「取り立てが恐い」は過去の話!返済が遅れても安心して大丈夫?

借金の取り立ては恐い? キャッシングの返済

あなたは”消費者金融”という言葉を聞いて何を思う浮かべますか?

友人に聞いてみると「恐い取り立てに人生を壊されるやつ」という回答が返ってきました。

おそらく、ドラマや映画の影響なのでしょう。実際のところ、ひと昔前はキャッシングやカードローンの取り立てが恐いものでした。

しかし、いまは取り立てに怖がる必要は一切ありません。なぜなら、返済が遅れたも取り立て屋が家に来ることはないからです。

今回は「取り立ては恐い」と思っている人に読んで欲しい、現在の「借金返済事情」について解説します。

むかしの取り立ては本当に恐かった!

こんな話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

  • ・自宅まで恐いお兄さんが殴り込んできた
  • ・居留守を使うと「いるのはわかってんだ!」とドアを叩く
  • ・しつこい電話で返済を催促される
  • ・返せないと「家族がどうなってもいいのか」と脅す
  • ・会社に電話がかかってきて返済を要求される
  • ・娘を「風呂に沈めるぞ」と言ってくる

このほかにも、取り立て屋の恐いエピソードはいくらでもあります。それだけ、以前の取り立ては本当にヒドいものでした。

消費者金融のCMでは制服姿の若い女性オペレーターがニッコリ笑う。借りるまでは親切丁寧。審査もすんなり通ってホクホク顔。

ところが、返済遅延で事態は一変します。返済が少しでも遅れたら催促の嵐。眠ることはおろか、まともに生活すら送れない毎日が始まってしまうのです。

こんな恐くて悲劇的なエピソード、実際に起きていたことです。

なぜ昔の取り立て屋は恐かったのか?

いまとなっては絶滅しつつある「取り立て屋」と呼ばれる人たち。なぜ昔はこんなにも自由に振る舞っていたのでしょうか?

その最大の理由は、法律がしっかり作られていなかったからです。

そもそも、お金の貸し借りについては「貸金業法」という法律に決まりごとが書かれています。

昭和五十八年につくられた法律なのですが、それまでは取り立てについて細かく決まっていなかったわけですね。
そのため、取り立て屋のやりたい放題といった状況が続いていたのでした。

しかし、取り立てによる精神的な苦痛や被害が広がったことを受けて、平成18年に貸金業法が改正されました。

貸金業法の中に「取立て行為の規制」が書かれており、この条文によって違法な取り立てをする人は罰せられるようになったのです。

こうした背景があるため、現在では厳しい違法な取り立てが行われることはありません。

もし「お金を借りたいけど、取り立てがあったら恐い…」と考えている人は安心してキャッシングやカードローンを利用しましょう。

ただし、闇金の取り立ては例外です。そもそも闇金の存在自体が法律に反しているので、当然ながら違法な取り立てが待っています。

具体的に法律ではどんな取り立てが禁止されているの?

恐い取り立てがないとはいえ、取り立て自体がまったくないわけではありません。

というのも、自宅訪問や電話などは禁止されているわけではなく、返済状況によっては行われる可能性があるからです。

ですから、すでにお金を借りている人も、これから借りる人も「返済が遅れたらどんな取り立てが行われるのか?」を知っておくべきです

そこで、ここからは具体的に法律に書かれている「取り立てのルール」について見ていきましょう。

【第二十一条 取立て行為の規制】に書かれている禁止内容を、わかりやすく説明します。

  • ・夜中や早朝に取り立てをすること(夜9時〜朝8時)
  • ・正当な理由がなく、自宅や勤務先に電話をしたり訪問すること
  • ・債務者が自宅や勤務先から退去してくれと言ってるのに、居座り続けること
  • ・貼り紙などを貼って、債務者以外の人に借り入れの事実を知らしめること
  • ・「他から借金をしてでも返せ」と要求して、返済を迫ること
  • ・債務者以外の人(家族や友人など)に借金の返済を迫ること
  • ・債務者以外の人から債務者の居場所を聞くなどして、取り立て協力を頼むこと
  • ・債務者が弁護士や司法書士を通じて債務整理の通告をしたあとも取り立てをすること
  • ・債務者などに上記までの行動をするぞ、と告げること

