が決まるため、重量が軽い車に乗っている人はもっと安くなります。

法定費用は車検費用の大きな割合を占めるので、あらかじめあなたの愛車の法定費用もチェックしておくといいかもしれません。

【車検基本料金】ってなに?

車検基本料金とは、整備工場に払うお金です。
実際に車に故障や不具合がないかを点検してもらうために必要となります。

車検基本料は、整備工場によってことなるため、車検場を比較することが安くできる可能性があります。

大きな節約にはつながらないかもしれませんが、なるべく車検費用を安くしたい人はガソリンスタンドの車検をおすすめします。

【部品、オイル交換代】は必要な場合のみ

【部品、オイル交換代】は、車の消耗品やパーツに交換の必要があった場合に払うお金です。

オイル交換は最低限行うことをおすすめしますが、それ以外の交換費用は払わなくてもOKです。

ただし、部品の劣化は車の故障や不具合につながる恐れがあるため、なるべくなら交換しておきたいところです。

そもそも車検費用はクレジットカードで払えるの?

結論から言うと、車検費用をクレジットカードで払うことは可能です。

しかし、すべての車検場(整備工場)でクレジットカードが使えるわけではなく、現金のみ取り扱いというお店もあります。

ですから、もしクレジットカードで払いたいのであれば、車検に申し込むまえにクレジットカード払いに対応しているお店を選ぶ必要があります。

クレジットカードで払えるのは車検基本料のみ

注意したいのが、クレジットカードで払えるのは車検基本料のみだということです。

つまり、さきほどの例で言えば法定費用の59,730円は現金で払わなければいけません。クレジットカードは不可です。

カード払いができるのは、車検基本料と部品・消耗品交換費用だけとなります。

車検費用全額がクレジットカードで払えると思って整備場に行って「現金を持ち合わせてない!」ということにならないようにしましょう(わたしがそうでした)。

車検費用は高額になるため、クレジットカードで払えると分割払いで負担が軽くなりますし、クレジットカードのポイントを獲得することもできます。

もしクレジットカードを持っているのであれば、カード払いに対応している車検整備場を選びたいところですね。

ユーザー車検はクレジットカード不可!

自分で車を陸運局まで持っていき、そこで車検を自分で受けることを「ユーザー車検」といいます。

整備工場に車検をしてもらうより費用を節約できるメリットがあるため、車検費用を安くしたい人に選ばれています。

ただし、ユーザー車検はクレジットカード払い不可なので、現金支払いのみとなります。注意しましょう。

また、ユーザー車検は「現段階の車に問題はないか?」を最低限チェックするだけなので、部品やオイルの交換などは自分で確認する必要があります。

車検費用がないとき、どうすればいい?

車検に通ってない(車検切れ)車で公道を走ると法律違反となり、罰金や違反点数が加算されてしまいます。

ですから、車検期限が迫っている以上、お金がなくても車検を受けなければなりません。

もしお金がない状態で車検を受けなければならなくなったら、どんな方法を取ればいいのでしょうか?

  • ・クレジットカード払い
  • ・銀行の自動車ローンを使う
  • ・カードローンで現金を借りる

クレジットカード払いで凌ぐ!

さきほど説明したとおり、クレジットカードに対応している整備工場であればカード払いが可能です。

分割払いにすれば、さらに支払いを先送りにできるため、現金がなくてもひとまず車検に通すことができます。

銀行の自動車ローンを使う

自動車ローンと聞くと「車を購入するときに使うもの」というイメージがありますが、じつは車検費用のためにローンを組むことができます。

銀行の自動車ローンを使えば、金利(利息)が安く済むため、返済負担を軽くしながら車検費用を用意できます。

ただし、銀行のローンは審査が厳しく、なおかつ審査に2週間以上時間がかかります。そのため、急いでいる人にオススメできません。

カードローンで現金を借りる

銀行カードローンや消費者金融で現金を借りて車検費用を払う方法があります。

カードローンは生活費用など幅広い目的で使うことができ、もちろん車検費用に使ってもOKです。

カードローンは最短即日で借りられるところが多いため、車検費用をいますぐ借りたい人にもおすすめです。

たとえば、カードローンで10万円を借りると、毎月の返済額は1万円程度とそこまで高くありません(11ヶ月払いの場合)。

車検切れの車に乗って違反になるよりは、お金を借りてしっかり整備を受けたほうが絶対に安心です。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

車にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】