夜中や早朝に取り立てをすること(夜9時〜朝8時)

あなたが住む家や勤務先に取り立てが来ること自体、考えただけでゾッとしますよね。
ましてや、それが夜中や早朝だったら恐怖で夜も眠れません。

法律の条文には明確な時間の指定はありませんが、「社会通念に照らし不適当と認められる時間帯」というのは覚えておきましょう。

正当な理由がなく、自宅や勤務先に電話をしたり訪問すること

さきほど説明したように、自宅や勤務先に電話や訪問をすることは禁じられていません。

ここでいう「正当な理由」というのは、たとえば連絡が取れない場合などです。

返済期日が過ぎているのに電話がつながらない状況が続くと、キャッシング会社の担当者などが自宅に訪問することがあります。

こういったケースでは取り立てが認められます。

反対に、まだ返済期日まで日数があるのに取り立てをすることは違法です。

債務者が自宅や勤務先から退去してくれと言ってるのに、居座り続けること

取り立てをする担当者の人が来て、こちらが「帰ってください」と要求しているのに帰らないのは違法です。

もちろん返済期日を守らない債務者も問題ですが、退去を要求するのは認められる権利ということになります。

貼り紙などを貼って、債務者以外の人に借り入れの事実を知らしめること

あなたが住む家のドアやポスト、塀などに「金返せ!」「借金泥棒」などといった貼り紙がされていたら、どんな気持ちになるでしょうか?

自分も大変な精神的苦痛を受けますし、周辺住民にとっても迷惑な話ですよね。

漫画や映画でよく見る演出ですが、実際の取り立てでは違法となります。

「他から借金をしてでも返せ」と要求して、返済を迫ること

自分が貸したお金を返して欲しいあまり、借金をした人に「他で借金をしてウチに返せ」と要求するのは違法です。

債務者にとっては、借金地獄を深めるだけなのでメリットはなにもありません。

とはいえ、「借金返済のために他で借金する」という行為は意外と多かったりします。精神的に追い詰められると正常な判断ができなくなるので注意しましょう。

債務者以外の人(家族や友人など)に借金の返済を迫ること

あなたがお金を返せないとき、妻や夫、両親や兄弟姉妹、友人などに返済を迫ることも禁止です。

債務者が返済できずに父親や母親の住む家にまで取り立てが来る、というケースは少なくありません。

また、「家族がどうなってもいいのか?」という脅し文句は、立派な脅迫罪です。すぐに警察に連絡しましょう。

債務者以外の人から債務者の居場所を聞くなどして、取り立て協力を頼むこと

債務者と連絡が取れないからといって、まわりの人に聞いて連絡先を聞くことも禁止されています。

たとえば、あなたが借金を返済せずに行方をくらましているとしましょう。そのとき家族や勤務先などに連絡をして、「◯◯さん、どこにいますか?」といった問い合わせも禁止です。

また、「お金を返すよう、あなたからも伝えておいてください」といった依頼も禁止されています。

債務者が弁護士や司法書士を通じて債務整理の通告をしたあとも取り立てをすること

借金が膨らんでしまうと、返済がむずかしくなることがあります。そのとき頼りになるのが弁護士や司法書士です。

債務整理をすることを債権者(お金を貸した人)に通知したのに、それでも取り立てを続けるのは禁止です。

恐い取り立てがないカードローンってどこ?

貸金業法の条文をもとに、具体的に禁止されている取り立て行為について見てきました。

繰り返しになりますが、恐い取り立て行為はいまほとんど見られません。ですから、お金に困っているのであれば素直にカードローンやキャッシングを活用したほうがいいでしょう。

とはいえ、どこのキャッシングなら安心か?というのは、多くの人の悩みどころです。

「恐い取り立てがない」という観点から言うと、プロミス、アイフル、SMBCモビットなどのキャッシングは安心です。

万が一返済が遅れたとしても、まずは文書で通知が来ます。そして、電話による催促です。

電話にも出ずに無視をしているとさすがに自宅などに来ることがありますが、それは正当な理由なので仕方がありません。

いずれにせよ、取り立てに怯える必要はありません。キャッシングやカードローンは安心して活用しましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの返済借金の返済
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】